Audio

【Galaxy Buds Live レビュー】変な形だけどフィット感が異常。ノイキャン対応

どうも、ガジェット買いすぎて万年貧乏大学生のJiyoungです。

Samsungから出た新型イヤホン「Galaxy Buds Live」を買ってみました。

何といっても形状が他のイヤホンと明らかに違うんです。完全にソラマメ。

 

こんな変な形状のイヤホンってどんなもんなの?って思っていましたが、実際使ってみるとこれがまたいいんですよ。

耳にすっぽりフィットする感じが最高。さらにノイズキャンセリングも搭載。

今回は実際に使ってみた感想なんかをレビューしていきたいと思います。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

Galaxy Buds Liveはこんなイヤホン

 

  • ケースと本体の質感がやばい
  • 特徴な本体の形状
  • 低音と空間描写、解像度が高め
  • ノイズキャンセリング搭載
  • 開放型
  • バッテリーは前モデルより減少
  • お値段20678円

 

開放型+ノイズキャンセリング搭載のイヤホンといえば、少し前に発売された「HUAWEI Freebuds 3」を思い出します。

スペックレビューしているのでよかったら読んでみてください。

FreeBuds 3は思いっきりAirPodsそっくりのデザインでしたが、Galaxy Buds Liveはめちゃくちゃ特殊な形状。

そら豆みたいな形状のイヤホンがどんな使用感なのか?詳しく見ていきましょうか。

 

【HUAWEI FreeBuds 3】2万円でAirPods Proと勝負できるイヤホン

続きを見る

 

Galaxy Buds Liveの開封・外観

 

同梱物は

  • 本体
  • Type-Cケーブル
  • 説明書

 

外観は指紋も反射も全く目立たないマット仕上げ。

金属っぽい質感で、重そうに見えますが、実際に持ってみると超軽いです。

”金属っぽい”ってだけなんで。

 

 

 

これが豆ちゃん本体。ピッカピカに反射するので、本当煩わしい。

あと、ゴールドだと指紋が超目立つので注意。買うなら白を選んだ方がいいかもですね。

 

 

もうどう頑張っても映り込むのは回避できません。

音は下のスピーカーから出ます。後は装着検知のセンサーがあります。


 

Galaxy Buds Liveの質感は高すぎ。ただ反射やばい

 

見てください。この黄金のボディ。

ピンクっぽいゴールドなんですが、非常に美しい数あるTWSイヤホンの中でもトップクラスの質感。

Galaxy Buds Liveを一度見てしまうと、他のTWSイヤホンがおもちゃにしか見えなくなるほど、Galaxy Buds Liveは完璧な見た目です。

流石、2万円のTWSイヤホンというだけありますよね。個人的には今までレビューしたイヤホンの中でNo.1です。

 

 

ただ、イヤホン本体は鏡面仕上げになっているので、面白いほどに反射&指紋がめっちゃつきます。

イヤホン本体を見てもらえればわかる通り、僕本人が写ってしまいます。。。

これをどう捉えるかはそれぞれですが、僕個人としては悪くないと思います。

 

 

確かに指紋が目立ってしまうという欠点はありますが、第三者から見ると全く分からないので、意外と気にならなかったりします。

Galaxy Buds Liveを耳に付けていると、イヤホンを付けているというより、金ぴかのアクセサリを付けているような印象です。

見栄えが非常にいいので、個人的にはこの鏡面仕上げの質感はアリだと思っています。

 

Galaxy Buds Liveは低音強調。ボーカルは弱い

 

Galaxy Buds Liveの音についてみていきましょうか。

Galaxy Buds Liveの音質に関しては、かなり低音が強調されているように感じました。

ドラムやベースの音がものすごくハッキリ聴き取れ、体にズンズン響いてくるような感覚。とても聴いていて爽快な音なんですよね。

多分ヘビメタとか、ロック調の曲とはかなり相性がいいと思います。かなり迫力ありますよ。

 

中~高音域に関しては普通にクリアで自然な音を鳴らしてくれる印象。

解像度も高く、開放型の形状もあって非常にクリアで立体感のある音って感じです。

ここまで読むと、意外と良いイヤホンだなと感じますが、ちょっと気になった点がありました。

 

 

