【Soundliberty 53 レビュー】AirPods高すぎない?これなら3000円台で買えるよ。

どうも、ガジェットブロガーのjiyoung(@yukime_jiyoung)です。

 

みなさん、イヤホンは何を使っていますか?

 

iPhoneを使っている人だったら付属イヤホンか、AirPodsの二択が多いんじゃないでしょうか。

 

でも、高くないですか?2万円くらいしますよね。耳からうどん出すのに2万は高いですよ。

 

かと言って、有名メーカー(BOSE、SONY、JBL、、、)のワイヤレスイヤホンでも普通に高いです。

 

これはAndroidユーザーも同じ悩みですよね。「とにかく安くて音質の良いイヤホンが欲しい!

 

そんな願いを叶えるイヤホンがあるんです。それが、TaoTronics Soundliberty 53というイヤホンです。

 

どんなイヤホンなのか、早速みていきましょう!

 

Soundliberty 53のスペック

サイズイヤホン(片耳):H43×W18×D22mm
充電ケース:H38×W81×D28mm
重量イヤホン(片耳):約5g
充電ケース:約41g
充電用ポートmicro USB
Bluetooth規格Ver.5.0 + EDR(高音質)
対応プロファイルHFP/HSP/A2DP/AVRCP
有効接続距離最大10m
連続再生時間約6時間
(+充電ケースで約40時間)
フル充電所要時間イヤホン本体:約60分
充電ケース:約80分
対応コーデックSBC
AAC
防水性能IPX7等級
(完全防水)
付属品
  • 充電ケース
  • イヤーピース(4種類:XS/S/M/L)
  • micro USB充電ケーブル(約18.5cm)
  • 取扱説明書
  • クイックスタートガイド
保証12か月+18か月保証
(製品登録で延長)

 

Soundliberty 53の外観をチェック

 

外観

 

外箱こんな感じ。いかにも中華製品の箱って感じですね。

 

付属品

 

中身はこんな感じ。入っていたのは本体、MicroUSBケーブル、説明書です。

説明書はちゃんと日本語で書かれているので、わかりやすかったです。

 

イヤホン本体を見てみましょう。

 

イヤホンケーす

 

外観はマット使用で、光沢とかはないです。光沢があるとどうしてもチープに見えてしまいがちですが、そんなことはなく、良い質感です。

 

充電ケースは適度な重さもあるし、小さいのでポケットに入れていても気づかないくらいです。

 

MicroUSB

 

充電はMicroUSBです。

 

もっと価格の高いイヤホンだとUSB−TypeCが搭載されているのですが、ここは価格相応。しょうがないですね。

 

イヤホン本体

 

イヤホン本体です。

 

イヤホン本体にはタッチセンサーが搭載されています。

 

ここを押すことで、音量の調整や、曲の一時停止など、コントロールすることができます。

soundliberty53の特徴

 

タッチセンサー搭載

このイヤホンにはタッチセンサーが搭載されています。

 

タッチセンサーの何が良いか、それは「壊れない」ということです。

 

物理ボタンとかだと、どうしても押せなくなったりして、壊れることがあります。

 

そうなってしまったら一切操作ができなくなってしまいます。

 

ですが、タッチセンサーなら壊れる心配はなく、触れるだけで良いので、力が入ることはないです。

 

  • 音楽再生時
    • 左or右タッチボタンを2回タップ:再生/一時停止
    • 右タッチボタンを1回タップ:音量を上げる
    • 左タッチボタンを1回タップ:音量を下げる
    • 右タッチボタンを3回タップ:曲送り
    • 左タッチボタンを3回タップ:曲戻し
  • 通話時
    • 左or右タッチボタンを1回タップ:電話に出る
    • 左or右タッチボタンを2回タップ:電話を切る
    • 左or右タッチボタンを2秒間長押し:着信拒否
    • 左or右タッチボタンを4回タップ:コールバック
  • 音声認識システム
    • 左or右タッチボタンを2秒間長押し:Siriなどの音声認識システムを呼び出す

