ガジェット

【Mi11 Ultra レビュー】全てが規格外。現時点での最強Androidスマホ

僕がメインで使っているスマホはGalaxy Note20 Ultra。画面でかいし、性能もバカ高いし、高級感も素晴らしいので、非常に気に入っていました。

ただ、以下の点が非常に気に入りません。

  • Note20 Ultraはバッテリーの持ちが悪い
  • Note20 Ultraは充電速度が遅い
  • Note20 Ultraは横幅が妙に広いし、角ばっていて持ちにくい

ってことで、新しいメインスマホに乗り換えようと思ったわけ。そんな時に「Xiaomi Mi11 Ultra」が発売されました。で、速攻買いました。

今回は「Mi11 Ultra」のレビューをお届けします。もし興味あれば最後まで読んでみて下さい。

 

Xiaomi Mi11 Ultraの特徴

  • Snapdragon888搭載
  • 背面ディスプレイ搭載
  • カメラ性能ではトップ(DXO MARK 1位)
  • とにかくカメラに全振り
  • 最高クラスのディスプレイ品質
  • 最高クラスのスピーカー
  • お値段 約10万円〜

という感じです。Xiaomi Mi11 Ultraはとにかくあらゆる面で、現在発売されているAndroidスマートフォンのトップに位置しています。

「僕が考えたさいきょうのスマートフォン」みたいなイメージでOKです。

これだけ詰め込んでおきながら、約10万円〜で買えるので、コスパの面でも非常に優秀。まじでXiaomiしゅごぉい…。。

 

Xiaomi Mi11 Ultraのスペック

製品名Xiaomi Mi11 Ultra
ディスプレイ6.81インチ(有機EL120Hz)
解像度1440 x 3200px (2K+,WQHD+), アスペクト比20:9
CPUSnapdragon888
メモリ8/12GB
ストレージ256/512GB
バッテリー5000mAh(Qi対応)
67W充電, 67Wワイヤレス充電
セキュリティ指紋/顔
カメラアウト:50 + 48 + 48MP, F値/2.0
イン:20MP
デュアルSIM
重量234g
サイズ164.3 x 74.6 x 8.4mm
価格8+256GB:5999元
12+256GB:6499元
12+512GB:6999元

 

Xiaomi Mi11 Ultraは最強性能

Antutuベンチマークを計測したところ、76万点という結果に。

ちなみにM1 MacBook Airのスコアは100万点超え。まだまだですね。

 

Xiaomi Mi11 Ultraのバッテリー持ちはGalaxy S21 Ultraに劣る

120Hz × WQHD+

Xiaomi Mi11 Ultraは5000mAhの大容量バッテリーを積んでいるので、バッテリー持ちには結構期待していました。

PCMARK for Androidで、100%→20%になるまでの時間を計測してみたところ、9時間4分という結果に。S21 Ultraの時は11時間くらいだったから、結構差がありますね。

まあ、最高設定でも1日は普通に持つくらいのポテンシャルはあるので、そこまで気にする必要もないかなと。

【Galaxy S21 Ultra レビュー】電池持ちを改善した究極のフラッグシップスマホ

続きを見る

 

Xiaomi Mi11 Ultra、発熱はそこそこある

Galaxy S21 Ultraは発熱全然しなかったのですが、Xiaomi Mi11 Ultraはそれなりにって感じ。

低負荷時にも地味に温かくなる時があるし、充電時は結構温かくなるし...ってところですかね。

Mi11より改善されてるかな...って思っていましたが、そこまででもなかったです。

【Xiaomi Mi 11 レビュー】電池持ち除けば文句なし。安価で性能高すぎハイエンドスマホ

続きを見る

 

