アプリ ガジェット

【Soundliberty 53 レビュー】3000円台で買えるイヤホンが超有能な件

Amazonで「イヤホン」って検索すると、中華イヤホンが大量に出てきたりします。

買ってみるのも面白いんだけど、やはり怖いってのが感想です。ってなわけで”ある程度”知っているメーカーの評価の高いイヤホンを買ってみました。

それがTaotronicsの「Soundliberty53」ってイヤホンです。今回は、怪しいけど気になる、そんなイヤホンを紹介していきたいと思います。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

Soundliberty 53のスペック

サイズイヤホン(片耳):H43×W18×D22mm
充電ケース:H38×W81×D28mm
重量イヤホン(片耳):約5g
充電ケース:約41g
充電用ポートmicro USB
Bluetooth規格Ver.5.0 + EDR(高音質)
対応プロファイルHFP/HSP/A2DP/AVRCP
有効接続距離最大10m
連続再生時間約6時間
(+充電ケースで約40時間)
フル充電所要時間イヤホン本体:約60分
充電ケース:約80分
対応コーデックSBC
AAC
防水性能IPX7等級
(完全防水)
付属品
  • 充電ケース
  • イヤーピース(4種類:XS/S/M/L)
  • micro USB充電ケーブル(約18.5cm)
  • 取扱説明書
  • クイックスタートガイド
保証12か月+18か月保証
(製品登録で延長)

 

Soundliberty 53の外観をチェック

外観

 

外箱こんな感じ。手のひらサイズの箱なのに、中華らしい、実にシンプルな箱って印象です。

中華メーカーの箱ってどれも似たような構造・デザインだったりします。

 

付属品

 

中身はこんな感じ。入っていたのは本体、MicroUSBケーブル、説明書、イヤーピース。

説明書はちゃんと日本語で書かれているので、わかりやすいです。とはいっても、操作方法はとても簡単だから直感的に操作できます。

イヤホン本体はこんな感じ↓。

 

イヤホンケーす

外観はマット使用で、光沢とかはないですね。光沢があるとどうしてもチープに見えてしまいがちですが、そんなことはなく、良い質感だったりします。

 

Jiyoung
え、3000円台のイヤホンにしてはええやん!

 

って思ってしまいました。

Taotronicsの製品は何回も買っているけど、良い意味で期待を裏切ってくれるんですよね。

充電ケースは適度な重さもあるし、小さいのでポケットに入れていても気づかないのもいい点だったりします。

ただ、高級感はないので、高くないイヤホン」だってのは秒で分かってしまいます。

 

※追記:小さすぎるのが仇となって紛失しました。

 

MicroUSB

 

充電はMicroUSB。本命はType-Cですが、3000円台のイヤホンについているわけがないので、ここは目をつぶります。

もっと価格の高いイヤホンだとUSB−TypeCが搭載されているのが当たり前なんです。規格全部統一してほしいんですけどね。

ちなみに、AirPodsProは30000円もするのにLightningケーブルという糞使用だったりします。

 

イヤホン本体

 

イヤホン本体です。イヤホン本体にはタッチセンサーが搭載されている。物理ボタンと違って壊れる心配はないので便利だったりします。

ここを押すことで、音量の調整や、曲の一時停止など、コントロールすることができます。感度も全然いいから特にストレスなく使うことができちゃうんです。

 

soundliberty53の特徴をまとめていく

タッチセンサー搭載

すぐ上でも記述したが、このイヤホンにはタッチセンサーが搭載してあります。

タッチセンサーの何が良いか、それは壊れないということだったりします。物理ボタンとかだと、どうしても押せなくなったりして、壊れることがあるんですよね。

そうなってしまったら一切操作ができなくなってしまうんですけど、ならそんな心配はいりません。

タッチセンサーなら壊れる心配はなく、触れるだけで良いので、耐久力も問題ありません

 

操作方法

 