 

ちょっと嫌なポイントは、少しでも長く押すと、Siriや、音声認識システムが作動してしまって、動画や音楽が一時停止してしまう点です。

 

軽いタッチでも反応してしまうので、ちょっと注意意が必要です。

 

防水性能が強力

水滴

 

SoundLiberty 53の防水性能はIPX7等級の完全防水。

 

この前の台風の日に、このイヤホンをつけて音楽を聴きながら外に軽く出てみましたが、イヤホン本体に水が鬼のようにかかっても動作に問題はありませんでした。

 

多分シャワーを浴びながらでも使えると思います。そんなことはしませんが。

 

ケースから取り出した瞬間にペアリング

AirPodsだと、イヤホンを取り出した瞬間にペアリングされますが、ちゃんとこのイヤホンにも搭載されています。

 

初回のペアリング方法も簡単です。

 

イヤホンをケースから取り出し、スマホ側で Bluetoothをオンにし、イヤホンの名前(Soundliberty53)が表示されるので、あとはそれをタップして接続するだけです。

 

それ以降はケースからイヤホンを取り出すだけで自動的に繋がるので、かなり快適ですね。

 

使わなくなったらケースにいれれば自動的にオフになります。

 

音質もGood。

ギターアンプ

 

3000円台のイヤホンのわりには良い音出してくれます。

 

前に、同じメーカーのBluetoothイヤホンを買ったのですが、そちらも満足いく音でした。

 

 

そちらのイヤホンは今買うと四千円くらいのイヤホンですが、同じくらい良い音なんですよね。

 

低音からも中高域までのバランスもよく、癖なくマイルドな感じなのにしっかり鳴ってます。

 

高音も刺さるような感じは無いです。それでも、しっかり鳴ってます。音の広がりも申し分ないです。

 

これが3000円で手に入るならかなりぶっ壊れているなと思います。

 

イヤホンは充電ケースを使えば40時間使える!

電池

 

イヤホン本体は単体で最大約6時間の連続再生が可能。

 

バッテリーを内蔵した充電ケースで充電しながらの使用で合計最大40時間の音楽再生が可能です。

 

電池切れの心配なく、いつでもどこでも音楽を楽しめます。

 

前に使っていたPioneerの8000円くらいするイヤホンは、充電ケースを使っても40時間以下しか持ちませんでしたが、このSoundliberty 53の方がバッテリーの持ちはいいです。

 

 

個人的には充電するのを結構忘れてしまって、出かけた先で音楽が聴けないっていうことがよく起こりましたが、そう言ったことは少しなくなりそう。

 

逆にもっと充電するのを忘れてしまいそうになるかも、、ってのは置いておきましょう。

 

クーポン適用で3000円ちょっとで買えます!

商品ページ

 

※すみません。僕が買った時は3100円だったのですが、値上がりしてますね。

 

上の画像に、「800円オフのクーポンがあります」と書かれていますよね。

 

それを適応した状態でレジに行くと、適応された状態の価格で買うことができます。3700円くらいですかね。

 

やっぱり人気の商品なので、すぐ値上がりするのかな??

 

まとめ

 

めちゃくちゃいいイヤホンですよね。完全ワイヤレスなので、ストレスなく使うことができます。

 

ジムや、ランニングの時にめちゃくちゃ役に立ちます。コードが無いってすごく便利ですよ。頭を動かしても取れません。

 

値段も3700円くらいなので、そこまで抵抗なく買えるかなと。僕が買った時は3100円くらいで、それから4日くらいしか経っていないのに、もう値上げされてるくらいですから、相当人気な商品です。

 

さらなる値上げがされる前に、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?きっと気にいると思いますよ。

 

過去のイヤホンレビュー記事

秘密結社雀の涙

また安物買いの銭失いを発動してしまいました。今回はイヤホンを買って失敗したお話です。…