Xiaomi Mi11 Ultraの外観

Xiaomi Mi11 Ultraの箱はiPhone12シリーズのように必要最低限のものしか入っていません。

充電器は付属しておらず。もし必要なら無料でオプションでつけれます。

これがXiaomi Mi11 Ultra本体。やばい。何このカメラの異様な存在感。

カラーは「ホワイト」「ブラック」「大理石Ver」の3種類。大理石Verはセラミックになるので、少々値が張ります。

Xiaomi Mi11 Ultraの上部。スピーカーとIRブラスターとマイクが搭載。

反射して見えませんが、「harman/kardon」の文字があります。ここはMi11と同じですね。

底部にはスピーカー、マイク、Type-Cコネクタ、SIMスロットを搭載。

SIMスロットはDual SIM対応です。CN版Xiaomi Mi11 Ultraは全キャリア対応の優れものなので、楽天回線もバッチリ掴みます。

Jiyoung
LINEMOと楽天モバイルの2回線で運用してます

やっぱりここですよね。カメラ部分。めちゃ×2出っ張ってます。

これがどのくらい出っ張っているのか、わかりやすい例を上げてご紹介します。

 

ここまで出っ張っています

iPhone Xsの約半分くらいの厚さです。

100円玉×2と同じ厚さ。これにはびっくり。

ちなみに、前のメイン機であるGalaxy Note20 Ultraのカメラ部分の厚みは100円玉1枚分でしたから、Xiaomi Mi11 Ultraのカメラの出っ張りがいかにぶっ飛んでるかわかりますね。


ちなみにこんなこともできます。いくらなんでもやりすぎ。

インカメラはパンチホール式。ここもMi11と一緒ですね。小さくて目立ちません。

ちなみに、付属ケースをつけても厚みは変わりません。

ちょっと面白いのが、机に置いてもガタガタしないということ。カメラ部分が巨大すぎるため、まじでブレないんですね。

 

Xiaomi Mi11 Ultraのカメラ性能

実はXiaomi Mi11 Ultraを選んだ理由の一つに「カメラ専用機として運用したい」ってのが挙げられます。

当ブログで載せている写真はNikon D5600で撮影しているのですが、正直、その座はXiaomi Mi11 Ultraが奪ってくれるのかなって思うんですよね。

 

Xiaomi Mi11 Ultraはスマホ最高クラスのカメラ性能

メインカメラのセンサー画素は5000万画素で、センサーにはSamsungの1/1.12インチのイメージセンサー「Samsung ISOCELL GN2」を搭載しています。「1/1.12インチ」というサイズは、スマートフォンに採用されているセンサーとしては最大。

加えて、光学式手ブレ補正(OIS)を搭載し、オートフォーカスの速度と制度を向上させるDual Pixel Proに対応。また、HDR写真を瞬時に撮影できる「Smart ISO Pro」も搭載しています。

Xiaomi Mi11 Ultraの発表会では、RX100Ⅶとの比較も行われており、スマホのカメラもここまで来たのかと思わされました。

 

構成

  • メイン:50MP
  • 望遠:48MP(5倍の光学ズームと10倍のハイブリッドズームに対応)
  • 超広角:48MP

 

作例

5倍望遠。驚くほどクッキリ映っててかなり驚いてます

10倍ズームでもこれ。こうなってくると一眼いらんかも

いやすげぇ...。

 

120倍ズームはまだまだ

120倍ズームだとスコアボードも読み取れる。

ちょっと明るすぎるかな。これはMi11でも同じ感じ

5倍望遠。少し粗さが見られる感じもするけど、よーく見ないとわからないレベル

あまり写真を撮るセンスが育っていないので、他の人の作例載せておきますね。

正直言って、DXO MARK 1位なのも納得できるような性能です。

Xiaomi Mi11 Ultraの動画レビューが終わったら、今使っているD5600の役目が終わる気がしているので、売却しようか検討中。

一眼カメラを超えた性能とまでは言いませんが、少なくとも、中古5〜6万クラスの一眼と比べると、Xiaomi Mi11 Ultraも肩を張るくらいの性能なのかなと思いますね。

 

Xiaomi Mi11 Ultraは背面ディスプレイ搭載

Xiaomi Mi11 Ultraのカメラ部分には1.1インチのAMOLEDディスプレイが搭載されています。

Jiyoung
MiBand5のディスプレイと同じみたい
【Mi Band 5 レビュー】5000円以下の高機能・高品質スマートバンド

続きを見る

 

