【Galaxy Z Fold4 レビュー】着実な進化。Fold3ユーザーには微妙

夏といえば何だろうか?もちろん、新型Galaxy Z Foldシリーズの発売に決まっている。

Galaxy Z Fold3を買ったのがちょうど一年前なのだが、もう新型が出ていたり。

今回発売された「Galaxy Z Fold4」は、目新しい進化はないものの、より使いやすく変更されている。

僕は韓国版をいち早く入手したので、本記事では使い勝手などをお伝えしていきたい。

Galaxy Z Fold4はこんなスマホ

こんなスマホです

  • 折り畳み式のフォルダブルスマートフォン
  • 7.6インチの折り畳みディスプレイでタブレットとして使える
  • 6.2インチカバーパネルでスマホとして使える
  • 両画面120Hz対応
  • Snapdragon 8+Gen1搭載
  • 顔 + 指紋のデュアル生体認証に対応
  • 広角 + 超広角 + 望遠のトリプルカメラ
  • 重さ254gのヘビー級スマホ

Galaxy Z Fold4のスペック

Galaxy Z Fold 3
Galaxy Z Fold 4
発表時期2021年9月2022年9月(予定)
SoCSnapdragon 888Snapdragon 8+ Gen 1
RAM
ストレージ
12GB
256/512GB
12GB
256/512GB
メインディスプレイ
カバーディスプレイ
7.6インチ/120Hz
6.2インチ/120Hz
7.6インチ/120Hz
6.2インチ/120Hz
カメラメイン広角 12MP
超広角 12MP
望遠 12MP(2倍)
メイン広角 50MP
超広角 12MP
望遠 10MP(3倍)
インカメラカバー 10MP
メイン 4MP[画面内]
カバー 10MP
メイン 4MP[画面内]
防水防塵IPX8IPX8
Sペン対応
バッテリー4400mAh4400mAh
サイズ128.1 x 158.2 x 6.4mm
271 g
130.1 × 155.1 × 6.3mm
254g

Galaxy Z Fold4とFold3の違い

Z Fol3から4への変更点

  • SoCがSnapdragon8+Gen1に進化
  • 最大輝度が900→1000nitにUP
  • サブディスプレイのリフレッシュレートが1~120Hzに
  • 広角カメラが5000万画素にUP。3倍光学ズームになった
  • 20gほど軽量化
  • カラバリが変更
  • ヒンジがスリムに

正直、Fold3ユーザーからすると大した魅力を感じないだろう。

今回はマイナーチェンジといったところで、特に目新しさはない。個人的には光学3倍に対応したのは嬉しいポイントだが、逆に言えばそれくらいなのだ。

Fold2からの乗り換えであればかなり進化を感じ取れるが、すでにFold3を持っている人は無理して手を出す必要はないだろう。

Galaxy Z Fold4のBurgundy色をチョイス。まじで当たり

今回は「グレーグリーン」「ファントムブラック」「ベージュ」の3色展開。ただ、海外のSamsungオンラインストア限定で「バーガンディ」が選べるようになっている。

すでにGalaxy S22 Ultraで採用されている色なのだが、他の人とかぶりにくい色なのと、ラグジュアリー感漂うあの感じに触発されて選んでしまった。

早速外観を見ていこう。今回のGalaxy Z Fold4の内容は前回と変わらず。以下のとおりだ。

  • Galaxy Z Fold4本体
  • USB Type-Cケーブル
  • クイックスタートガイド
  • SIMピン

相変わらずしょっぱい。他社を見習ってせめてクリアケースくらい付けてほしいものだが、しょうがない。

こちらがGalaxy Z Fold4本体だ。バーガンディ色を選んでよかったと心の底から思っている。

美しく、高級感がありながら見るものを引き込む風貌。大人っぽく、セクシーで、エレガントなイメージを醸し出してくれる色で、とても惚れ惚れしてしまう。

WEB限定色なのが惜しい。実は、当初はベージュを買う予定だったのだが、コンセプト画像を見た途端に一目惚れしてしまった。Fold4をこれから買う人、少し手に入れるのが難しいけどバーガンディはおすすめだ。

