【EaseUS Ringtone Editor】超シンプル。iPhone用の着信音作成ソフト

iPhoneに標準で備わっている着信音でも良いのだが、これが自分で作ったものであれば愛着が湧くだろう。

本記事ではiPhone用着信音作成ソフト、EaseUS Ringtone Editorを紹介していく。実に操作が簡単で、数クリックで好みの着信音が作れるソフトだ。

もし、サクッと着信音を作成したいと思っている方は参考にしてみてほしい。

[st_af id=”3345″]

 

EaseUS Ringtone Editorの概要

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • iPhoneの着信音を数秒間で作成可能
  • パソコンの音楽、YouTubeの動画、またはSoundCloudの音楽をサポート
  • 着信音に特別なエフェクトを追加可能
  • パソコン、iPhone/iPad/iPod touchに着信音をエクスポート
  • Windows 10/8.1/8/7に互換
[/st-mybox]

iPhone着信音作成ソフトであるEaseUS Ringtone Editorでできることは、着信音の作成・転送のみである。音声は自前で用意するか、YouTubeやSound Cloudといった外部サイトからDLする必要がある。

 

対応環境

基本的にEaseUS Ringtone EditorはWindows OSにしか対応していない。Windows7,8,10であれば動くので、Mac OSはNG。

EaseUS Ringtone Editorで作った着信音はiOSデバイスに送信できるが、送信できるデバイスは以下の通りだ。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • iPhone 4s以降
  • iPad 3以降
  • iPad Mini 2以降
  • iPad Air全世代
  • iPad Pro全世代
  • iPad touch全世代
[/st-mybox]

 

料金

EaseUS Ringtone Editorの料金プランは上記の通りだ。永久で無料アップグレードというのが、買い切りプランを指しているのかイマイチ不明。また、一年間ライセンスというのは一年間で1670円ということなのだろうか?

いずれにしろ、30日間返金オプションがついているため、自分で試してみて合わないと思ったらキャンセルするのも手だ。ちなみに、お試し版もあるのでそちらも検討してみて欲しい。

 

実際にで着信音を作ってみる

これがEaseUS Ringtone Editorのスタート画面。特にいじれる箇所はなく、シンプルというか、わかりやすいというか…。

自前の音声ファイルを使いたい場合は真ん中部分にドラッグ&ドロップすればOK。ちなみに、対応フォーマットは以下の通りである。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • WAV,
  • MP3
  • WMA
  • FLAC
  • AIF
  • OGG
  • AAC
  • M4A
  • M4R
[/st-mybox]

大体のフォーマットに対応している。ほとんどの人はMP3やWAVを選ぶと思うが。

自前の音声ファイルを用意するのが面倒だったので、今回はYouTubeからフリー素材を選んで作ってみることにする。

YouTube上から自作したい曲のURLをコピペして検索するだけ。

別に選ぶ曲はなんでもいいのだが、最近YouTubeで芸能人のエピソード集をみることが多い。その動画内で使われている曲が妙に頭に残っているので、そちらをチョイスした。

曲名が謎だったので、サビ部分のシャイニングスターで検索したところ、一発で出た。驚くことに、魔王魂のフリー素材だったのだ。魔王魂といえばマジでクオリティの高いフリー素材を提供しているサイト。

どこかのアイドルか誰かが歌っていると思っていたら、まさかのご自由にお使いください状態。普通に耳に残るいい曲なので、ありがたく使わせてもらう。

着信音にしたい部分を切り取るのだが、その際に簡単なエフェクトをつけられる。

そこまで種類は多くはないが、動物の声や野次馬の声を追加できる。また、横に音声ボタンがあるので、自分の声を録音して追加することも可能だ。

個人的にはせっかくの神曲なので、オリジナルで聞きたいと思っているから特にエフェクトの追加は行わなかった。ここは各自の好みでいいだろう。

あとは次に進むだけで着信音の作成が完了する。多分5クリックくらいで完成してしまったので、非常に簡単だった。

出来上がった着信音は、iPhoneに送信するか自分のPC内に保存するかを選ぶことができる。現在、手元にiOS端末がないので今回は転送しないが、iPhoneを持っていればケーブル一本で転送可能だ。

個人的に思うのが、iPhoneに対応しているのであればMac OSにも対応して欲しかったとは思う。それか、Androidにも対応するか。

まあ、Macに対応してしまうと、AirDropで良くね?って意見が出てきそうな感じがしなくもないので、そこら辺は触れないでおこう。

 

まとめ

わざわざ動画編集ソフトや音声編集ソフトを起動しなくとも、2分くらいで自分好みの着信音がサクッと作れるというのは結構便利なのではないかと感じた。

誰でも迷わず使えるiPhone着信音作成ソフトで、数クリックで完成してしまうので、非常に楽。ネックは価格だが、そこら辺はお試し版を利用してから契約するかを検討するのがいいだろう。

EaseUS Ringtone Editorは、EaseUS公式サイトから購入可能なので、もし興味があればチェックしてみて欲しい。

[st-mybutton url=”https://jp.easeus.com/iphone-ringtone-maker/index.html” title=”EaseUS” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。