この背面ディスプレイでできることは以下の通りです。

  • 時間を表示
  • 通知を表示
  • 音楽の再生/停止
  • 好きな画像を表示
  • メインカメラでの自撮り時のビューファインダー

この中で僕が便利だと思ったのは、メインカメラ使用時のビューファインダーですね。自撮りをする際、きちんとプレビューが表示されているので、撮りやすい。

もちろんインカメラでの自撮りでいいのですが、より綺麗なメインカメラで撮れた方がいいですよね。

あと便利だと思ったは時刻表示くらい。バッテリー残量も確認できるので、地味に役立ちます。

Jiyoung
正直、Always on Displayでも確認できるので、背面ディスプレイは無くてもいいかな。完全なるロマン仕様です。

届いて数時間触った時は「面白いなこれ!!」て感じでしたが、もう飽きました。ロマンなんてそんなもん。

 

Xiaomi Mi11 Ultraのスピーカーはスマホ最高クラス

Galaxy Note20 Ultraもスピーカーの質はかなり高いスマホだったのですが、Xiaomi Mi11 Ultraはそれをも上回りました。

劇的な変化はないですけど、音の広がりや解像度はNote20 Ultraより高いですね。

迫力も申し分ありません。さすがharman/kardon。こいつのせいでNetflixやAmazon Primeを使用する時間がさらに伸びました。

 

Xiaomi Mi11 Ultraは67W充電

計測開始時残量60%
5分経過74%
15分経過93%
18分経過100%

オプションの急速充電器を使えば爆速で充電可能です。この速さのおかげで、バッテリー持ちを気にすることはあまりありません。

ちょっと減ったらすぐ充電すればいいだけですからね。

 

あらゆる動作で引っ掛かりがない。ヌルヌルしすぎて気持ち悪い

こんなスマホ初めて。何をする際も引っ掛かりがなくて、超ヌルヌルしてるんですよ。

なんかiPhone触ってる感覚に近いです。アプリの切り替えやスクロール、タップからゲームプレイ時の動作が気持ち悪いほどよく動いてます。

 

【デメリット】Xiaomi Mi11 Ultraの重さは”234g”

ここが最大のデメリットでしょう。いくらなんでも重すぎ。スマホの中ではかなり重い分類です。

この重さに耐えられるかどうかで、Xiaomi Mi11 Ultraの評価は別れるでしょう。手に持った時の違和感が半端なく、日常使いはちょっと厳しいですね。

Jiyoung
ダンベルスマホと言われたXperia XZ2 Premiumが236gです。

ただ、1ヶ月もすれば慣れるのかなと。僕は今まで6.9インチ208gのGalaxy Note20 Ultraを使ってきましたが、それと比べて少し重くなったかな?くらい。

追記:2週間ほど使ってたら慣れました。

 

【デメリット】カメラがデカすぎ

こんな感じで、どう持ってもカメラ部分を触ってしまうので、結構指紋つきます。

デメリットと捉えるかは難しい部分かもしれませんが、持ちにくいってのは確かので一応ご紹介。

 

【デメリット】CN版はクセありすぎ

現在(2021/4/13)入手できるのは中国版のXiaomi Mi11 Ultraになります。中国版の仕様は以下の通り。

  • 対応バンドが多い(全キャリアOK)
  • 日本語ありません
  • GooglePlayストアは標準で入っておらず(apkで簡単に入る)
  • 標準ランチャー以外使用不可
  • 値段が安い

GMSに関しては、apkを入れれば簡単に使えます。あと、なぜか知りませんが楽天ペイが使えません。

ちなみに、デメリットに関してはROM焼き(euROMやGlobal ROM)すれば解消されるかなと。きちんと知識をつけてから買うことを強く強くおすすめします。

【2021年最新】Mi flashを使った公式ROMの焼き方【Mi 11 Ultra】

続きを見る

 

Xiaomi Mi11 Ultraがおすすめな人・買ってはいけない人

こんな人におすすめ

  • スマホ最強クラスのカメラを追い求める人
  • 12万円出せる人
  • あらゆる面で妥協したくない人
  • ロマンを楽しめる人
  • 重さが気にならない人
  • 入手難易度が気にならない人

