Audio

【Jabra Elite 85t レビュー】まさにエリート。ほぼ理想のワイヤレスイヤホン

11月12日に、Jabraの新ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 85t」が発売されました。

ノイズキャンセリングを搭載した完全独立型ワイヤレスイヤホンでして、前作の75tから進化したモデルになっています。

実際に使ってみると、これすごくいい。強いノイズキャンセリング性能、外音取り込み機能etc…今回はJabra Elite 85tをレビューしていきます。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

Jabra Elite 85tの特徴

ポイント

  • 手のひらに収まる小型サイズ
  • 12mmドライバー搭載。前モデルより音質向上
  • アクティブノイズキャンセリング搭載
  • 外音取り込み機能搭載
  • 本体5.5時間、ケース込みで25時間のバッテリーライフ(ANCオン)
  • ワイヤレス充電OK
  • 専用アプリで調整可能
  • 約3万円

Jabra Elite 85tはAirPods Proと似た価格のハイエンドワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリングや外音取り込み機能、音質、バッテリー持ちなどなど…全てにおいて高い水準を誇る性能を持っているので、これ一個買っておけば間違いないです。

値段が高い点以外は特に不満のない、めちゃくちゃ優秀なイヤホンだと感じます。

 

Jabra Elite 85tの外観

付属品は以下の通り。

  • 本体
  • イヤーピース
  • 充電ケーブル
  • 説明書

これがJabra Elite 85t本体。

蓋を開けるとこんな感じ。シルバーとブラックの2色の色合いは非常に大人びた印象を受けます。

メタルっぽい雰囲気超イカしてますよね。

Jabra Elite 85tはボタン操作なので、物理ボタンが側面に搭載されています。

 

Jabra Elite 85tの音質について

結論から言ってしまうと、Jabra Elite 85tはワイヤレスイヤホンの中でもトップクラスの音質だと思います。

なかなかJabra Elite 85tを超える音質のイヤホンを探すのは難しい。それくらい素晴らしい音を鳴らしてくれるイヤホンです。

Jabraのイヤホンって結構低音が強調されている傾向にありますが、それはJabra Elite 85tも同じ。ですが、すごく強調されているわけでもないんですね。

くどすぎない低音なので、聴いていてとても心地が良い。

高音域の描写も素晴らしいですね。一つ一つの音を繊細に鳴らしてくれ、耳に刺さるような嫌な高音でもないので、めちゃくちゃ良いです。

Lisaの「炎」が最近の僕の流行なのですが、サビの部分で感動してしまいました。

正直言って、Jabra Elite 85tの素晴らしい音質を体験してしまうと他のワイヤレスイヤホンでは満足できなくなってしまうと思います。

事実、僕はJabra Elite 85tを使い始めてから他のイヤホンに全く興味が湧かなくなってしまいました。

まじでワイヤレスイヤホンの中でも頭ひとつ抜けてる音質なので、家電量販店なんかで視聴してみてください。これ本当すごいですから。

 

AirPods Proの数段上をいく音質

おそらく、Jabra Elite 85tはAirPods Proと機能面や価格面でも似たようなイヤホンなので、比較されやすいと思っています。

音質で選ぶとすれば、圧倒的にJabra Elite 85tをオススメします。AirPods Proは価格に見合った音質とは呼べません。(実体験済み)

 

Jabra Elite 85tのノイズキャンセリング性能

Jabra Elite 85tはアクティブノイズキャンセリングを搭載しています。

ノイズキャンセリング性能に関しては、ワイヤレスイヤホンの中でもかなり高い方で、ほとんどの雑音を消してくれます。

ただ、個人的にはAirPods Proのノイズキャンセリング性能を「100点」とすると、Jabra Elite 85tは「96点くらい」だと感じました。

めちゃくちゃ強いというのは本当なのですが、「AirPods Proだったらもっと静かだよね」ってシーンが多少あったので、AirPods Proの方がノイズキャンセリング性能は若干高いのかなと思います。

ただ、ほとんどの人は不満を抱くことはないでしょう。Jabra Elite 85t、他のイヤホンと比べたら相当ノイズキャンセリング強いですからね。

 

専用アプリでノイズキャンセリングを調整可能

「Jabra Sound+」というアプリからノイズキャンセリングの調整が可能です。

僕は常に最大にして使っていますが、強いノイズキャンセリングが苦手な人は弱めておくと良いでしょう。

Jabra Sound+については後ほど詳しくみていきます。

 

Jabra Elite 85tは外音取り込み機能搭載

AirPods Proには外音取り込み機能がついていますが、Jabra Elite 85tにも搭載されています。

Jabra Sound+から調整できますが、いちばん強いレベルにすると「イヤホンをつけていない状態に近い」感覚になります。

普通に会話できるレベルなので、外音取り込み機能を多用する人からすると便利ですね。

僕はイヤホンつけながら会話をされると非常にムカついてしまう人間なので、あまり外音取り込み機能を使って会話することがないです。なので正直使わない…

Jabra Elite 85tのバッテリー持ち

  • イヤホン単体の再生時間 → ANCオンで約5.5時間。ANCオフで約7時間
  • 充電ケース使用時の最大再生時間 → ANCオンで約25時間。ANCオフで約31時間

