Android

【Redmi Note 9s 】高スペックのくせして2.7万はチート

Xiaomiの新製品発表会で発表されたのはRedmi K30 Pro以外にもう一つあった。

それはRedmi Note 9s。インド向けに発売される端末なんだけど、けっこう価格破壊されていて、コスパ高すぎ端末なんだよね。

今回はこいつのスペックを解説していく。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

Redmi Note 9sの良いところ・悪いところ

良いポイント

  • Snapdragon720Gを搭載(Antutu28万点)
  • ブルーのカラーが超好み(個人的見解)
  • バッテリー容量は5020mAh。
  • 値段がぶっ壊れ。

 

悪いポイント

  • Band19に対応してない。(そこまで大きなデメリットではない)
  • カメラ性能は期待しないほうがいいかも

 

意外とデメリットって思いつかない。

そりゃあ、有機ELディスプレイじゃないとか、ワイヤレス充電がないとかいろいろあるよ。

でも、これ2.7万円で買えるスマホだからそれを言うのは違うよね。

 

Redmi Note 9sのスペック

ディスプレイ 6.67インチ 液晶ディスプレイ
解像度 2400×1080 FHD+
サイズ 高さ165.75mm
横幅76.68mm
厚さ8.8mm
重さ 209g
カラー ブラック、ホワイト、ブルー
SoC Snapdragon720G
メモリ/ストレージ 4GB/64GB 6GB/128GB microSD対応
カメラ メインカメラ:48MP+8MP+5MP+2MP
特性:標準+超広角+マクロ+ポートレート+ナイトモードインカメラ:16MP
特性:ポートレート+ビューティー
バッテリー 5020mAh 18W充電 ワイヤレス充電非対応
価格 インド向け:4GB/64GBで約18200円
6GB/128GBで約22400円グローバル向け:4GB/64GBで約2.7万円

 

インド版に関しては日本発送不可だから気にしなくていい。

 

Redmi Note 9sの特徴

Snapdragon720G搭載

 

Redmi Note 9Sは最新のミドルハイエンドCPUであるSnapdragon720を搭載している。

2019年11月に発売されたMi Note 10はSnaprdragon730Gを搭載していたけど、Snapdragon720Gはその後継モデル。

Antutuベンチマークスコアは驚異の28万点。

 

Jiyoung
Antutuベンチマークスコアって何だし。って人は以下の記事を参考に。

 

【Antutuベンチマークスコア】あなたのスマホの戦闘力はどれくらい?簡単に調べられます。

続きを見る

 

28万点もあればあらゆる動作がサクサク動く。

ミドルハイエンドのスマホって「重い3Dゲームは厳しい」とか言われるけど、普通に滑らかに動くからね。

最高設定でも普通に遊べるから、2.7万円でこの性能が手に入るのはふつうにすごい。

 

5020mAhの超大容量バッテリー

 

SoCの性能が上がるにつれて、省電力化も進むから、5020mAh積んでいるRedmi Note 9sだったら3日くらい持つかもしれない。

 

18W充電は”割と”速い

18W充電に対応しているからそれなりに充電速度は速い。

今使っているRedmi K30 5Gは30W充電だから一時間かからないくらいで満タンになる。

18W充電だと一時間半くらいと言ったところか。5020mAhも積んでいるからそれなりにかかる。

 

重さが増えるというデメリット

5020mAhも積んで入ればそれだけ重量も増す。

Redmi Note 9sは「209g」もある。ぶっちゃけかなり重い。

ケース込みだと220g~230gくらいになる。女性にはきついね。

 

パンチホール型ディスプレイ

 

非常にすっきりとしたディスプレイとなっていて、画面を大きく使えるのはいいことだ。

しずく型ノッチは個人的に嫌いだから、パンチホール式はありがたい。

 

Redmi Note 9sは側面に指紋認証センサー搭載

 

さすがに画面内指紋認証はこの値段では搭載されないと思うから、物理指紋認証センサーだろう。

今使っているRedmi K30も同じく側面に指紋認証センサーを搭載しているが、使い勝手は最高。

電源ボタンを押した瞬間にロック解除されて即ホーム画面に移行できる。しかも爆速。

Xiaomiの指紋認証は爆速だから、Redmi Note 9sも同じく速いだろう。

 

イヤホンジャック搭載

 

最近のスマホじゃ珍しい3.5㎜ジャックを搭載している。

個人的にはいらないからその分薄くしてほしいんだけど、たぶんイヤホンジャックないと困る人は多いよね。

その他の機能としては、赤外線センサーが搭載されている。

家電リモコンとして使えるから、テレビなどを操作できる。局所的に便利かも。

 

ある程度の防水性能を搭載

 

防水性能の規格だと、IPX〇とかよく聞くと思うんだけど、それとはまた別の規格に対応している。

P2iは、水没とか水しぶきを受けても問題ないくらいの防水性能らしい。

パーツの隙間に特殊加工したゴムチップを挟むことにより高い防水性能を実現しているみたい。

 