ポイント

  • 音楽再生時
    • 左or右タッチボタンを2回タップ:再生/一時停止
    • 右タッチボタンを1回タップ:音量を上げる
    • 左タッチボタンを1回タップ:音量を下げる
    • 右タッチボタンを3回タップ:曲送り
    • 左タッチボタンを3回タップ:曲戻し
  • 通話時
    • 左or右タッチボタンを1回タップ:電話に出る
    • 左or右タッチボタンを2回タップ:電話を切る
    • 左or右タッチボタンを2秒間長押し:着信拒否
    • 左or右タッチボタンを4回タップ:コールバック
  • 音声認識システム
    • 左or右タッチボタンを2秒間長押し:Siriなどの音声認識システムを呼び出す

 

ちょっと嫌なポイントは、少しでも長く押すと、Siriや、音声認識システムが作動してしまって、動画や音楽が一時停止してしまう点です。

軽いタッチでも反応してしまうので、ちょっと注意が必要だったりします。

 

防水性能が強力

水滴

SoundLiberty 53の防水性能はIPX7等級の完全防水。

この前の台風の日に、このイヤホンをつけて音楽を聴きながら外に軽く出てみましたが、イヤホン本体に水が鬼のようにかかっても動作に問題はありませんでした。

多分シャワーを浴びながらでも使えたりするんじゃないですかね。

ジムとか、ランニングとかで使うイヤホンにはちょうどいいと思います。

 

ケースから取り出した瞬間にペアリング

AirPodsだと、イヤホンを取り出した瞬間にペアリングされるんですけど、Soundliberty53にもちゃんと搭載されていたりします。

初回のペアリング方法も簡単。

イヤホンをケースから取り出し、スマホ側で Bluetoothをオンにし、イヤホンの名前(Soundliberty53)が表示されるので、あとはそれをタップして接続するだけです。

それ以降はケースからイヤホンを取り出すだけで自動的に繋がるので、かなり快適だったりします。

使わなくなったらケースにいれれば自動的にオフになります。

 

装着感は良い。走っても落ちる気配なし。

見ての通り、カナル型の形状をしています。カナル型の特徴といえば、遮音性は高まるけど長時間つけていると圧迫感や痛みが生じることです。

だけど、Soundliberty53圧迫感は他のカナル型より少ないので、長時間つけていても痛くなりにくかったりします。

カナル型のおかげで外部の音が入りにくくなりますし、耳にもフィットしたりします。

3時間くらいつけていてもまだいけるな。といった感じだったので、作業用イヤホンとしても結構優秀です。

 

音質は価格相応。Androidならイコライザを使えばそれなりになる

音質はそこまでよくはないです。所詮は3000円台のイヤホンですからね。”いい音”を求めるのはお門違い。

だけど、悪くもないといった印象です。特徴身のない音で、高音をよく鳴らしてくれたり、低音が強調されているとかではないです。

フラットな音なので、低音からも中高域までのバランスもよく、癖なくマイルドな感じなのにしっかり鳴っています。

高音も刺さるような感じは無いです。それでも、しっかり鳴っている。音の広がりも申し分ないです。

 

イヤホンは充電ケースを使えば40時間使える!

電池

 

イヤホン本体は単体で最大約6時間の連続再生が可能。

バッテリーを内蔵した充電ケースで充電しながらの使用で合計最大40時間の音楽再生が可能みたいです。

通勤・通学くらいの用途なら一週間くらいもつといった感じですね。

 

Soundliberty53はクーポン適用で3000円ちょっとで買える。


 

自分が買ったときは3200円くらいで買えたんだけど、値段の変動があるみたいです。

4/18日現在では3600円。まあ普通の値段でしょう。あと、新型ウイルスの影響で届くまでの日数が延びているで、少し待つかもしれません。

 

いつのまにか新型が出ていたようです


 

最初にこの記事を書いていた時点では新型はなかったんですけど、リライト時には新型が出ていました。

何が変わったのかいまいち謎なんですけど、遅延や音飛びが改善されたみたいですね。

400円値上げされているんだけど、400円なら新型でいいと思います。

 

Soundliberty53はサブ用途・作業用としておすすめ

こんな方におすすめ

  • 作業しているときに音楽をかけて集中したい!
  • ジムやランニング時に使えるような防水の手軽なイヤホンが欲しい!
  • 雑に扱ってもいいようなサブのイヤホンが欲しい!
  • 装着感のが良い、耳が痛くなりにくいイヤホンが欲しい!
  • 左右で分かれているワイヤレスのイヤホンが欲しい!