Fold2→Fold3と使ってきたので、今更目新しさはない。開くと約7.6インチのタブレットに早変わり。

充電ポートはUSB-Cに対応し外部ディスプレイの出力、DeX(パソコンモード)にも対応している。

今回からフレーム部分はメッキ仕上げとなっており、非常に指紋や小キズが目立つ仕様となった。

Fold3

前モデルのGalaxy Z Fold3ではマット仕上げ。持ったときに指紋が目立たないので好きだったのだが、この変更は少し残念に思う。

折り畳んだ状態の端末の横幅は67.1mmと、狭め。6.2インチのDynamic AMOLEDディスプレイを備えており、かなり縦長のディスプレイだ。

特殊な画面比率ではあるが、メッセージの返信やTwitterを見るくらいならちょうどいいサイズ感だし、何よりも片手で操作できてしまうのは最高に使いやすいと感じる。

細かな進化だが、Fold4 は3と比べてディスプレイの幅が僅かに広がった。

わかりにくいのだが、ヒンジがややスリムになり、フレームが細くなっている。

そのおかげで若干横幅が増しており、Fold3の圧倒的な縦長サイズが緩和されているのだ。

また、今回よりサブディスプレイがフラット形状になっているので、保護フィルムの選択肢がより増えた。

メインディスプレイ。Dynamic AMOLED 2X(有機EL)を採用しており、リフレッシュレートは120Hz(1-120Hz)、最大輝度は1000nitだ。

別売りのスタイラスペン「S Pen」に対応しており、持っていれば自由に文字や絵を書ける。

画面下インカメラは、前作と比べてドット数が増しているようだが、特段変わっている印象はない。

ただ、この仕様結構優秀だったり。他社の折りたたみスマホだとパンチホールインカメラを採用しているモデルがあるのだが、表示領域が狭くなったりして結構邪魔なのだ。

画面下タイプだと、表示が狭くなることはないし、しっかりインカメラも機能する。両立できるのがこの技術の良い点だと感じるので、もう少し目立たなくなるのに期待したいところ。

Z Fold4の7.6インチの大画面を活かす使い方

このスマホの大きな特徴でもある、「スマホとタブレットを使い分けられる」という点。

電子書籍リーダーとしてはまさに最適。

漫画は、拡大表示すると単行本に近いサイズ感で読めるし、雑誌も大きい画面でしっかり読める。

iPad miniなどのタブレットと比べても軽いので、とても持ちやすくて長時間の読書も快適。

画面を「L」に折り曲げるフレックスモードだと、上下に分割された表示となる。

YouTubeなどの動画コンテンツは、フレックスモードにすることで自動的に上の画面に動画を表示して下の画面に情報を表示するなど、自動的にアプリの配置を調整してくれるのだ。

Twitter、Chrome、Youtubeの図

Galaxy Z Fold4は2画面表示だけでなく3画面表示にしてマルチタスクにアプリを使うことも可能。

3画面表示は脳がパンクしてしまうのであまり使わないが、2画面表示は結構有能。左右2画面の表示領域が広いので、かなり使いやすい。

ゲームにも最適。7.6インチの大画面みっちり表示してくれるので、視認性がかなり高く、没入感も段違い。

SoCがSnapdragon8+Gen1になったことで、よりゲームへの適性が高くなった。長時間プレイでもフレームレートを高い水準で維持できるので、Galaxy Z Fold4はゲーム専用機としても活躍するだろう。

Z Fold4に搭載されているAndroid 12Lの新機能

Galaxy Z Fold4は、大画面に最適化された「Android 12L」を搭載している。

新たに追加された「タスクバー」。メインディスプレイ下部に表示させることが可能で、ここにアプリアイコンを置くことができる。

起動したいアイコンをタップすればすぐ切り替えられるし、画面分割表示もサクッとできるので、マルチタスクをしたい人にはうってつけだろう。

このタスクバー、常に表示させることもできるし、長押しで非表示にすることも可能。

表示されるアプリは、ドックにおいているアプリとなっている。ちなみに、サードパーティ製ランチャーアプリを使うと無効化されるので注意だ。

これは新機能ではないが、画面端からスワイプすることで「エッジパネル」を呼び出せるのは健在。

常時表示できるタスクバーか、スワイプで呼び出せるエッジパネルか、好きな方を使い分けられるようになっている。

Z Fold4の指紋認証やバッテリー持ちなどをチェック

ぶっちゃけ対して変わっていないのだが、指紋認証速度やバッテリー持ちなどは如何ほどなのか。

指紋認証は今まで通りの速度。全く不満ないのでノーコメント。

バッテリー持ちだが、Snapdragon8+Gen1になったことで良くなったかと思ったが、特段変化は感じられない。

発熱はGalaxy Z Fold3より優しくなっていると思うが、高負荷なゲームをしないならあまり恩恵はないだろう。

バッテリー持ちの改善を期待している人には申し訳ないが、雀の涙程度というのは伝えておく。

ライトモードが実装されたが…?

今回からよりバッテリー持ちが良くなる「ライトモード」が実装されている。動作周波数が低く抑えられるも、ディスプレイの最高リフレッシュレートは120Hzが維持される…のだが、もう少し使ってみてから結論を出したい。

追記:ライトモードの設定で2週間ほど使用しているが、わずかに良くなっている程度。常時この設定でも不満はないので、原神などの高負荷ゲームをしない限りは、これで良いと思う。

大きくバッテリー持ちが良くなった!ということはないので、設定しないよりはマシ、程度に思ってもらえれば。

Jiyoung
Jiyoung

バッテリー容量が増えているわけではないですからね。

Fold4は折りたたみ機構を持ちながら防水対応

Galaxy Z Fold4はIPX8相当の防水性能を持った安心設計となっている。

僕は風呂のときによく持っていくが、ちょっと水に濡れた程度じゃまず壊れない。冬場なんかは室内と室外の気温の差で画面にダメージを与えるのではないかとヒヤヒヤして使っているが、今のところ問題なし。

