Android スマホ

【Redmi Note 9s 】高スペックのくせして2.5万はチート

Xiaomiの新製品発表会で発表されたのはRedmi K30 Pro以外にもう一つあったんです。

それはRedmi Note 9s。インド向けに発売される端末なんですけど、けっこう価格破壊されていて、コスパ高すぎ端末なんですよね。

今回はこいつのスペックを解説していきます。

 

2020/9/8まで、定価24800円のRedmi Note9sが15000円値引きの9800円で買えます。詳しくは以下のリンクからどうぞ。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

Redmi Note 9sの良いところ・悪いところ

良いポイント

  • Snapdragon720Gを搭載(Antutu28万点)
  • ブルーのカラーが超好み(個人的見解)
  • バッテリー容量は5020mAh。
  • 値段がぶっ壊れ。

 

悪いポイント

  • Band19に対応してない。(追記:日本版は対応してます
  • カメラ性能は期待しないほうがいいかも(追記:期待していいです
  • 4GB版は買ってはいけない。6GBを強くオススメ

 

意外とデメリットって思いつかない。

そりゃあ、有機ELディスプレイじゃないとか、ワイヤレス充電がないとかいろいろありますよ。

でも、これ2.7万円で買えるスマホだからそれを言うのは違いますよね。

ぶっちゃけ、コスパ良すぎです。どうやったらこの品質でこんな低価格で出せるんだって思ってしまう。

 


 

Redmi Note 9sのスペック

ディスプレイ6.67インチ 液晶ディスプレイ
解像度2400×1080 FHD+
サイズ高さ165.75mm
横幅76.68mm
厚さ8.8mm
重さ209g
カラーブラック、ホワイト、ブルー
SoCSnapdragon720G
メモリ/ストレージ4GB/64GB 6GB/128GB microSD対応
カメラメインカメラ:48MP+8MP+5MP+2MP
特性:標準+超広角+マクロ+ポートレート+ナイトモードインカメラ:16MP
特性:ポートレート+ビューティー
バッテリー5020mAh 18W充電 ワイヤレス充電非対応
価格インド向け:4GB/64GBで約18200円
6GB/128GBで約22400円グローバル向け:4GB/64GBで約2.7万円

 

インド版に関しては日本発送不可だから気にしなくていいです。

というか、もう普通にAmazonで日本版が出ているので、そっちを買えばOKですね。

 

Redmi Note 9sの特徴

Redmi Note 9sはSnapdragon720G搭載

 

Redmi Note 9Sは最新のミドルハイエンドCPUであるSnapdragon720を搭載しています。

2019年11月に発売されたMi Note 10はSnaprdragon730Gを搭載していたけど、Snapdragon720Gはその後継モデル。

Antutuベンチマークスコアは驚異の28万点です。

 

Jiyoung
Antutuベンチマークスコアって何だし。って人は以下の記事で解説しているので参考にしてください。
【Antutuベンチマークスコア】あなたのスマホの戦闘力はどれくらい?簡単に調べられます

続きを見る

 

28万点もあればあらゆる動作がサクサク動いてくれます。

ミドルハイエンドのスマホって「重い3Dゲームは厳しい」とか言われるけど、普通に滑らかに動きますからね。

最高設定でも普通に遊べるから、2.7万円でこの性能が手に入るのは普通ににすごい。

実は、同じ日にAmazonで発売されたXiaoimi Mi Note10 Lite(4万円)と同じ性能だったりします

 

【Mi Note10 Lite レビュー】4万以下スマホの最適解。サブでもメインでもOK!

続きを見る

 

Redmi Note 9Sは5020mAhの超大容量バッテリーを搭載

 

SoCの性能が上がるにつれて、省電力化も進むから、5020mAh積んでいるRedmi Note 9s2日は余裕で持ちます。

Snapdragon720Gは最新のCPUですから、省電力性能はかなり高く、ライトユーザーからヘビーユーザーまでオススメできちゃいます。

普通にYoutube再生くらいだったらマジで減りません。朝からぶっ通しでYoutube再生したとしても10時間以上は持ちますよ。

 


 

18W充電は”割と”速い

18W充電に対応しているからそれなりに充電速度は速いです。

今使っているRedmi K30 5Gは30W充電に対応していて、一時間かからないくらいで満タンになります。

18W充電だと一時間半くらいと言ったところでしょうか。5020mAhも積んでいるからそれなりにかかりますね。

 

重さが増えるというデメリット←重要

5020mAhも積んで入ればそれだけ重量も増します。

Redmi Note 9sは「209g」もあるんです。ぶっちゃけかなり重い。

ケース込みだと220g~230gくらいになります。女性にはきついでしょう。

以前、ケース無しで200g越えのスマホを所持していましたが、2週間と持たずに耐えきれなく売却してしまいました。

 

【Xiaomi Mi Mix3 5Gレビュー】最高性能5Gスマホが3万円台!

