Other

【Xiaomi AMAZFIT】中華だけど高機能、高品質、低価格のスマートウォッチが凄すぎる…【特徴まとめ】

突然ですが、スマートウォッチって使ったことありますか?いまいちピンとこない人は、AppleWatchを思い浮かべてください。

あれ、実際に使ってみるとわかるんですが、結構便利なんです。

たぶん、AppleWatchのほうが認知度高いので、できることをサラッと書いてみます。全部ではないですよ!

 

ポイント

・iPhoneの通知をApple Watchで受け取れる

・時刻を確認

・メッセージの確認・返信

・Apple PayによるNFC決済

・改札をチケットレスで通過(モバイルSuica)

・音楽、動画再生をコントロール

・オフラインで音楽再生

・電話をかける、出る

これはアップルウォッチの場合ですが、iPhoneを持っている人しかできないですよね。

ですが、Androidにも高性能なスマートウォッチはたくさんあります。ですが、高いです。

3万くらいなので、時計にしては安いかもしれません。

でも、気軽に試す感じだったら、3万は高くないですか?

スマートウォッチがどんなものかを確かめるのに、3万は、リスキーな感じがします。

ということで、今回はXiaomiから出ているスマートウォッチ、Xiaomi AMAZFITをご紹介します。

Gearbestで買うと、8795円というお手頃価格で買えます!

 

 

 

早速見ていきましょう!!

 

Xiaomi AMAZFITのスペックまとめ

 

明細事項ブランド: Amazfit
Bluetoothバージョン: ブルートゥース4.0
動作モード: タッチスクリーン
RAM : 512メガバイト
ROM : 4GB
IPの評価: IP67
一般的な情報警告の種類: 振動
ブルートゥース呼び出し: 電話のリマインダー
健康トラッカー: 心拍数モニター,羅針盤
メッセージング: メッセージ送信
ほかの機能: アラーム,GPS,天気予報,Wi-Fi
リモートコントロール機能: リモート音楽
電池バッテリーCapacty: 280mAh
充電時間(時間): 3時間について
待機時間(時間): 11日間
電池の種類: リチウムポリマー電池
ダイヤルとバンドバンド材料: シリコーン
ケース材料: セラミック
ダイヤルの形: 円形
サイズダイヤル: 4.5×4.5×1.5cm
バンドサイズ: 24.5×3.5cm
特徴互換性のあるオペレーティングシステム: アンドロイド,IOS
規格製品重量: 0.4100 kg
製品サイズ(長さx幅x高さ) : 24.50×4.50×1.50cm / 9.65×1.77×0.59インチ
パッケージサイズ(長さx幅x高さ): 14.60×12.60×6.00cm / 5.75×4.96×2.36インチ
パッケージリスト主要材料: 1×オリジナルAMAZFITスポーツスマートウォッチ、1 x USB充電ケーブル、1 x英語ユーザーマニュアル

 

Xiaomi AMAZFITの特徴まとめ

バッテリーは5日持つ

 

バッテリーに関しては、ほかのスマートウォッチと変わらないと思います。だいたい、5日~一週間くらい持つのが普通です。

Amazonのレビューでも5日は持ちます。と書いてあるレビューが多かったです。電池持ちは問題なさそう。

 

ポイント

3日間充電しなくて半分程度残っていました(普段は時計、3回ランニング(30分程度)に使用時

・バッテリーは5日は持つと思います。iPhoneもBluetoothに接続したままだけどバッテリーの減りが今までより早くなったとかもないと思います。

・バッテリーは1日使うと80%まで減るので、私の使い方だと5日持ちます。日常使用は大丈夫ですが、旅行の時はちょっと不安。なぜなら充電には専用の端末が必要なので。

機能はふつう。一通りはできます

 

タッチスクリーン対応、防水対応と、必須な機能はついています。

Bluetoothヘッドフォンとペアリングすると、携帯電話なしでAMAZFIT Watchで音楽を楽しむことができます。

さらに、防水IP67のおかげで、アイテムは埃、雨、しぶき、そして偶発的な水没に対して耐性があります。

 

ポイント

活動計
・睡眠計
・心拍数計測
・位置情報からの天気確認など
・スマホからの通知確認
・電話に出る
・音楽ファイルを保存して、直接スマートウォッチから聴く

チープさはそこまでない

 

AMAZFITはセラミックベゼルで設計されたモデルで、耐久性があり、引っかき傷にも強くなっています。常時点灯ディスプレイは、明るい日光の下でも簡単に読むことができます。

質感は悪くないようです。時計自体は光沢があって安っぽくは見えません。

ですが、バンドがシリコンなので、全体を見ればすこしダサいかなと思います。

スポーツ用となら関係ないですが、ビジネス使いならバンド交換は必須です。

 

 

電子マネーは中国版のみ(日本だと使う機会ない)

 

Alipayでは、スマートフォン経由で支払いを完了できます(中国語版のみのサポート )。

モバイルSuicaとかは無理です。こればっかりはしょうがない。

8000円のスマートウォッチには搭載できないですね。

 

Xiaomi Amazfitの実機動画

 

 

 

Youtube上にはあまり動画はありませんでした。上位モデルの動画ならたくさんあったんですけどね。

どうですか?チープさは無いんじゃないですかね。セラミックがいい味出してます。実際、シリコンバンドでも悪くない気がしてきました。

 

Xiaomi Amazfitまとめ

どうでしたか?