よく言われるFoldシリーズの耐久性について

Twitterではたまに「Fold3のメインディスプレイが壊れた!」というツイートを見るが、そう簡単に壊れるものではないのは抑えておいて欲しい。

こういった報告を見ると「折りたたみスマホはまだまだおもちゃ」「実用性は皆無」と言った意見が必ず出てくるが、触ってもないのによく言えるなと思っている。

僕はFold2の頃から長らく使い続けているが、破損したことは一度もない。メーカー非推奨の使い方はしていないからだ。

メインディスプレイのフィルムを剥がしたり、強い圧力をかけない限りまず壊れない。初代でリコール騒ぎがあったためか相当頑丈に作られているので、安心して検討して欲しい。

Galaxy Z Fold4のカメラ性能

背面カメラは前モデルと比べて多少強化されている。カメラ構成は以下のとおり。

超広角1200万画素/1.12μm/F2.2
広角5000万画素/1.0μm/F1.8
望遠(光学3倍)1000万画素/1.0μm/F2.4

ソフトウェアと画像処理チップが優秀なため、オートで撮ってもそれなりの一枚となる。

青の表現が強めなので、全体的に映える写真が撮れるのだ。

1倍
3倍

こちらは3倍ズームでの一枚。解像度も申し分なく、色味も特に悪くない。

ちょっと寄りたいときや、物撮りなんかで重宝する画角なので、光学3倍まで対応してくれたのは嬉しいポイントだ。

10倍ズームは正直微妙。スマホなどの小さい画面で見るといくらかマシに見えるが、よく見ると塗り絵だ。

少し粗めなので、頻繁に使いたいとは思わない。今のFoldシリーズのスタイルだと、ペリスコープを搭載するのは難しく思えるのだが、今後に期待していいものだろうか。

1倍
3倍
3倍

夜景は見た目よりやや明るめに撮れる印象。自動でナイトモード判定で撮影できるので、非常に楽だ。

程よい明るさで暗部のノイズも抑えながら質の高い写真に仕上げてくれる。

以下、作例。

3倍
3倍
3倍

こんなカメラです

  • 濃い目に・鮮やかに表現してくれる
  • どのシーンでも高水準。突き抜けているわけではないが、使いやすいカメラ
  • 手ブレは抑えられている
  • 3倍望遠がちょうどよく、解像度も悪くない

Galaxy Z Fold 4は日本でも発売

docomoとauが取り扱うことになり、日本でも発売されるGalaxy Z Fold4。

おサイフケータイに対応していたり、しっかりキャリアの保証が受けられるなど、メリットも多い。2年後に返却するお返しプログラムなどを適用すれば、半額になるので、アホみたいな値段もいくらかマシになるだろう。

ちなみに、「グレイグリーン」の一色しか発売されない。この仕様には心底がっかりだ。

Jiyoung
Jiyoung

普通に買うと25万円です。2年後に返却するなら半額。

Z Fold3から買い替えるほどの魅力はない

正直、Galaxy Z Fold3(前モデル)を持っている人は見送っていいと思われる。以下の点が魅力的であれば買い替えてもよいだろう。

変更点

  • 光学3倍
  • 少しスリムになったヒンジ部分とフレーム
  • 新たに追加されたカラー
  • 若干改善したバッテリー持ち
  • ゲームへの適性が向上

Fold2ユーザーや、新規でFoldシリーズを触る人であればトキメキを感じると思う。

買い替えのコストなどを考えると、あまり魅力的ではないのが本モデルの微妙な点だ。僕はバーガンディが好きなのと、光学3倍に魅力を感じて買い替えてしまった。

新しく搭載されたAndroid 12Lだが、こちらはFold3への配信もされるようなので、Fold4だけの特権ではない。

Galaxy Z Fold4のメリット・デメリット

メリット
  1. スマホとタブレットをいっぺんに持ち運べる
  2. コンテンツ消費マシンとしては最高
  3. 8+Gen1搭載でゲームへの適性もUP
  4. 実用性は申し分なし。耐久性も高い
  5. 3倍望遠対応で、より撮影の幅が広がった
デメリット
  1. 値段が高すぎる
  2. 物理的に重い
  3. 閉じた状態ではSペンでメモを取ることができない

総評。個人的にはおすすめ

4代目となり、完成度はかなり高い一台だ。ゲテモノ端末の粋を超えており、十分メインとして活用できるスマホだと思う。

値段さえクリアできるのであれば、ぜひとも触って欲しい一台だ。

普通のスマホに飽きた逸脱者や、ミニマリスト的思考の人、最新技術を体験したい人はチェックしてみて欲しい。

Galaxy Z Fold4おすすめアクセサリー

Galaxy Z Fold4を買ったら抑えておくべき、おすすめケース・アクセサリーまとめ