結構べた褒めしたような感じがするんですけど、一切誇張はしていません。

3000円台のイヤホンなので「ノイズキャンセリングが糞だ!」「音質が糞だ!」「外観が安っぽい!」とかは特にマイナスポイントではないと思います。

”3000円の割には”いいイヤホンなので、手軽に使えるTWSイヤホンが欲しい方には、結構オススメできるイヤホンだったりします。

もし興味があれば、一度チェックしてみてください。


 

99%買って後悔しない、おすすめイヤホン紹介しています

【生活が変わる】おすすめワイヤレスイヤホン5選【左右独立型】

続きを見る

とりあえず、性能・音質・価格のバランスが取れているTWSイヤホンを5つピックアップしてみました。

絶対という言葉は使いたくないので、99%後悔しないといっておきます…

 

2021/2/27

【iPhone SE2 レビュー】メインは無理、サブならアリ。ホームボタン難民の救世主

ついに発売されたiPhone SE2。5万円を切っていながら、10万オーバーのハイエンドスマホ並みの性能を持つ化け物スマホです。 ただ、実際に使ってみると致命的な弱点が見つかったり、使いにくかったりしたので、メインスマホとしては使えないという結論に。 今回はiPhone SE2のレビューを書いていきたいと思います。まあ、ライトユーザーには激推しできます。     もくじ iPhone SE2のスペック(初代SEと比較)iPhone SE2の外観iPhone SE2と初代SEのサイズ感i ...

ReadMore

2021/2/25

iPhoneのシャッター音・スクショ音の消し方を解説【15分でできます】

iPhoneのシャッター音って、糞うるさいと思うのは僕だけだろうか。 別にシャッター音があってもいいとは思う。音がないと困る人だっているんだから。 だから選べるようにしてほしい。マナーモード時にはシャッター音はオフにするとか。 今回はそんなうるさいシャッター音を消す方法をサクッと解説していく。ちなみにスクショ音も消せます。     もくじ 基本的に純正アプリのシャッター音は消せないiPhoneに他社アプリを入れればシャッター音を消せるiPhone純正カメラアプリのシャッター音を消す方法 ...

ReadMore

2021/2/25

【OPPO Reno3 Aレビュー】スマホで迷ったらとりあえずコレ。【欠点一つ】

OPPO RenoAというスマホはご存じでしょうか。去年の秋に発売された「おサイフケータイ・2眼カメラ・そこそこ性能高い・DSDS」付きで3万円台の高コスパスマホ。 大人気で、楽天販売モデルは即完売しました。そんなRenoAの後継モデルがついに出たんですよね。その名も「OPPO Reno3 A」。 RenoAを以前使っていた僕はすぐ購入しました。今回はReno3 Aのレビューをお届けしていこうかなと。     ポイント 現在OCNモバイルでセールをやっており、10/23まで、OPPO ...

ReadMore

2021/2/25

【Redmi Note 9s 】高スペックのくせして2.5万はチート

Xiaomiの新製品発表会で発表されたのはRedmi K30 Pro以外にもう一つあったんです。 それはRedmi Note 9s。インド向けに発売される端末なんですけど、けっこう価格破壊されていて、コスパ高すぎ端末なんですよね。 今回はこいつのスペックを解説していきます。   ポイント 現在OCNモバイルでセールをやっており、10/23まで、Redmi Note 9sが「800円」で購入できます。 >>OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!     もく ...

ReadMore

2021/4/14

【MiniTool Partition Wizard】パーテイション管理のための超便利ソフト

Windows用PCのベンチマークやディスク使用状況の確認 パーティションの分割・結合 パーティションのコピー アライメント 抹消 アクティブ設定の変更など 本記事では、上記の機能が使えるパーティションソフト「MiniTool Partition Wizard」をご紹介します。 パーティションを触るような初心者でも扱いやすく、高機能なパーティション管理ソフトウェアなので、もし興味あれば最後まで読んでみてください。   もくじ 対応状況MiniTool Partition Wizardでできること ...

ReadMore

-アプリ, ガジェット
-, , , , ,

© 2021 秘密結社雀の涙