カメラに関しては過度な期待は禁物

 

今のスマホは当たり前のように4眼カメラを搭載してきている。

4つもレンズがついているならめっちゃきれいな写真が撮れんじゃん!って思うかもしれないけど、

所詮2万台のスマホ。過度な期待はしないほうがいいと思う。

まあ、実際に撮った写真を見ないとはっきり言えないんだけどね。

 

Redmi Note 9sの注意点

docomoはBand19に対応してない

プラチナバンドに対応していない。ここは中華スマホだからしょうがない。

とはいっても、ぶっちゃけ全然使えるよ。

今まで使ってきたスマホはほぼBand19 に対応してなかったけど、大きな不満はない。

地下はまず繋がらないんだけど、地下に行く機会はほぼないから実用上問題なし。

 

ソフトバンクはOK。auはやめておいたほうがいい

Softbankのバンドには完璧に対応しているから問題なく使える。

auは特殊な通信規格で、中華スマホと相性が悪いから基本的に使うのをやめておいた方がいい。

 

Redmi Note 9sの価格は2.7万円から

GearBestから2.7万円ほどで購入できる。

結構いろんな機能が削られているが、まあ、値段が値段だからしょうがない。

というかよくこの値段でこれだけのものを出せたなって思うよ。日本メーカー頑張って。

 

 

GearBestでの買い方は以下の記事を参考にしてほしい。めっちゃ簡単。

【登録から決済まで】GearBestでの買い方を解説。超簡単。

続きを見る

 

2020/2/29

【HUAWEI FreeBuds 3】2万円でAirPods Proと勝負できるイヤホン

AirPods Proが発売されてちょっと経ったけど、いまだにすごい人気があってAmazonを見ても常に品切れ。いつになったら入荷されるかは謎なんだけど、どこのサイトを見ても売ってない。     今買うとするとメルカリとかの通販サイトに出品されてる転売商品を買うか、Apple公式サイトで注文して長い時間待つかのどれかなんだけど、どれを選んでも「なんだかなぁ」って感じ。 AirPods Proの特徴って何といってもノイズキャンセリング。だけど、イヤホンに3万円払うのもちょっと高いなぁって ...

ReadMore

2020/6/3

【楽天アンリミット 導入レビュー】微妙な点もあるが、ただの神サービス。

前回、楽天アンリミットの概要を解説しつつ実際に申し込んでみたよーって記事を出したんだけど、その2日後くらいに届いた。 届いたのは良いんだけど、面倒くさくて開封するのをしぶっていた。実際にアクティベートしようとすると意外と面倒くさかった。 この記事では実際に楽天アンリミットを試してみた感想を書きつつ、アクティベートの仕方なんかも書いていく。 はっきり言ってこんなサービスが一年間無料って考えると大手キャリア大丈夫かな?って思ってしまうよ。     Contents 楽天アンリミットの概要を ...

ReadMore

samune

2020/2/29

【2020年最新】Macbook Proに必須な周辺機器は3つだけ【買わない理由はない】

最近、僕はMacbook Pro2019を購入しました。 Macを買ったら、やっぱり周辺機器は揃えておきたいですよね。なので、いろんな方のブログを見て、どれを買うか検討していました。 ですが、案外無駄なものばっか紹介している人が多く、「結局何を買えばいいかよくわからない。」って想う人も多いと思います。   Jiyoung絶対にいらないだろこれ!って物も結構見かけますよね。   実際、保護フィルムとかいらないですからね。透明ケースも要りません。 なので、今回は個人的にMacbookを買っ ...

ReadMore

2020/3/19

【Mate30Pro】4眼カメラ+5G対応の最強スペックスマホが登場でiPhone敗北w

どうもjiyougです!   以前、Mate30Proというスマホの新情報が出たよ!て記事を書きました。   秘密結社雀の涙秘密結社雀の涙https://yukimejiyoung.com/4-camera-mate30/   そのあと、Huawei公式から正式に発表されました!!   Mate 30 Proと、その弟分的なMate 30です。     それでは、Mate30Proの特徴を見ていきましょう!!   Contents ディ ...

ReadMore

2020/5/6

【悲報】MacBookPro用の激安USBハブの発熱がカオス

10日くらい前に、MacBook Pro(2019)を購入しました。 ローンで払うのは初めてだったので色々不安でしたが、それでも、いい買い物をしたと思っています。   Jiyoung月々6000円です!!   さて、僕が買ったモデルは、MacBook Pro(2019)のエントリーモデルです。 僕はブログを書いたり簡単な動画編集をするくらいなので、エントリーモデルを選んだのですが、ちょっと残念な点が一つ。 ポートが2つしかない!!!     これはかなーり不便なので ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
アバター

jiyoung@ガジェットブロガー

宮城在住の大学生兼ブロガー。ブログ名はクレヨンしんちゃんから。Twitterでは日々の雑感やブログ更新情報を発信。完全なるスマホ依存症

-Android
-,

Copyright© 秘密結社雀の涙 , 2020 All Rights Reserved.