ボーカルの声がちょっと遠くに感じるというか、奥の方に聞こえてしまうんですよね。

楽器の音が前面にバンバン鳴っているので、ちょっとボーカルの音が小さめに感じてしまう。

前にレビューしたTruengin 3SEの方がボーカルの声が聴き取りやすく、個人的にはこっちの方が好きですね。

 

【SOUNDPEATS Truengine 3SE レビュー】AirPods Proの2倍音質いいイヤホン

続きを見る

 

専用イコライザでカスタマイズ可能

 

Galaxy Buds Liveには、専用アプリが存在します。Android向けのアプリは「Galaxy Wearable」、iOS向けのアプリは「Galaxy Buds」。

機能については後で詳しく書きますが、そのアプリ内からイコライザの設定ができちゃうんですね。

  • 低音ブースター
  • ソフト
  • 標準
  • クリア
  • 高音ブースター
  • ダイナミック

の6種類のプリセットから選べます。自分好みの音に変更可能。

ただ、プリセットを変更してもボーカルの声が遠くに聴こえるってのは変らなかったですね。

これはGalaxy Buds Liveのチューニングだからしょうがないのかも。

 

Galaxy Buds Liveはノイズキャンセリング搭載だけど…

 

Galaxy Buds Liveにはノイズキャンセリング機能が搭載されています。

ただ、全く期待しない方がいいですね。

少なくても、AirPods ProやWF-1000XM3のようなイヤホンとはお話になりません。

実際に使ってみましたが、こんな感じでしたね。

 

  • 風切り音は全部聞こえる
  • エアコンの音や、小さい騒音なんかはきれいに消える
  • 目の前の話し声は全く消えない
  • 車の騒音もほぼ消えない
  • カフェの中だと、騒音を6割程度消してくれる
  • 電車内の騒音はあまり消えない

 

多少騒音が聞こえる場面なんかだと、Galaxy Buds Liveのノイズキャンセリングが役立ちます。

ただ、まじでおまけ程度の性能なので、ちょっと静かになったかな…?くらいの感じだと思っておいた方がいいですね。

 

開放型なので遮音性はほぼない

 

Galaxy Buds Liveは開放型のイヤホンです。カナル型のイヤホンと比べると遮音性が劣ってしまう。

Galaxy Buds Liveはイヤーピースなどもないため、耳の中に入れても結構隙間が生じてしまいます。

なので基本的には遮音性なんかほぼないわけですよ。

 

ノイズキャンセリングを求めるならこの3択

僕は以前に、AirPods Pro・WF-1000XM3・Freebuds 3iというノイズキャンセリング性能が高いTWSイヤホンを使用していました。

一番ノイズキャンセリング性能が高いのがAirPods Pro、その次にWF-1000XM3、Freebuds 3iという感じ。

AirPods Proのノイズキャンセリング性能はマジで高く、電車のアナウンスですらほぼ消してくれます。

ほとんどの外音を消してくれるので、最高の環境で音楽を聴くことができるんですよね。

 

AirPods Proを安く買う方法【新品2.5万円切ってる】

続きを見る

【WF-1000XM3 レビュー】有線を超えた音質。バッテリー長持ちの最強TWSイヤホン

続きを見る

 

他の2つのイヤホンも、AirPods Proほどではありませんがかなり高いノイキャン性能を備えています。

Freebuds 3iなら1.5万円ほどで買えるので、ノイキャンってどんなもん?ってのを試してみたいなら超オススメです。

 

【FreeBuds 3i レビュー】ノイキャン強めの1万円台イヤホン。【欠点2つ】

続きを見る

 

Galaxy Buds Liveの専用アプリは有能

さきほども書きましたが、Android向けには「Galaxy Wearable」、iOS向けには「Galaxy Buds」が配信されています。

 

 

こんな感じの画面。設定できる項目はそこまで多くなかったりします。

 

 

タッチ操作の割り当てもここから行うことが可能。

個人的に超便利だったのが、「タッチ操作を無効にできる」ことです。

Galaxy Buds Liveにはタッチセンサーがあり、触れることで機能が働きます。

「タッチをブロック」をONにすることで、そのタッチ操作を無効化できます。他のTWSイヤホンには無かった機能なので、まじで便利。

 

 

あとは、圧迫感なんかを抑えることもできます。そこまで効果を感じませんでしたけど。


Galaxy Buds Liveは特殊な形状

Galaxy Buds Liveはそら豆みたいな形状をしています。

 

