【悲報】iPhone SE2にがっかりした話【一個人の意見です】

4/17に新型iPhoneSEが予約開始された。Twitter上では大賑わいだった。

もちろん、ちゃんと予約してある。まあレビュー用に買っただけだから、終わったら売るけど。

4万円台で最強スペック。ちょっとロマンあるけど、個人的にはがっかりした。

今回はそれについて軽く書いていきたい。

 

[st_af id=”3345″]

 

iPhone SE2のスペック

iPhone SE(初代) iPhone SE2
ディスプレイ 4インチ 4.7インチ
Retinaディスプレイ(LCD) Retina HDディスプレイ(LCD)
サイズ 123.8 × 58.6 × 7.6mm 138.4 × 67.3 × 7.3mm
重さ 113g 148g
アウトカメラ 1,200万画素 1,200万画素
F値:2.2 F値:2.2
インカメラ 120万画素 700万画素
F値:2.4 F値:2.2
バッテリー 1,624mAh 1,821mAh
耐水・防塵性能 非対応 対応(IP67)
チップ A9 A13 Bionicチップ
メモリ 2GB 3GB
生体認証 Touch ID(指紋認証) Touch ID(指紋認証)
センサー位置:ホームボタン センサー位置:ホームボタン
ワイヤレス充電 非対応 対応
3D Touch 非対応 非対応
イヤホンジャック
ストレージ容量 32GB・128GB 64GB / 128GB / 256GB
カラー 5色 3色

 

iPhone SE2に搭載されているA13チップはiPhone11と同じ

 

iPhone11に搭載されているA13チップと同じものを搭載しているから、性能的にいえば最高クラス。

旧モデルiPhone SE(第1世代)のチップは「A9」。A9の性能と比較すると、CPUの処理速度は2.4倍、GPUの処理速度は4倍と格段に向上しているから、旧世代から乗り換えると体感的な違いを感じることができるだろう。

 

iPhone SE(第2世代) iPhone 8 iPhone SE
プロセッサ A13 Bionic A11 Bionic A9
コア数 CPU:2+4(6コア)
GPU:4コア
CPU:2+4(6コア)
GPU:3コア
CPU:2コア
GPU:2コア
RAM 3GB LPDDR4X(?) 2GB LPDDR4X 2GB LPDDR4
ニューラルエンジン 8コア(毎秒1兆回) 2コア(毎秒6000億回)

 

Androidだと現時点の最高チップはSnapdragon865。A13チップはそれにせまる勢いなんだけど、4万円台のスマホに搭載するのはすごいよね。

 

バッテリー容量はiPhone8とほぼ同じだけど電池持ちはSE2の方がいい

バッテリー容量は1820mAh程度とかなり貧弱。バッテリー持ちを気にする人は買わない方がいい。11を選択してほしい。

ただ、A13チップを搭載しているので省エネ性能が高いから、同じくらいのバッテリー容量を持つiPhone8よりはバッテリー持ちは良いだろう。

とはいっても所詮は1800mAh。一日フルに活用するのはちょっと心もとない印象。もちろん、ゲームとかしないなら問題ないんだけどね。

 

iPhoneSE2のカメラ性能はそれなり。カメラにこだわらない人向け

 

 

新型iPhoneSEはiPhone8と同じ本体だから、カメラも同じで最近としては珍しいシングルカメラを搭載している。

適当にとってもきれいな写真が撮れてしまうから、SNSにたくさん写真を挙げる人でも満足できるカメラだろう。

ただ、11みたいに広角レンズや望遠レンズなどは付いていないから、カメラ性能にこだわる人にはオススメできない。

SE2はライトユーザー向けの製品だから、そこらへんは割愛したのだろう。

 

個人的にiPhoneSE2にがっかりしたところ

4インチの大きさはもう帰ってこない(ほぼ確)

 

多くの人がiPhoneSEに求めているのは何といってもあの小ささだろう。4インチの大きさは片手で操作するにはちょうど良すぎるサイズで、手の小さい人でも問題なく片手操作が可能。

それでいて値段が手ごろで、安くiPhoneを体験できるから人気が出たのだろう。

自分も、あのサイズ感は嫌いではなかった。(変な言い方)

ずっと大画面スマホを使ってきたんだけど、ふとたまにiPhoneSEのサイズに戻りたくなる。そんな時にチョコっと触ると、「いいなぁ…これ」ってなるんだよね。

 

 

しかしながら、もう4インチのiPhoneが売られる可能性は限りなく低い。ほぼゼロ。

もうアップルは4インチを求めるユーザーを切り捨ててしまったから、「4インチのiPhoneが来る可能性はまだ残ってる!」って考えるのはよそう。

 

SE2はあくまで廉価版

 

iPhoneSE2は、外観だけiPhone8をそのまま流用しつつ、中身だけ入れ替えました!ってだけのただの廉価版。

今まではiPhoneSEって4インチのiPhoneのことだと思ってたけどアップル的にはそうではないみたい。廉価版って立ち位置みたいだね。

 

ぶっちゃけ大画面スマホの方が好み。小さい画面を求めている人は少ないのが現実

 

Twitterでよく「iPhoneSEのサイズこそ最高。」「最近のスマホは大きくて持ちづらい」っていう意見を見かけるんだけど、いつの時代だって思う。

もうスマホ市場は大画面スマホに完全にシフトしている。大画面スマホが需要あるから大画面スマホばっかりメーカーは作っているんだよね。

小型スマホの需要があれば、今だってどんどんメーカーが出しているけど、今出ている小型スマホって数えるくらいしかない。

 

[st-kaiwa1]iPhoneSEのサイズ感は好きだけど、日常使いなら大画面の方が便利[/st-kaiwa1]

 

さっき、4インチのサイズ感が好きって書いたと思うんだけど、あれは「たまに使うといいよねぇ」ってだけで日常的に使うことを想定していない。

だって大画面のほうが情報の取得性も高いし、迫力あるし、所有感あるしでメリット多いんだもん。

 

とはいえ4インチのiPhoneは触ってみたかった。

アップルが4インチのiPhoneSE2を出してきたなら、スマホの二台持ちも考えていたけどもういいや。

普段は大画面スマホを使いつつ、その大きさに飽きてきたらiPhoneSE2を使う…そんなことしてみたかったんだよね。

今手元にある4インチのiPhoneは中学生の時の「iPhone5」。古すぎて動作が遅いから使う気になれない。

 

3Dタッチはつけてほしかった ※追記あり

 

まあ、そこまでして欲しいかっていわれるとそうではないけど、3Dタッチは搭載していてほしかった。

めんどくさいLINEが来た際に、既読をつけずに内容を見れるのはマジで重宝していた。

「ふーん。こんな内容ね。後で返信しよ」ってことができていたんだけど、iPhoneSE2は3Dタッチ非搭載。悲しい。

 

[st-mybox title=”注意ポイント” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

HapticTouchが3Dtouchの代わりになるのでなくてもいいですね。

[/st-mybox]

 

iPhoneSE2はライトユーザーにとっては最高の選択肢。

スマホをヘビーに使用する人からすると物足りない性能だけれども、ライトユーザーなら何も不満はないでしょう。

ライトユーザーはバッテリー容量とかカメラ性能とか気にしない。

気にするのは値段と、iPhoneブランドのスマホってことぐらいだろう。それが手に入ればスペックなんかそこまで気にしない。

だって4万円台よ?「今までライトユーザーにはOppo RenoAをオススメしてきたけど、RenoAよりいいじゃん。」って個人的に思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。