ガジェット

Chromebookデビューならこれで決まり!Detachable CM3 レビュー

お値段3万円前後で快適に作業ができると噂の「Chromebook」ですが、僕自身一度も試したことがありませんでした。

そんな中、ASUSから新型Chromebookが発売されたんですね。「スタイラスペン」「スタンド」「キーボード」込みで約3.5万円。これは買うしかないと思ってポチったわけです。

Jiyoung
Chromebookってどうなん?
Chromebookってどんなことできるん?
友人ちゃん

本記事では以下のような疑問にお答えしていきます。Chromebookを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

Chromebookとは

Chromebook(クロームブック)はGoogle の Chrome OS を搭載したコンピューターのこと。WindowsでもMacでもなく「Chrome OS」という独自OSで、Androidスマホでお馴染みのAndroidを開発したGoogleが開発したOSです。

とにかく動作がサクサクなのが特徴。ノートPCで3万円程度だと、まともに使えないゴミみたいな印象ですが、Chromebookであれば普通にまともに使えるみたい。

  • GooglePlayストアのアプリが使える
  • データはクラウド上に保管
  • 一応、別ソフトを使えばWinソフトも動かせる
  • お値段が激安

 

Chromebook Detachable CM3の外観

これがChromebook Detachable CM3本体。アルミ素材で、指紋や脂が目立ちやすい。

Chromebook Detachable CM3には専用スタンドケースが標準付属されています。基本的にはこれを常時装着していくのが良さそう。

縦置き・横置きに対応しており、スタイルに合わせて変えられるのが便利な点。保持力も申し分なく、しっかり安定するので使いやすいです。

これが標準付属はまじで嬉しい。

Chromebook Detachable CM3側面には電源ボタンと音量ボタンを搭載。

逆側面には「USB-Cポート」「イヤホンジャック」「通知ランプ」を搭載。

スリープ中にはランプが点灯します。イヤホンジャックあるのは、有線イヤホン使う人にとっては必需品なんで、ここは嬉しいポイント。

Chromebook Detachable CM3にはキーボードも付いてきちゃいます。正直言って打ちやすくはない。まあ値段を考えると求めすぎるのもおかしいんですが。

深さがまるでないので、タイピングがとにかくやりにくい。キーも小さいのでいつもの感覚で打つと絶対ミスします。

2000文字程度のレポートを書く際はいけますが、それ以上は疲れるので、あくまでも軽い作業の場合に使うことを推奨。

Chromebook Detachable CM3にはスタイラスペンも付属。これについては後ほど触れます。

これがChromebook Detachable CM3完全形。PCに詳しくない人からすると、「Surfaceちゃうか?」と思わせるような見た目で、安っぽさなどは微塵も感じません。

バッグやリュックにサクッと入れておくのもアリ。Chromebook Detachable CM3は見た目がいいよね。

 

Chromebook Detachable CM3は動作がサクサク

Jiyoung
RAM4GBしか積んでないし、CPUもMediaTek MT8183だからゴミやろ

って思っていましたが、びっくりするくらいサクサク。メイン機であるM1 Macbook Airのようなヌルヌル感ではありませんが、アプリの切り替えや立ち上がりなどは思ってた以上に速い。

スクロールなどでもカクつく事はほぼなく、非常に安定して動作していました。まあ、タッチ感度がちょっと悪いとかはありますが、余裕で許容範囲内なのでヨシ。

 

Chromebook Detachable CM3でできること

ブログ執筆もギリギリいける。快適ではないけど

Chromebook Detachable CM3単体でのブログ執筆もギリギリいけます。

レスポンスなどは問題ないのですが、ちょっとキーボードが無理。キーピッチとかが普通のキーボードと違うんで、打ちにくいんですよね。

これであれば普通に、Magic Keyboardを持ち運んでBluetooth接続して使った方が効率上がる気がします。

Jiyoung
調べ物しながらブログ書くことがほとんどなので、この画面サイズだと厳しい

 

