Audio PC

【TaoTronics TT-SK028レビュー】評判最高の3000円台のサウンドバー

PCやTVで動画・音楽を楽しみたいときは、良いスピーカーを使って音を聞くのが最高だったりします。

ただ、スピーカーといっても多くの商品があり、どれがいいかよくわからない人が多かったりします。

そこで、僕はバータイプのスピーカー、「サウンドバー」タイプのものをオススメしたいです。

今回紹介するTaoTronics TT-SK028は、最大6Wというちょうどいい出力を備え、スリムタイプのBluetooth & AUX接続対応という特徴を持った、値段の安いサウンドバーです。

今のスピーカーより、ワンランク上の音を安価で楽しみたい人に超オススメできる商品だったりします。早速、TaoTronics TT-SK028をレビューしていきます。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

TaoTronics TT-SK028の特徴

  • 合計6W出力の「フルレンジスピーカー」2基と、低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を2基搭載し、さらに高音域再生の「ツイーター」を2基搭載
  • Bluetooth接続対応 & AUX接続
  • ボタン一つでコントロール可能
  • 意外とコンパクト。
  • Taotronicsは信頼できる中華メーカー
  • Amazonで3699円で買える(8/7現在)

 

とまあ、簡潔にまとめるとこんな特徴があげられます。

実際、スピーカーのレビューって文字の場合だと、なかなか伝えるのが難しかったりするのですが、頑張ってみます。。。。

一つずつ見ていきましょうか。

 

TaoTronics TT-SK028の音に関して。

 

やはり、何よりも重要なのは音だったりするので、実際試してみた感想を赤裸々に語っていきます。

TaoTronics TT-SK028は、6つのユニットから成る高音質という謳い文句で売られているのですが、フルレンジスピーカー」2基、高音域用のツイーターと低音増強用のパッシブラジエーターを2基ずつ搭載しています。

何やらすごそうな感じがプンプンしますが、実際聴いてみると、結構低音がしっかり響いてきて高音は鮮明に聴こえて、臨場感がとてもあるなという感じでした。

音も妙な強調がなく、適度に重みがあるため、全体的にバランスの良さを感じるサウンドが印象的です。

 

 

ただ、所詮3000円台のスピーカーなので、低音が若干こもり気味というか、ボーカルの声なんかは高いスピーカーに比べると聞き取りずらい感じがします

音の広がりや臨場感は結構すごいので、MARVEL映画(アベンジャーズ・エンドゲーム)のアクションシーンなんかだと、めちゃくちゃ迫力のある音を出してくれるんですよね。

いやあ、これの前に使っていたJBLのスピーカーに負けない音が3000円台で手に入るとは思いませんでした。

 


 

TaoTronics TT-SK028はBluetooth接続対応 & AUX接続

 

TaoTronics TT-SK028は、有線(AUX)接続とBluetooth 5.0のワイヤレス接続に対応し、ボリュームノブの2回押しで切り替え可能なサウンドバーです。

USBケーブルが本体に埋め込まれているので、それをPCやACアダプタにぶっ刺して給電します。

その次に、有線か無線かで接続するのですが、僕は有線を選びました。というか、僕のデスクトップPCにはBluetoothチップを搭載していないので、有線オンリーなんですよね。

 

 

最初からケーブルは同梱されているので、追加で用意する必要はありません。地味にうれしいですよね。

有線の場合はこいつをスピーカーとPCにぶっ刺せば終わりです。

Bluetoothに関しては、本体のボリュームコントロールを二回押して、ペアリングモードに入り、接続機器側から選べばOKです。

有線で接続しておけば、一々ペアリングしたりしなくてよかったりするので、PCやTVで使う際は有線の方がいいと思っていたりします。

 


 

TaoTronics TT-SK028はボタン一つでコントロール可能

 

TaoTronics TT-SK028の操作はすべてこのダイアル?だけで完結してしまいます。

 

  • 1回押す  再生 / 一時停止 / 受話 / 終話
  • 2回押す  Bluetoothモードのオンオフ
  • 時計回し / 反時計回し  音量+ / –
  • 1秒押す  着信拒否

 

って感じなので、操作がかなり快適だったりします。それ以外のボタンとかもないので、覚えることが少なく済みます。

スピーカー起動時にはダイアル?の部分が青く光るので、起動してるのかしていないのかの確認ができます。

 

TaoTronics TT-SK028は意外とコンパクト。

 

サイズは幅42 x 高さ7.3 x 奥行き6.0cmであり、バータイプとしてはコンパクトな部類に入ります。

僕が今まで使っていた「JBL Flip2」よりはだいぶでかいですが、モニター下にすんなり収まるサイズだったりします。

モニター下においておけば、そこまで面積を取らなかったりするので、そこがバータイプのメリットだったり。

 

Taotronicsは信頼できる中華メーカー

 