以前レビューした「TaoTronics Soundliberty88」と比べるとこんな感じ。

かなり変わったタイプのイヤホンなので、装着する時もちょっと大変だったりします。

所見だとたぶんうまくつけられないかも。

 

【TaoTronics Soundliberty88 レビュー】黒いAirPods。高機能かつ低価格

続きを見る

 

  • マイク部分(下のブツブツ穴が開いてるとこ)から耳に入れる
  • そこからこねくり回して耳の中に収める

 

 

装着するとこんな感じ。

AirPodsのような耳からうどんがはみ出している感はなく、非常にすっきりとしている印象ですね。

 

ちょっとやそっとじゃ外れない

基本的に、Galaxy Buds Liveのフィット感はかなり良いと感じます。

カナル型のような圧迫感は全くありませんし、AirPodsのような形状のイヤホンよりもフィットしています。

このそら豆のような形状が、耳の形にうまい具合にあっているので非常に安定するんですよね。

 

 

ランニング時や筋トレ時にも使ってみましたが、全く落ちる気配はなく安心して使用できます。

長時間使用しても、耳の痛みがほとんどないので作業用のイヤホンとしても期待できそうです。

意外とこのそら豆のような形っていいんですね。フィット具合が半端じゃないです。

 

Galaxy Buds Liveのバッテリー

Galaxy Buds Liveはケース込みで21時間、単体は、ノイズキャンセリングONにしても6時間持つと公式ではアナウンスされています。

実際に使ってみると、単体・ノイズキャンセリングをONした状態だと5時間半ちょっとで切れてしまいました。

TWSイヤホンとしてはかなり優秀といえますね。全く問題ないでしょう。

 

 

ちなみに、ケースのランプはバッテリー残量に合わせて色が変わります。

 

満充電または61%以上の残量
黄色バッテリー残量30%~60%
赤色充電中またはバッテリー残量30%未満
赤色に点滅バッテリー残量低下または温度異常による充電中断

 

急速充電&ワイヤレス充電対応

 

Galaxy Buds Liveは急速充電に対応しており、0%になった場合でも、ケースに入れて5分待つだけで1時間使うことが可能です。

これは非常にありがたい。万が一の場合でも音楽を楽しむことができます。

ワイヤレス充電もOK。バッテリーに関してはGalaxy Buds Live、とても優秀です。一切不満なし。

 

Galaxy Buds Liveはゲーム時に遅延が多少発生

 

僕は「Crash Royale (略してクラロワ)」というゲームをよくプレイするんです。

1秒の判断が命取りになるゲームなんですが、Galaxy Buds Liveを付けてプレイしたところ、0.2-0.5秒ほど遅れて音がやってくるんです。

致命的な欠点ではないですけど、AirPods Proのような感覚では使えないですね。

 

Jiyoung
音ゲーには向かないかな?

 

ただ、YoutubeやAmazon Prime Videoといった動画視聴なら、全く遅延がないです。

普通に快適に視聴できるんですが、なぜかゲームだと多少遅延が生じます。(気にするかは別ですが)

ちなみに、クラロワ以外のゲームでも遅延が発生しました。DQタクトとかプリコネRとか。。

 

Galaxy Buds Liveの良いところ・悪いところ

良いところ

  • 音の迫力は満点
  • 低音好きにはたまらない
  • 装着感が超良い
  • 質感最高
  • バッテリー長持ち
  • アプリとの相性も良し

悪いところ

  • 遅延が多少出る(今後のアプデとかで改善されるかも?)
  • ボーカルの声が遠くに感じる
  • ノイズキャンセリングは大したことない
  • 2万円はちと高い気が

 

Galaxy Buds Liveは20678円。装着感は最高。

 

Galaxy Buds Liveは、迫力のあるサウンドと高い解像度、唯一無二の形状、優秀なバッテリー、質感などが特徴なTWSイヤホン。

ただ、ノイズキャンセリングは弱かったり、若干遅延が出てしまったりと欠点も見えてきました。

個人的には装着感が超気に入ったので使い続けようと思っています。

 

Jiyoung
ノイズキャンセリング性能が強かったり、遅延が少ないものが良い!

