【WF-1000XM3 レビュー】AirPods Proより音質がいいぞこれ。

どうも、ガジェットブロガーのjiyoung(@yukime_jiyoung)です。

 

つい最近、SONYのワイヤレスイヤホン、WF-1000XM3を購入しました。

 

 

結構有名なノイズキャンセリングイヤホンで、これに肩を並べるイヤホンはそうそういません。

 

AirPods Proのライバル的存在のポジションですが、どっちが優れているかは人それぞれです。

 

ただ、音質的にはwf-1000xm3、装着感だとAirpods Proのほうが勝っているという意見が多く、どちらを求めるかで変わってきます。

 

前に両社の違いを書いた記事を書いたのでよかったらどうぞ。

 

秘密結社雀の涙

どうも、ガジェットブロガーのjiyoung(@yukime_jiyoung)です。   ちょっと前に発売されたAirPo…

 

今回は、音質がいいと評判のxm-1000xm3を実際に買ったのでレビューしていきたいと思います。

 

WF-1000XM3のスペックを見ていく。

 

方式Bluetooth 5.0
対応プロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC
通信方式完全ワイヤレスイヤホン(左右独立型)
電池持続時間(連続音声再生時間)単独:6時間/8時間(ノイズキャンセリング機能OFF)
ケース込み:合計約24時間
防水なし
ノイズキャンセリングあり
※外音取り込み機能もあり
音声アシスタントSiri・Google Assistant
イヤホンサイズ(幅×高さ×奥行)非公表
ケースサイズ(幅×高さ×奥行)非公表
重さイヤホン:8.5 g
ケース:非公表
カラーバリエーションプラチナシルバー
ブラック
価格25,880円

 

WF-1000XM3の外観を見ていく。

 

まずは外観を軽く見ていきましょう。

 

 

質感はかなり高級感があります。値段も高いイヤホンなので、そりゃ高級感がないと困ります。

 

蓋の部分は金属でできているので重みがあり、ひんやりします。雑に扱うとすぐ傷つきますよ。(二枚目の右下のような。)

 

あと、意外とケースはデカいので注意

 

jiyoung
ポケットに入れると、確かに重量を感じます。
なんか違和感あるなぁ・・みたいな。

 

想像の2倍くらいのデカさだったので、買うときは実物を見てから判断してください。

 

 

充電端子はやはりUSB-TypeCです。もはや当たり前になってきましたが、当然ですよね。(ピントが合ってないので見ずらい。)

 

 

イヤホン本体はこんな感じ。丸い平になっているところがタッチセンサーで、ここに触れることで操作ができます。

 

付属のイヤーピースはウレタン製のものと、シリコン製のものがあり、ウレタン製のものだとノイズキャンセリングの効果が高くなります。

 

 

WF-1000XM3の特徴(良いところ・悪いところ)まとめ

 

WF-1000XM3の良いところまとめ

 

音質めっちゃいい。。。イコライザでアレンジも可能。

 

今まで3000円くらいのやっすいワイヤレスイヤホンを使っていたのですが、明らかに違いますね。。。(当たり前か。)

 

  • 「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」搭載
  • 高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術「DSEE HX」を完全ワイヤレスで初搭載

 

こんな機能があるみたいですけど、まあ、「使ってみてください」としか言いようがない・・・。

 

専用アプリからイコライザを調整できるので、自分なりのアレンジもできちゃいます。

 

音質に関しての口コミ


 

ノイズキャンセリングはいいよ!騒音をかき消して、無音の空間を作ってくれます。

 

断言します。ノイズキャンセリングはとてもいい。

 

jiyoung
僕は買うならノイズキャンセリング付きのイヤホンって決めてます。

 

電車の中で試してみたのですが、ざわざわ・・ガタンゴトン…って音がノイズキャンセリングをONにした途端、サー――って感じで消えます。

 

聞こえるのはかすかなアナウンスの声だけ。話し声も全く聞こえません!!!!音楽に集中できるぞ!!!!

 

前に使っていたBOSEのQC30は自然に騒音を消してくれる感じではなく、なんとなく違和感があったんですけど、WF-1000XM3は自然に消してくれます。

 

近づいてくる車の音聞こえません。友達に話しかけられても何も聞こえないので無視されていると思われます。

 

注意点はこんな感じ。露骨に無視されていると思われるので、みんなで集まっているときはイヤホン外しましょうね。

 

専用アプリが有能!イコライザ、電池残量表示、様々な設定が可能。

 

 

割といろんな設定項目があり、ノイキャンの有無、イコライザ、タッチセンサーの割り当てもこのアプリ一つでできちゃいます。

 

自分はイコライザの設定ができることに一番驚きました。結構細かく調整できるので、その時の音楽によって変えられますね。

 

遅延すくねー!!ゲームも問題ないです。

 

 

WF-1000XMは遅延がほぼないです。音ゲーはやらないので、遅延とかはわからないんですが、気にならない程度のようですね。

 

jiyoung
まあ、よほどひどくない限りは気にしないポイントなので、僕にとってはどうでもいいっちゃどうでもいいかな。

 

装着感は悪くない。めっちゃいい!ってほどでもないけどね。

 

人それぞれですが、装着感に関しては、悪くはないけど、最高!ってほどでもないって感じですかね。100点満点中80点くらい

 

こちらに関してはAirPods Proのほうがいいですね。Twitter見てても、WF-1000XM3のほうが装着感良いって意見はなかった。。。

 

ただ、これはイヤーピースを変えれば変わる問題なので、これに合うものを探していこうかなと。

 

 

WF-1000XM3の悪いところまとめ

 

ケースがデカい!

 

 

AirPods Proと比較した画像ですが、デカくないですか???

 

これが手に持つとデカさがひしひしと伝わってくるんですよ。。。。

 

大体のポケットには入りますが、結構占領してくると思います。まあ、めっちゃ重くて使いずらい!ってことはないんですけどね。

 

価格が割と高い。

 

お値段は、家電量販店で買ったところ28000円(消費税込み)程度でした。

 

イヤホンに3万円近いお金を出すのは割と勇気要りますよね。値段に見合うものか?って言われたら微妙。

 

jiyoung
20000円ジャストなら、スッと買えるんですけどね。

 

まあ、ノイズキャンセリング付きのワイヤレスイヤホンなら1.5万以上は確定かな・・・って考えると妥当なのかもしれませんね。

 

WF-1000XM3まとめ。金があるなら買いでしょう。

総評すると、”買い”のイヤホンかなと思います。

 

ノイズキャンセリング能力が高いので、いろんなシーンでおすすめできちゃいます。

 

  • 作業や勉強に集中したいとき
  • 一人になってゆっくり音楽を楽しみたいとき
  • 騒音に悩まされているとき
  • ぐっすり眠りたいときに

 

WF-1000XM3は、間違いなく、あなたの生活を変えてくれるイヤホンです。

 

 

 

音楽を聴くのがもっと楽しくなる。そんなイヤホンです。

 

詳しくは下のリンクから。新しい年の最初の買い物にどうですか??