Taotronicsは、イヤホンやデスクライト、スピーカーなどを作っている中華メーカーで、ここ最近で評価され始めている印象ですね。

Amazonで「Taotronics」と調べると、山ほどヒットするので、どんな商品があるか気になる人はサクッとチェックしてみてください。

結構品質のいい商品を出すメーカーなんですよTaotronicsって。

以前3000円台のTWSイヤホンをレビューしたんですけど、結構音もよくて、接続が切れたり遅延したりすることもなかったので半年くらい愛用していました。

 

【Soundliberty 53 レビュー】3000円台で買えるイヤホンが超有能な件

続きを見る

 

Taotronicsの商品って、多くのレビュー記事や動画が上がっているんですけど、どれも高評価なものばかりなんですよね。

価格と性能のバランスが良く、非常にコスパがいいものばかり出しているので、結構僕の中での信頼値は高いです。

中華メーカーに抵抗のある人でも、95%くらいの確率で満足できると思うので、試してみてもいいのではないでしょうか。

 

TaoTronics TT-SK028の口コミ

 

 

TaoTronics TT-SK028はAmazonで3000円台

 

クーポンを使うことで、3699円で購入することが可能です。レビューを見ても★4.5と、とてつもなく高いです。

TaoTronics TT-SK028は、軽量コンパクト設計で、置き場所を選ばず使えるBluetooth & AUX接続対応サウンドバーです。

6W出力ならびにバスパワータイプながら3千円台の格安価格ですので、サウンドバーのデビュー機にも最適だったりします。

けっこう手が出しやすい金額ですし、音質に関しても値段と釣り合っていないレベルなので、自信を持ってオススメできます。良かったらチェックしてみてください。

 


 

IIJmioのeSIMが1円で使えるらしいので、料金・速度・利点をまとめる

続きを見る

【全米No.1コメディ】ビッグバン・セオリーが面白い4つの理由【無料動画視聴アリ】

続きを見る

2020/9/21

【SOUNDPEATS Truengine 3SE レビュー】AirPods Proの2倍音質いいイヤホン

どうも、AirPods Proを生贄にしてGalaxy Z Flipをアドバンス召喚したJiyoungです。 資金難によってAirPods Proを売却した僕ですが、代わりのTWSイヤホンを探していました。 5000円くらいで音質が良くて、フィット感も悪くなさそうなやつ。結構簡単に見つかったんですよね。それが今回レビューする「SoundPeats Truengine 3SE」です。 音質もよくてフィット感も悪くなく、値段も5000円ちょっとと非常にコスパのいい商品だったりします。さっそく見ていきましょう。 ...

ReadMore

2020/9/21

【ThinkPad E585 レビュー】58000円でゲームもできるPCとかマジ?

悩む人6万以下で快適に動いて、ゲームもできるノートPCはないかしら この疑問を解消できるPCを手に入れました。それが「ThinkPad E585」だ。 一度は聞いたことがあるであろうThinkPad。E585は6万以下で買えるくせにそこそこ性能がいいんだ。 手ごろな値段でちょいスペックがいいPCが欲しい人におすすめできる神コスパPCを今回はレビューしていく。   もくじ Think Pad E585は学割込みで60000円以下注文してからすぐにThink Pad E585が届くThinkPad E585の ...

ReadMore

2020/9/27

【Coumi ANC-860 レビュー】違いの分かるノイキャン。低価格でこれは凄い

ノイズキャンセリング付きのイヤホンって軒並み価格が高い傾向にあります。 安物のイヤホンにもノイズキャンセリングがついているものもありますが、お世辞にも使い物になるレベルではなかったり。 今回レビューするCoumi ANC-860というTWSイヤホンは低価格ながらノイズキャンセリング付きという代物。 どの程度のノイキャン性能なのか?音質はどうなのか?詳しく見ていきましょう!     ポイント COUMI様より提供いただきました。ありがとうございます。   もくじ Coumi A ...

ReadMore

2020/9/27

【FreeBuds 3i レビュー】ノイキャン強めの1万円台イヤホン。【欠点2つ】

6/12日にHuaweiから発売された新型イヤホン「Huawei FreeBuds 3i」を購入した。 FreeBuds 3iは、以前に発売されたFreeBuds3の性能を少し落とし、ノイズキャンセリング能力に特化したイヤホン。 このブログでもFreeBuds 3に関する記事を書いているのでそちらも併せて読んでほしい。     今回はFreeBuds 3iの「実際に使ったリアルな感想」や「機能の紹介」などを中心にレビューしていく。   もくじ Huawei FreeBuds ...

ReadMore

2020/9/21

WF-1000XM3を2週間使ってわかったこと【装着感は微妙】

以前、こんな記事を書きました。       SONYのノイズキャンセリングイヤホン・WFー1000XM3のレビュー記事です。 2週間くらい使ってみたのですが、色々とこいつの良いところ・悪いところが見えてきました。 今回はWFー1000XM3を使ってみて感じた点を書いていこうかなと。買うか悩んでいる人の助けになれば良いです。     もくじ WF-1000XM3を2週間使ってわかったことケースは確かにでかい。だけどデメリットでは無いと思うフィット感は正直微妙 ...

ReadMore

-Audio, PC
-, ,

© 2020 秘密結社雀の涙