Free Delivery & 60-Day Returns* - Everyday!

握り潰せるくらい小型・高出力な充電器。Anker Nano II 45W レビュー

最近の充電器は小型化&高出力化が進んでいて、非常に使い勝手が良くなっている。

ついこの間発売された「Anker Nano II 45W」は、45W出力のくせに手のひらに余裕で収まるようなサイズ感の充電器だ。

めちゃくちゃ小さいのに、MacBook Airくらいなら急速充電できる程度の性能を持っているからすごい。今回はAnker Nano II 45Wをレビューしていく。

 

Anker Nano II 45Wの実力。

シルバー×ブラックグレー。マット仕上げのボディ

 

Anker Nano II 45Wは「シルバー」と「ブラックグレー」のツートンカラー。マットな質感なので、汚れや指紋が目立ちにくいのが特徴だ。

Ankerの製品ってちょっとチープさが残っている物が多いイメージだったのだけれども、Anker Nano II 45Wは充電器にしてはいい質感だと思う。まあ充電器にそこまで求める人なんて少ないとだろうけど。

当たり前だけど、プラグは折り畳める仕組み。実は、Anker Nano II には3種類あるのだ。

30Wと65Wバージョンが存在するのだが、まだ未発売。30Wのバージョンはプラグが折り畳めないので、買う際は注意しておいた方がいいだろう。

 

無駄が一切ない、コンパクトなボディ

は約35 x 38 x 41mmという、超コンパクトなサイズ感が魅力の充電器。数字で言われてもわからないと思うから、比較していく。

iPadに付属する充電器と比べるとこんな感じ。ちなみに今のiPad Proとかについてくる充電器ではなく、結構昔のやつね。

MacBook Airについてくる充電器(30W)と比べてもこのサイズ感。しかもAnker Nano II 45Wの方が出力が高いのだ。どちらを持ち運びたい?って聞かれたら絶対Anker Nano II 45Wを選ぶよね。

手のひらにおいても余裕で収まる。というか、刃牙とかだったら握り潰せるんじゃないかな。

 

充電速度も十分すぎる

Anker Nano II 45Wは最大45W出力のPD対応USB-Cをそなえ、MacBook Airなら急速充電、MacBook Pro 13″でも通常充電が可能。

iPhone 12 Proも30分で半分くらいバッテリーが回復してしまう。さらに、「PPS規格」に対応しているから、Galaxy端末での超急速充電もできるのだ。

PPSに対応した充電器はあまり種類がないため、小型化かつ高出力なAnker Nano II 45Wはマジでおすすめできる一台と言える。

 

Anker Nano II 45Wのスペック

サイズ 約35×38×41mm
重さ 約68g
入力 100-240V ~ 1.87A 50-60Hz
出力 5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=3.0A / 20.0V=2.25A (最大45W)
PPS出力 : 3.3V-16.0V=3.0A / 3.3V-21.0V=2.25A (最大45W)

 

Anker Nano II 45W、とりあえず一台持っておいて損はなし。

Anker Nano II 45W、欲を言えばもう1ポート追加して欲しいのだが、これでも十分だろう。

こいつ一台でノートPCやタブレットやスマホが高速充電できるのは非常に素晴らしい。わざわざMacBook Airを充電するために、あのやけにスペースを取る充電器を持ち歩く必要は無くなるのだ。

Amazonでわけわからんメーカーのやっすい充電器を買うくらいなら、1000円プラスしてAnker Nano II 45Wを買った方が絶対幸せになれる。もし興味あればチェックしてみて欲しい。

※やけに人気なようで、入荷しても数日で売り切れになるみたいです。こまめにチェックしておいた方がいいかも。