お得情報 その他(大学・体験談etc)

もう一度蘇る。ジェイソンマークでクソ汚いスニーカーを洗ってみた【洗い方】

僕はガジェットが何より好きなので、あまりファッションに興味がなかったりする人間です。ただ、愛用してきたエアマックスが結構汚くなってきたので、流石に買うか洗うかしないといかんと思ったわけ。

買うと1万円くらいするから微妙。なら洗ってみようと思って、ググって一番上に出てきたスニーカークリーナー「ジェイソンマーク ESSENTIAL」なるものを買ってみました。これがすげー。

めちゃくちゃスニーカーが綺麗になったので、ちょっと紹介してみます。2000円くらいで見違えるほど白くなりますよ。

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

ジェイソンマークの特徴

ジェイソンマーク ESSENTIALキットについてまとめてみます。

  • ジェイソンマークは2,000店舗以上のスニーカーショップやセレクトショップなどで取り扱われる世界的なブランド
  • 強い化学薬品や研磨剤は使わず、主原料に天然素材を使用
  • 現在販売されている商品はいずれもキャンバス、スエード、ヌバック、レザーなどさまざまな素材に対応
  • ESSENTIAL キット(本記事の商品)はスニーカー洗浄約100足分

スニーカーにそこまで興味ないので存在を知らなかったのですが、ジェイソンマークってスニーカー好きの間では有名ブランドなんですね。

 

ジェイソンマーク ESSENTIALを開封

もうすでに開封してますが、外観はこんな感じ。シンプルを貫いた、ごちゃごちゃしすぎないパッケージでミニマルな感じ。

これが洗剤。紫のボトルに入っているだけで、洗剤自体が紫なわけではありません。

これがブラシ。以上の2点が入って、お値段2200円(Amazon / 税込)。

 

洗う前の靴の状態

こちらがいつも履いている「エアマックス 90」。べらぼうに汚れているわけではないですが、昼間履いていると普通に汚れているのがわかる。

削れている場所はもうどうしようもないですけど、白のソール部分は地味に汚れているのがわかります。

あとグレーの革の部分もちょっと薄汚れてる。

エアマックス 90だけだとちょっと物足りないかなと思い、靴箱に眠ってたVANSのスニーカーも引っ張り出す。

白のソール部分がもうひどく汚れており、とても人前では履けないような状態です。

 

実際にジェイソンマークを使って洗ってみる

step
1
用意するもの

  • 洗いたい靴
  • 水を入れた洗面器(ブラシを漬けれればなんでもOK)
  • ジェイソンマーク一式
  • タオル

洗面器とタオルだけ用意しておきましょう。洗面器については、ブラシを濡らすだけなので、ブラシが入るサイズであればなんでもいいです。

 

step
2
ブラシを濡らして洗剤をつける

ブラシを水で濡らしましょう。その後に、洗剤を数滴つけます。

色とか付いていないので非常にわかりずらい。

 

step
3
再度水につける

洗剤をつけ終わったら再度水につけましょう。

 

step
4
泡が出るくらいまで磨く

あとは汚れているところをブラシで磨きます。泡が出るまで擦りましょう。

 

step
5
タオルで拭き取る

出た泡をタオルで拭き取ります。以上の工程を数回繰り返すだけです。簡単ですね。

汚れの状態に応じて回数を増やしてみてください。

 

ジェイソンマークで洗った後の姿がこちら

2回ほど軽くやってこれです。白のソール部分がめちゃくちゃ綺麗に汚れ落ちてますよね。

NIKE AIRの部分はもっと擦る必要がありますが、2回ほどやるだけでもここまで変わります。

ただ、削れて剥き出しになっている部分が結構あったんで、もう半年ほど履いたらもう買い換えた方がいいかもですね…笑

みてこれ。完全には汚れを落としきれていませんが、2回でここまで綺麗になるんですよね。

洗う前の写真と比べて一目瞭然。新品同然まではいきませんが、これであれば人前で履いても全然問題ありません。

青い表面部分にも洗剤つけて洗ってみましたが、ちゃんと自然乾燥すれば問題ないかも。

つま先の部分はクッソ擦りづらいので、もうちょい回数を増やす必要がありますね。

 

汚れたスニーカーを復活させてくれる優れもの

本キットで100足のスニーカーを洗うことができます。長く愛用していて汚くなったお気に入りのスニーカー、ジェイソンマーク一つで見違えるくらい綺麗になるかもしれません。

Amazonで2200円程度で購入することができます。撥水スプレーも入ったキットもあるので、もし興味あればチェックしてみてください。


-お得情報, その他(大学・体験談etc)
-

© 2021 秘密結社雀の涙