 

って人は多分Freebuds 3iとかWF-1000XM3買った方がいいかもですね。値段もあまり変わらないので。

2万円とちょっと高いですけど、ゲーム時に使用しないなら、結構アリなイヤホンだと思います。

 

>>Freebuds 3iのレビューはこちら

>>WF-1000XM3のレビューはこちら


 

他のおすすめTWSイヤホンも紹介してます

価格が安くて高音質なものから高めのものまで、おすすめイヤホンを5つピックアップしました。

よければチェックしてくれると嬉しいです。

 

【生活が変わる】おすすめワイヤレスイヤホン5選【左右独立型】

続きを見る

 

IIJmioのeSIMが1円で使えるらしいので、料金・速度・利点をまとめる

続きを見る

【全米No.1コメディ】ビッグバン・セオリーが面白い4つの理由【無料動画視聴アリ】

続きを見る

2020/9/21

【Redmi K30 Pro vs K30】価格差1.5万円。買う価値ある?

2020年3月24日、XiaomiがRedmi K30 ProとRedmi Note9Sの発表会を行った。 自分はRedmi K30 Proを楽しみに待っていたのだが、実際スペックを見てみると意外と普通で、ちょっと残念に感じた。 今使っているメインスマホはXiaomi Redmi K30 5Gなのだが、乗り換えようかマジで迷う。 今回はRedmi K30とRedmi K30 Proを比較して、価格差1.5万円の壁を乗り越えて買うべきなのか考えてみたい。     もくじ Redmi K3 ...

ReadMore

2020/9/21

【楽天アンリミット レビュー】使い放題で1年無料とか正気?速度も良好だし

前回、楽天アンリミットの概要を解説しつつ実際に申し込んでみたよーって記事を出したんだけど、その2日後くらいに届いた。 届いたのは良いんだけど、面倒くさくて開封するのをしぶっていた。実際にアクティベートしようとすると意外と面倒くさかった。 この記事では実際に楽天アンリミットを試してみた感想を書きつつ、アクティベートの仕方なんかも書いていく。 はっきり言ってこんなサービスが一年間無料って考えると大手キャリア大丈夫かな?って思ってしまうよ。     もくじ 楽天アンリミットの概要を軽くおさら ...

ReadMore

2020/9/21

【Redmi K20Pro スペックまとめ】3.9万円でiPhoneX並みの性能のスマホ

Xiaomiから新スマホRedmi K20/K20 Proが発表された。 はっきり言って、どうしてこのスペックでこの値段で売れるんだろうって思ったくらい、性能と値段が釣り合ってない。 iPhoneXに匹敵するくらいの性能をもっていながら、値段は3.9万円で買えるんだよね。   リンク   今回はそんな価格崩壊スマホK20/K20 Proを紹介していきたいと思う。 もくじ Redmi K20/K20proのスペックRedmi K20/20Proの特徴前面フルディスプレイSOCにはSnap ...

ReadMore

2020/9/26

Galaxy S20/S20+を使いこなす!超おすすめ便利アプリまとめ

どうも、Androidの鬼、Jiyoungです。 最近Find x2 pro からGalaxy S20+に乗り換えたんですよね。 CN版Find x2 pro はランチャーアプリが変更できなかったり、テーマ変更の難易度が高すぎたりと、使い悪すぎました。   【OPPO Find X2 Pro レビュー】最強スペックで最高に安いハイエンドスマホ   そんなわけでGalaxy s20+を使い始めた僕ですが、いろいろと自分好みにカスタマイズ出来て楽しいわけです。 僕は結構カスタマイズには拘っ ...

ReadMore

2020/9/21

【簡単】Androidで邪魔でいらないキャリアアプリを削除する方法

どうも、キャリアアプリなんてものはこの世にいらないと思っている過激派のJiyoungです。 ドコモでスマホを買うと、ドコモのプリインストールアプリが大量に入っていますよね。 Softbankやauでも同様です。あれってうざくないですか? 全く使わないのに消せない。。マジで無駄なのでさっさと消したいって思いますよね。 今回は超簡単に削除できる方法があるので、解説していきたいと思います。     もくじ キャリアアプリを削除するにおいて、用意するものadbコマンド環境を揃える(5分で終わり ...

ReadMore

-Audio
-, , ,

© 2020 秘密結社雀の涙