買っちゃダメな人

  • 軽いスマホが欲しい人
  • 別に最強カメラじゃなくていいって人
  • 中華スマホの知識がない人
  • スマホに10万は無理って人

総評:財力があるガジェオタならおすすめ。ROM焼きすればメイン機OK

Xiaomi Mi11 Ultraの最大の弱点は以下の点ですね。

  • euROMやGlobalROMを焼かないと日本語使えない
  • ”Smart” Phoneと呼べない本体重量。

1つ目に関しては、ROM焼きすれば大丈夫です。多少ググって調べればいくらでも情報は出てきます。2つ目に関してはもう慣れしかないんで、頑張るしかありません。

ROM焼きすれば、他のスマホと何なら買わない操作感になるので、問題なく使えますよ。

多分日本発売は無いと思うので、興味あれば海外通販サイトからポチってみてください。お金に余裕がある富豪向けですね。

 

 

2021/2/26

Amazonプライムで無料で視聴できる「シリコンバレー」が超面白いので紹介する

どうも、海外ドラマばかり見ている自宅警備員兼大学生のJiyoungです。 「シリコンバレー」ってドラマ知っていますか? とあるオタク集団が革新的な技術を開発し、会社を立ち上げて成長させていくって感じのドラマなんですけど、非常に面白い。 シリコンバレーってどんな雰囲気なの?ってのがこのドラマ一つで理解できちゃいます。   JiyoungIT知識がほんの少しあればさらに楽しめます   一話目から一気に引き込まれるドラマで、非常にテンポよく進むので飽きなかったり。 今回はそんな「シリコンバレ ...

ReadMore

2021/2/25

【Redmi Note 9s 】高スペックのくせして2.5万はチート

Xiaomiの新製品発表会で発表されたのはRedmi K30 Pro以外にもう一つあったんです。 それはRedmi Note 9s。インド向けに発売される端末なんですけど、けっこう価格破壊されていて、コスパ高すぎ端末なんですよね。 今回はこいつのスペックを解説していきます。   ポイント 現在OCNモバイルでセールをやっており、10/23まで、Redmi Note 9sが「800円」で購入できます。 >>OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!     もく ...

ReadMore

2021/5/28

【まだ契約してないの?】月額191円でYouTube Premiumを使う方法【VPN】

YouTubeの規約改訂により「収益化していないチャンネルの動画にも広告がつくことがあるよ」という感じになった。 広告は見てる側からすると厄介なものだ。たかが5秒〜15秒だが、連続で動画を再生するときは本当にイライラする。ならばAd Blockツールでも使えば良いのだが、どうせならYouTube Premiumできちんと広告排除したい。 YouTube Premiumは月額1180円。Netflixと同じくらい高い。今回はこの料金を「191円」まで抑える方法を紹介していきたい。年間でも2292円。非常にお ...

ReadMore

2021/2/25

【Noble Falcon 2 レビュー】1.5万円で買える”超高音質”イヤホン。万能すぎ

毎月3台くらいTWSイヤホンを買い続けているJiyoungです。 最近の僕の中での風潮は「どれだけ高音質か」です。正直、ノイズキャンセルはもう気にしない。コンプライつければある程度遮音できるからです。 ってことで、高音質である程度安価なTWSイヤホンを探していたところ、見つけました。「Noble Falcon 2」。今回はこいつをレビューしていきます。 もくじ Noble Falcon 2の特徴Noble Falcon 2の外観Noble Falcon 2の音質Noble Falcon 2は外音取り込み機 ...

ReadMore

2021/2/25

メルカリを使った10万以下・自作ゲーミングPCの作り方【高コスパ】

  少し前に、「吉田製作所」っていうYoutuberが給付金10万円で作るゲーミングPC!っていうのをやっていたから自分も構成を考えてみた。 ただ、普通にAmazonでパーツを選ぶのはつまらない。 メルカリやラクマなどをフル活用して、できるだけ安くゲーミングPCを作ることは可能だ。 今回はそのやり方?を紹介したい。     もくじ ゲーミングPCの相場は自由格安ゲーミングPCを作るにおいて選ぶパーツの目安フリマサイトでは他作ゲーミングPCが売られているメルカリで買った多作PC ...

ReadMore

-ガジェット
-, ,

© 2021 秘密結社雀の涙