続きを見る

 

Redmi Note 9Sはパンチホール型ディスプレイ

 

非常にすっきりとしたディスプレイとなっていて、画面を大きく使えるのはいいことです。

しずく型ノッチは個人的に嫌いなので、パンチホール式はありがたい。

しずく型ノッチって格安スマホに搭載されているイメージなので、なんか安っぽい印象が頭に残っているんですよね。

真ん中についているので、ゲームの際に横画面にしても、操作に影響ないのがうれしいところ。

 

Redmi Note 9sは側面に指紋認証センサー搭載

 

さすがに画面内指紋認証はこの値段では搭載されないと思うから、物理指紋認証センサーでしょう。

今使っているRedmi K30も同じく側面に指紋認証センサーを搭載していますが、使い勝手は最高です。

電源ボタンを押した瞬間にロック解除されて即ホーム画面に移行できます。しかも爆速。

Xiaomiの指紋認証は爆速だから、Redmi Note 9sも同じく速いです。やはり側面が一番使いやすいと思うんですが、みなさんはどうですかね。

 


 

Redmi Note 9Sはイヤホンジャック搭載

 

最近のスマホじゃ珍しい3.5㎜ジャックを搭載しています。

個人的にはいらないからその分薄くしてほしいんですけど、たぶんイヤホンジャックないと困る人は多いですよね。

その他の機能としては、赤外線センサーが搭載されています。

家電リモコンとして使えるから、テレビなどを操作できちゃいます。局所的に便利かも。

 

Redmi Note 9Sはある程度の防水性能を搭載

 

防水性能の規格だと、IPX〇とかよく聞くと思うんですけど、それとはまた別の規格に対応してますね。

P2iは、水没とか水しぶきを受けても問題ないくらいの防水性能らしいです。

パーツの隙間に特殊加工したゴムチップを挟むことにより高い防水性能を実現しているみたい。

お風呂で使っても問題ない性能なので、普通に雨の日なんかでも活躍してくれますね。

 

カメラに関しては過度な期待は禁物

 

今のスマホは当たり前のように4眼カメラを搭載してきています。

4つもレンズがついているならめっちゃきれいな写真が撮れんじゃん!って思うかもしれないですけど、所詮2万台のスマホ。過度な期待はしないほうがいいと思います。

まあ、実際に撮った写真を見ないとはっきり言えないんだけどね。

 

追記:Redmi Note 9Sの半端じゃなかったカメラ性能

 

夜景はやはり弱い印象。まあ、多くのスマホが苦手としているところなので、あまり期待していません。

ところが、明るいところでは良く撮れている。色も自然ですし、誇張されていない印象ですね。

もうちょい、あちこち潰れていたり、色見がおかしいようなひどい写真を予想していたんですが、予想が良い意味で外れました。

というか、2万円台の性能じゃないやこれ。もう、3万以下のスマホならこれですよ。これ一択。

 

Redmi Note 9sの注意点

docomoはBand19に対応してない※日本版は対応しています

 

プラチナバンドに対応していないです。ここは中華スマホだからしょうがない。

とはいっても、ぶっちゃけ全然使えますよ。

今まで使ってきたスマホはほぼBand19 に対応してなかったけど、大きな不満はないです。

地下はまず繋がらないんですけど、地下に行く機会はほぼないから実用上問題なし。まあこれは個人差によりますかね。

 

追記:Amazonで買える日本版はBand19に対応しています。

上の話は、あくまで海外版です。今Amazonで買えるモデルは日本のキャリアにフル対応しているので、何でも使えます。

全くバンド相性を気にしなくていいので、自信を持ってオススメできちゃいます!

 

ソフトバンクはOK。auはやめておいたほうがいい

Softbankのバンドには完璧に対応しているから問題なく使えちゃいます。

auは特殊な通信規格で、中華スマホと相性が悪いから基本的に使うのをやめておいた方がいいです。

 

※あくまで海外版の話です。日本版はフル対応です!