動画鑑賞にも最適。

Chromebook Detachable CM3はデュアルスピーカーを搭載しているんで、音はモノラルと比べて圧倒的に良きです。

iPad Proのようなクワッドスピーカーとは結構差がありますが、ハイエンドスマホのスピーカーに近いようなレベルな気はします。

下手なAndroidタブレット買うよりは、Chromebook Detachable CM3を買った方が幸せになれると思うんで、おすすめ。

 

Chromebook Detachable CM3は画像編集もいける

Chromebook Detachable CM3はAndroidアプリが使えるので、「Lightroom」のアプリ版も利用できちゃいます。

レスポンスは特に問題なし。プリセットの適用から書き出しまで快適にできるので、SNSやブログ用に上げる写真もChromebook Detachable CM3単体で編集できそうです。

 

スタイラスペンは使い物にならない

付属のスタイラスペンですが、追従が遅すぎるし、反応も良くないしで、色々と微妙。

イラスト用途にはまず無理ですね。文字であれば少しのストレスを感じながらも書けます。PDFなんかに注釈を入れたい場合には役立つかも。

Jiyoung
試しにイラストでも描こうかなと思いましたが、端末ぶっ壊すくらいストレス溜まりそうなのでやめました

 

ZOOMなどを使ったオンライン通話はギリギリいける

Chromebook Detachable CM3にはインカメラがついているので、オンライン通話用途にも使えます。

ただ、別に画質は良くないので、そこは割り切る必要アリ。個人的にはiPhoneで撮影した方が、画面は小さいけど綺麗に映るんでそっちの方がいいと思います。

Jiyoung
なんか妙に薄暗くなるね

 

ゲームはできない事はない

「ウマ娘」をDLして起動してみましたが、タイトル画面にすら行かずにクラッシュ。その後に何回か強制終了→起動を繰り返してみても、結果は同じ。

「パズドラ」はどうなん?って思ってプレイしてみましたが、これは大丈夫。反応速度などは普段使っているスマホと比べて差がありますが、遊べない事はないかな。

ただ、わざわざChromebook Detachable CM3でやる必要ってないと思うし、パズドラ以上に重いゲームなんかは無理なんで、ゲーム用途に使うのはおすすめしません。

 

プログラミングも可能

ChromebookのLinux環境をオンにして、使いたいプログラミング言語をインストールすればChromebookでもプログラミングは可能。

ただ、メモリが4GBしかなかったりと、スペックは高くないのでどこまで快適に行えるかは不明です。

Web上でプログラミング学習ができる「Progate」もサクサク使えるので、オンラインプログラミング学習用途にも使えます。

 

格安ノートPCを買うくらいならChromebook

よく3-4万円台で売られているノートPCってあるじゃないですか。CeleronとかAtomとかeMMCとか搭載されているやつ。

まず快適な動作は期待できないので、一切買う必要はありません。Chromebookの方が数倍快適に使えるので、基本的には同じ値段出すのであればChromebookを買った方が幸せになれます。

Windows入っていますが、Chromebookと同じ用途しかこなせないので、ゴミです。

 

Chromebookはゴミだと思っていたけど考えが変わった

 

今までChromebookの価値って全く分からなかったのですが、今回Chromebook Detachable CM3を実際に触ってみて考えが変わりました。

  • たった3.5万円でサクサク動くマシンが手に入る
  • 画像編集も文字打ちもプログラミングもできる
  • キーボードやスタイラスペンが付属
  • デュアルスピーカー搭載で音も良し
  • 格安ノートPCで味わったストレスはほぼ無かった
  • 意外と用途は多い

まじでライトな用途であればこれでOK。iPadでよくね?って思ったけど、Androidアプリが使えたり、Linux環境が構築できるのはChromebookならではの強みです。

今回レビューしたChromebook Detachable CM3であれば3.5万円(クーポン適用時)で買えてしまうので、手も出しやすい。興味あればチェックしてみてください。

-ガジェット
-, ,

© 2021 秘密結社雀の涙