Free Delivery & 60-Day Returns* - Everyday!

【ThinkPad E585 レビュー】58000円でゲームもできるPCとかマジ?

[st-kaiwa2]6万以下で快適に動いて、ゲームもできるノートPCはないかしら[/st-kaiwa2]

この疑問を解消できるPCを手に入れました。それが「ThinkPad E585」だ。

一度は聞いたことがあるであろうThinkPad。E585は6万以下で買えるくせにそこそこ性能がいいんだ。

手ごろな値段でちょいスペックがいいPCが欲しい人におすすめできる神コスパPCを今回はレビューしていく。

[st_af id=”3345″]

 

Think Pad E585は学割込みで60000円以下

Thinkpad E585はレノボの公式サイトで59940円で売られているんだけど、Lenovoには学割ってシステムがある。それを適応すると、58860円で買えるのだ。

ideaPadでもよかったのんだけど、実物を見てみると意外と安っぽいデザインだし、キーボードが微妙に打ちにくいんだ。だから却下。

Think Padはキーボードに定評のあるノートPCだから、実際に打ってみてもすごく満足感を得られた。

 

注文してからすぐにThink Pad E585が届く

 

注文したのは8日で、このモデルは決済後から1-2日で発送と書いてあったから、すぐ届くかなと思っていたんだ。でも、お届けメールに書かれてあったのは12日だったんだよね。

でもこういうお届けメールって当てにならない場合が多い。大体の場合はすぐ届く。

配達業者のサイトを見たほうが確実なのでそっちの方を見ていると、10日には家に届いた。

 

ThinkPad E585の内容物と外観

中身は、本体に充電アダプタ、説明書だけ。この充電アダプタがUSB-TypeCだったんだよね。

これが地味に便利で、このUSB-TypeCの充電アダプタでスマホも充電できるし、なにより充電速度が上がるんだ。

 

 

届いたthinkpadはこんな感じ。厚さは確かにあるんだけど、リュックに入れてしまえば一応持ち運びは可能。

ぶっちゃけ持ち運びには向いていない。重い。毎日運ぶような大学生には向かないかも。

 

 

前に買った中華ノートパソコンは端子類があまり多くなかったんだけど、さすがThink Padって感じだ。

今のMacbookなんて、USB-TypeC(thunderboltだっけ?)が2スロットだけだもんね。

あと、質感がよくて耐久性があるって印象。落としても壊れなそう。

ThinkPad E585の性能と使用感

製品シリーズ ThinkPad E585
初期導入済OS Windows 10 Home 64bit (日本語版)
稼動確認OS  Think製品稼働確認OS一覧
プロセッサー AMD Ryzen 5 2500U APU
その他のセキュリティー機能 パワーオン パスワード、ハードディスク パスワード、セキュリティー キーホール、スーパーバイザー パスワード
指紋センサー なし
主記憶(RAM)容量 (標準/最大) 8GB(4GBx2)(PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM) / 32GB
主記憶(RAM)スロット数(空スロット数) 2(空 0)
補助記憶装置(内蔵)|HDD/SSD 256GB ソリッドステートドライブ (M.2 PCIe NVMe, OPAL2.0)
ディスプレイ|ディスプレイサイズ(ドット・発色) LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶 (1920×1080ドット、1,677万色以上、16:9) 、光沢なし – アルミニウム ブラック
ビデオ・チップ AMD Radeon™ Vega8 グラフィックス
外部ディスプレイ出力|デジタル接続時(ドット・発色) 最大 4096×2160ドット、1677万色(HDMI接続時)/最大 3840×2160ドット、1677万色(USB Type-C接続時)
USBポート (Type-C USB3.1 ) Type-C USB3.1 x 1 (Video-out 機能付き)
USBポート (Type-A USB3.0 ) USB3.0 x 2 (内、Powered USBx1)
USBポート (Type-A USB2.0) USB2.0 x 1
Bluetooth※2 Bluetooth v4.2
内蔵カメラ カメラ(HD 720p対応)
メモリーカードスロット microSDメディアカードリーダー
キーボード 日本語キーボード(数値キーパッド付)
本体寸法 (W×D×H)mm 約 369x252x19.95mm アルミニウム
本体質量(バッテリー・パックを含む) 約 2.1kg
使用時間(JEITA2.0) R3 2200Uの場合 約 7.9時間;
R5 2500Uの場合 約 8.7時間;
R7 2700Uの場合 約 9.8時間;
ACアダプター|質量 本体:約 170g コード:約 60g

ThinkPad E585の動作は快適。問題ない

CPUにRyzen5 2500U、メモリ8GB、SSD256GB搭載しているから、動作はサクサクしている。

複数のソフトを起動させても重くなることもないし、動画編集もエフェクトを多用しなければいける。

このPCはブログ執筆用として購入したんだけど、何も不自由なく使っている。

ThinkPad E585はゲームもいける。(重すぎるゲームは無理。)