 

Redmi note 9sのカメラ出っ張りすぎ問題

 

どうやったらこんな出っ張るの?ってレベルで主張が激しい。

ケースを付けても若干出っ張っているので、机に置いたときはガタガタする。

まあ、デメリットってほどでもないですけど、一応注意だけしておきます。

 

追記:Redmi note9sが9800円で買えます。9/8まで!

いまなら新色発売記念の、OCNモバイルのスマホセールでRedmi note9sが9800円というキチガイ価格で売っています

悩む必要はないでしょう。速攻売り切れるので興味あったらチェックしてみてください!!!

定価が24800円なので、15000円引きで買えます。MNPやオプションに同時加入することで、1800円まで下がるのは秘密です。

 

 

Redmi Note 9sの価格は2.7万円から

 

GearBestから2.7万円ほどで購入できます。※追記:Amazonで2.5万円で買えます。

結構いろんな機能が削られているんですが、まあ、値段が値段だからしょうがない。

というかよくこの値段でこれだけのものを出せたなって思いますよ。日本メーカーには頑張ってほしいですね。ほぼオワコンです。

僕はこれから、「3万円以下で買えるスマホなら何が良い?」って聞かれたらこう答えます。「Redmi Note 9sだよ」ってね。


 

2020/9/21

【Reno3 Aが1.5万円引き】OCNモバイル スマホセットセールが狂ってる

追記:8/17まで夏セールをしており、Reno3 Aも対象なのでチェックしてみてください。 OCNモバイル セール詳細   またOCNモバイルが頭のおかしいセールをしているみたい。 毎回毎回、新製品のスマホを頭のおかしい値段で売るOCNモバイルのスマホセットセール。 今回はOPPO Reno3 Aというスマホが定価から15000円引きで売られている。 この記事ではOppo Reno3 Aの魅力を解説しつつ、OCNモバイル スマホセットセールを詳しくみていく。     もくじ ...

ReadMore

2020/9/21

【xiaomi mi note 10 スペックまとめ】1億800万画素のカメラ搭載のバケモノ

どうも、ガジェットブロガーのjiyoung(@yukime_jiyoung)です。   中国Xiaomiは、1億800万画素のメインカメラを搭載したスマートフォン「Mi Note 10」を発売した。価格は499~599ドル前後だ。 By PC Watch   スマホでめっちゃくちゃ綺麗な写真を撮りたい!!って方に朗報です。   Xiaomiが、1億8000万画素のハイスペックカメラを搭載したスマホ、Mi Note 10を発売します。     こちらは、スマ ...

ReadMore

2020/9/21

【Android】ストレージを圧迫する「その他」を簡単に消す方法

スマホを使う上で常に戦わないといけないのは何と言っても、ストレージの容量だったりします。 特に容量の低いスマホを使っていて、なおかつSDカードが使えないスマホを使っているなら、思う存分コンテンツを詰め込めないという問題が起きます。。 Androidのストレージ内訳を見てみると、なんか変なものがあるんですよね。     そう、「その他」のことです。これが地味に容量を喰っていることが多いのですよ。 今回はこの「その他」を消す方法を解説していきます。特に難しくないので、サクッとできると思いま ...

ReadMore

2020/9/21

【Xiaomi Mi 10】 2020年最強性能スマホが色々とおかしい。買いだよコレ。

「今、一番性能の高いスマホって何?」 それの答えは、2月13日に発表されたXiaomi Mi10と言えるかと思います。 2月13日に中国の大手家電メーカーのXiaomiがフラッグシップスマホであるMi 10/Mi 10 Proを発表しました。 Xiaomiの創立から10周年とのことで、両モデルともに気合が入っているのですが、完成度がすごいのですよ。。   ポイント 約6.67インチFHD+、90HzのAMOLEDディスプレイ Snapdragon 865に最大12GB RAM/最大256GB(U ...

ReadMore

2020/9/21

【1月ブログ運営報告】毎日更新しなくてもPV数が下がらないという謎現象

このブログも、運営開始から1年がたった。   サーバーを契約して、ドメインを取って、最初の記事を投稿したのが1月の終盤で、そこから地味に続いている。   やはり、金が絡むと飽きっぽい僕でも続けられることが分かった。だって今やめたら今までの努力が水の泡だもん。1万稼ぐくらいにはなりたいよ。   ブログ運営に力を入れ始めたのが6月くらいで、それまではSEOとか関係なしに、自分の好きなことばかり書いていた。そりゃPV数なんかあがらないよ。その頃はブログ運営がまったく楽しくなかった。 ...

ReadMore

-Android, スマホ
-, ,

© 2020 秘密結社雀の涙