※ANC=ノイズキャンセリング

Jabra Elite 85tのバッテリー持ちは普通に良いですね。ノイズキャンセリングを常にONにしながらでも結構持ちます。

もちろん、ワイヤレス充電にも対応しているので置くだけで充電可能。僕はワイヤレス充電台に5日に1度置いて充電してます。

Jiyoung
Jabra Elite 85tのバッテリー持ちに関しては全く心配する必要ありません

 

Jabra Elite 85tの遅延・接続性に関して

遅延に関しては、同じ価格帯のワイヤレスイヤホンと特に変わりません。

動画視聴での遅延は一切感じられませんが、ゲーム時にはほんのわずか遅れて音がやってくる…遅延がゼロなワイヤレスイヤホンって今のところないので、特に気にしてません。

音ゲーマーにはオススメしませんけど、それ以外の人ならあまり気にならない程度の遅延だと感じますね。

Jabra Elite 85tの接続の安定性は非常に高いです。仙台の朝の満員電車内で使っても全く途切れません。

というか、Jabraのイヤホンってめちゃくちゃ接続が安定している物ばかりなので特に気にしなくて良いと思います。どれ買っても途切れません。

Jiyoung
Jabraのワイヤレスイヤホン=安定性抜群って暗記しておいても良いレベル。

 

Jabra Elite 85tの装着感について

これは完全に僕の意見になりますが、Jabra Elite 85tの装着感は「普通」だと思います。

特にめちゃくちゃフィットするわけでもないし、すぐ落ちることもない。

個人的にはAirPods Proのような形状がいちばんフィットして好きなので、装着感で選ぶならAirPods Proになってしまいます。

 

Jabra Elite 85tはアプリとの連携が有能

先ほど紹介した「Jabra Sound+」ですが、結構いじれる機能が多いので割と重宝します。

Jiyoung
ちなみにiOS版もあります!

 

モーメント

シーン別のプリセットを設定することができます。

「通勤時にはノイズキャンセリングをこのくらいにしておこう。」とか、自分好みの設定にできますが僕は一回も使ったことありません。

 

ボタン操作の割り当て

Jabra Elite 85t側面にボタンがついているので、ボタンを押すことで操作ができます。

Jabra Sound+からボタン操作をカスタマイズできるので、これは結構便利。

通話時・着信時の際のアクションも設定できちゃいます。

 

イコライザー

デフォルトだと6個のプリセットがあります。また、バーを調整することで自分好みの音にもできます。

まあ、Galaxy端末だと標準でイコライザー機能があるので僕は使いません…

 

サウンドスケープ

周囲の音をかき消す音を出すことができます。

波の音だったり、小鳥のさえずり音だったり、せせらぎだったり、、

ただ、こんなものはYoutubeで流せば良いだけなので僕は使いません。

 

My Sound

自分の耳に合わせてイヤホンを最適化してくれます。結構ちゃんと調整してくれるみたいで、今まで聴こえ無かった音が聴こえるようになる人もいるみたいです。

 

イヤホンを探す

位置情報を許可しておくことで、万が一イヤホンを紛失しても探せるようになります。

Jabra Elite 85tは、接続が切れるとその位置情報を毎回保存してくれるので、うっかり落としてもワンチャン探せます。

位置情報をONにしておかないといけませんが…

 

他にもいろいろあります

まだ細かい機能はありますが、割愛します。

Jabra Sound+は他のメーカーの純正アプリに比べてできることが非常に多いですね。

サウンドスケープなんて機能初めてみました。実際に使うかは別として、いろいろ細かく設定ができるのは良い点です。

 

Jabra Elite 85tのスペック

サイズ(長さ x 幅 x 高さ)本体:23.1 x 19 x 16.2mm
充電携帯ケース:64.8 x 41.1 x 28.5 mm
重さ本体:右 7g、左 7g
充電ケース:45.1g
防塵防水IPX4
保証防塵・防水に対する 2 年保証付き(アプリ「Jabra Sound+」 にて登録が必要)
音声アシスタントAlexa、Siri、Google Assistantに対応
コーデックSBC、AAC

Jabra Elite 85tは価格だけがネック

 

Jabra Elite 85tの悪い点を挙げようかなと思って考えていたんですけど、特に見当たりません。

音質もアホみたいに良いし、ノイズキャンセリングも結構強い。バッテリー持ちも十分すぎるし、操作も自由にカスタマイズできるしで使い勝手めちゃくちゃ良いですよ。

まあ、値段が約3万円するのでそこだけが「うーん」って点です。

 

Jabra Elite 85tはAirPods Proよりオススメです

個人的にはAirPods Proに3万円払うなら、Jabra Elite 85tに3万円出した方がいいと思います。

音質以外の部分は両者同じような性能なのですが、Jabra Elite 85tの方が音質では圧倒的に優っています。

「ちょっと良いワイヤレスイヤホンが欲しいな」って思っている人にはJabra Elite 85t、めちゃくちゃオススメです。

-Audio
-, ,

© 2021 秘密結社雀の涙