僕がやりたかったMinecraftに関してはまじでヌルヌルサクサクでプレイできる。

マグマの地形は意外と重いんだけど、初期設定+マグマの状態で60fpsくらい出ていた。これなら快適にプレイできるだろう。

ただ、MOD導入するとたぶん重くなるから設定を下げないとダメ。

影MODなら設定をかなり下げればたぶん30fpsは出る。ただ、そんな環境でプレイして楽しいか?って話。

 

 

設定を下げるとかなりfpsは上がるが、初期状態のままでも快適だから、無理に下げる必要はない。

Minecraftを限界まで楽しみたいならもう少しスペックのいいものを買った方が幸せになるけど。

 

ドラクエ10に関しては「最高品質」「1980×1080」「フルスクリーン」で「快適」の判定が出た。6万以下のノートPCで快適にドラクエ10がプレイできるのはすごいと思うんだけど、どうかな。

Ryzen5 2500Uの性能はこんな感じ。

少なくても以前僕が使っていたceleron搭載のノートパソコンとは比べ物にならないくらい性能が高いあらゆる動作に対して、ワンテンポ遅れることがないから、パソコンを使うのが楽しくなるんだ。

 

[st-mybutton url=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1619043&p_id=1079&pc_id=1563&pl_id=16213&guid=ON” title=”Lenovo公式サイトでノートPCを探す” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

 

Think Pad E585のキーボードは打ちやすい。

僕がthinkpadに決めた理由がこれ。僕がノートPCを買う際の基準の一つに、タイピングのしやすさがあげられるんだけど、Think Pad E585は見事にそれをクリアしてくれる。

適度な押し込みの深さ、タイプ音、このキーボードに勝てるノートPCってそこまでない気がする。

気になるのは中央にあるトラックポインタや分離しているタッチパッド。なるべく手を離さなくてもタイピングができるように設計されているんだけど、これはあまり使わないかな。

実際にヨドバシに行って他のメーカーのパソコンを触ってみたけど、僕的には一番thinkpadが打ちやすかった。やっぱりノートPCは実際に触ってから買うことをお勧めする。

 

Think Pad E585のバッテリーはそこまで良くない。

Ryzenシリーズのバッテリーはintel製CPUと違って消費が激しいので長時間は持たない。

カタログには8時間持つと書いてあるけど、実際はそんなことはなく、5時間くらいがいいところだ。

これのCore i モデルだったらもっと電池持ちは良いだろう。Ryzen頑張ってくれ。

僕の使い方だと、ブログ執筆と軽いゲーム、WEBブラウジングとか動画鑑賞くらいだから問題ない。あまり持ち運びしないしね。

Think Padの外観はクールでかっこいいが、一つ難あり

thinkpadの外観って結構かっこいいと思う。黒ベースのマットな質感に加え、さりげない「Think Pad」のロゴ。シンプルで、安っぽさがないのがいいよね。

でも一つ欠点があって、手の油とかが付きやすい。べたべた触っていると結構汚くなる。

thinkpadって耐久性に優れたパソコンだし、欠点なくね?って思うけど、意外なとこに落とし穴があった。

追記:売りました。

ThinkPad E585はよくできたパソコンなんだけど、15インチのサイズは持ち運ぶのにちょっと不便だった。

持ち運べないことはないんだけど、カフェで作業するとなるとデカいからスペースを圧迫してしまう。

個人的には15インチの大画面はあまりいらなくて、それよりサイズの小さい持ち運びできるパソコンを欲していたから、MacBook Pro13インチを買ってしまった。

ってなわけでお役御免になったThinkPad E585は売ってしまった。

 

ThinkPad E585は58000円の割にはスペック高すぎ。

この値段でこのスペックで58000円で買えるってなかなかないと思う。下の画像はアマゾンで売っている60000円以下のパソコンなんだけど、

あきらかにスペックがおかしいよね。HDDだし、なんか見るからに安っぽいし、なによりメーカー名が書いていない!!

 

明らかに貧弱なスペックなんだけど、パソコンを買うのに慣れていない人は意外とこういうノートPCを買ってしまうんだよね。情弱狩りのノートPCを買うのはまじでやめておいたほうがいい。

Think Pad E585は5.8万円で買えるノートPCとしてはコスパがかなり高いと思う。ある程度のゲームもできるし、処理能力も高い。

それで6万円以下で買えるってのはかなり魅力的なポイントだよね。

低予算で割といい性能のノートPCを探している人にとってはかなりいい選択肢になるに違いない。

[st-mybutton url=”//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1619043&p_id=1079&pc_id=1563&pl_id=16213&guid=ON” title=”ThinkPad E585の購入はこちらから” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]