 

スマートウォッチってどんなもんかな?みたいな人にはいい商品じゃないですか?

2000円~4000円くらいの安物中華スマートウォッチとかだと、逆に安物買いの銭失いになりますよ。

絶対に買うならある程度知名度のあるメーカーを選ぶべきです。Xiaomiは結構知っている人多いメーカーで、中国国内では大人気メーカーです!

ビジネスでも、スポーツでも、どちらでも使える時計なので、用途に合わせて検討してみてください!

 

購入方法

 

Xiaomi Amazfitは、Gearbestからだとかなり安く買えます!

以前、「Gearbestで実際に買い物をしてみた!」って記事を書いたので、参考にしてください!一週間で届きますよ。たぶん。

 

[blogcard url="https://yukimejiyoung.com/gearbest/"]

 

Gearbestで買うのに抵抗がある人は、Amazonでも買えます。

 

IIJmioのeSIMが1円で使えるらしいので、料金・速度・利点をまとめる

続きを見る

【全米No.1コメディ】ビッグバン・セオリーが面白い4つの理由【無料動画視聴アリ】

続きを見る

2020/9/21

【秘密結社雀の涙式】とある大学生兼ブロガーの作業環境を晒してみましょう。

たまにはSEO抜きにした、人間味のある記事でも書こうかなと思っちゃいました。(※ネタ切れです) 結構、人の作業環境や、部屋紹介、ルーティン動画や記事を見るのが個人的には好きなので、晒してみるのもいいかもと思ってこの記事を書くことにした。 最近だと、物がかなり増えてきたので、それなりに見せても面白い部屋になっていると勝手に解釈している。 と言うことで、大学生の傍らブログ執筆をしている僕の作業環境を勝手に晒していこうかなと。もちろんNoIndex。   もくじ いつもの作業環境はこんな感じデスクは不 ...

ReadMore

2020/9/21

【Mi Band 5 レビュー】5000円以下で買える高機能・高品質スマートバンド

どうも、Galaxy Watch Active2を買ったのはいいものの、全く外に出ないから宝の持ち腐れ状態のJiyoungです。 以前、以下のような記事を書きました。     そう、Xiaomiというメーカーから出た「Mi Band 5」というスマートバンドの紹介記事です。 Mi Band 5は、Mi Band 4の後継モデルとなっており、いろいろ進化していたりします。 Mi Band 4はかなりコスパが良く、それでいて品質も高かったのでかなり評価が良かったスマートバンド。 今回はMi ...

ReadMore

2020/9/21

【Android】ストレージを圧迫する「その他」を簡単に消す方法

スマホを使う上で常に戦わないといけないのは何と言っても、ストレージの容量だったりします。 特に容量の低いスマホを使っていて、なおかつSDカードが使えないスマホを使っているなら、思う存分コンテンツを詰め込めないという問題が起きます。。 Androidのストレージ内訳を見てみると、なんか変なものがあるんですよね。     そう、「その他」のことです。これが地味に容量を喰っていることが多いのですよ。 今回はこの「その他」を消す方法を解説していきます。特に難しくないので、サクッとできると思いま ...

ReadMore

2020/9/21

P40 Proを一週間使用した感想。Google無しは無理。オススメしない

P40Proが手元に来てから一週間が経った。色々使い込んでたんだけど、思うことが多々ある。 流石にHuaweiのフラッグシップ機というだけあって性能歯とんでもないんだけど、Google問題のせいで微妙。 ということで、P40Proを使ってみての感想なんかをまとめてみようかなと思う。 P40Proの購入を検討している人は参考にしてみて欲しい。     もくじ P40ProのスペックP40Proは誰にも勧められないスマホGoogleなしの運用は厳しいけど…?Appgalleryのラインナッ ...

ReadMore

2020/9/21

【Redmi K30 5G レビュー】3.1万円の5Gスマホ。中国恐るべし

ちょっと前に、Xiaomi Redmi K30 5Gのスペックをまとめた記事を書いたんだけど、実は実際に買っていたりします。     メインで使っていたNova5Proの背面ガラスが粉々に割れてしまったから、買い替えたわけです。 Redmi K30 5Gは3万円台で買える超安い5Gスマホなんですけど、ちゃんと使えるの?実際はどうなの?ってのをレビューしていきたいと思います。 まあ、結論から言うと、このスペックで3万円台で出すXiaomiはぶっ壊れているって感想だったりします。 &nbs ...

ReadMore

-Other
-, ,

© 2020 秘密結社雀の涙