【Redmi K20Pro】iPhoneXより高性能なAndroidスマホ【特徴まとめ】

どうも、ガジェットブロガーのjiyoung(@yukime_jiyoung)です。

 

Xiaomiから、新しくRedmi K20/K20 Proが発表されました。スペックを見てみると、完全にぶっ壊れ。

 

ぶっちゃけ最新のiPhoneと変わらないスペックのスマホです。しかもそれで5万円以下。半分以下の値段で買えちゃいます。

 

 

今回はそんな価格崩壊スマホK20/K20 Proを紹介していきたいと思います。

Redmi K20/K20proのスペック

 

基本
情報
製品名Xiaomi Redmi K20 ProXiaomi Redmi K20
発売日2019年6月1日2019年6月6日
OSAndroid 9.0Android 9.0
Antutu約388,000点約218,000点
デザイン
本体サイズ74.3 x 156.7 x 8.8 mm74.3 x 156.7 x 8.8 mm
┣ 重量191 g191 g
┣ 材質Glass, PlasticGlass, Plastic
┗ カラーブラック
ブルー
レッド
ブラック
ブルー
レッド
画面サイズ6.39インチ6.39インチ
┣ 解像度1080 x 2340 px1080 x 2340 px
┗ 比率19.5 : 919.5 : 9
ハードウェア
CPUQualcomm Snapdragon 855Qualcomm Snapdragon 730
┣ 周波数1×2.84 GHz Kryo 485 + 3×2.4 GHz Kryo 485 + 4×1.8 GHz Kryo 4852×2.2 GHz Kryo 470 + 6×1.8 GHz Kryo 470
┗ コア数8コア8コア
GPUQualcomm Adreno 640QUalcomm Adreno 618
RAM6GB
8GB
6GB
8GB
ROM64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
認証センサー画面指紋認証画面指紋認証
USBタイプUSB CUSB C
microSDスロットなしなし
3.5mm Jack搭載搭載
カメラ
アウトカメラ4800万画素(Sony IMX586)
800万画素(光学2倍)
1300万画素(FOV124.8度)
4800万画素(Sony IMX582)
800万画素(光学2倍)
1300万画素(FOV124.8度)
インカメラ2000万画素2000万画素
通信
対応バンド4G LTE
B1 (2100), B3 (1800), B5 (850), B7 (2600), B8 (900), B34 (TDD 2100), B38 (TDD 2600), B39 (TDD 1900), B40 (TDD 2300), B41 (TDD 2500)
3G
B1 (2100), B2 (1900), B5 (850), B8 (900), B34 (TD 2000), B39 (TD 1900+)
2G
CDMA2000 1X, CDMA BC0 (800), B2 (1900), B3 (1800), B5 (850), B8 (900)
4G LTE
B1 (2100), B3 (1800), B5 (850), B7 (2600), B8 (900), B34 (TDD 2100), B38 (TDD 2600), B39 (TDD 1900), B40 (TDD 2300), B41 (TDD 2500)
3G
B1 (2100), B2 (1900), B5 (850), B8 (900), B34 (TD 2000), B39 (TD 1900+)
2G
CDMA2000 1X, CDMA BC0 (800), B2 (1900), B3 (1800), B5 (850), B8 (900)
┗ SIMタイプNano SIM
Nano SIM
Nano SIM
Nano SIM
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.05.0
GPSA-GPS
Beidou
Galileo
GLONASS
GPS
A-GPS
Beidou
Galileo
GLONASS
GPS
バッテリー
バッテリー容量4000mAh4000mAh
急速充電Fast Charge 27W
Qualcomm Quick Charge 4+
18W fast charge
その他
付属品  
その他特徴Always-On Display
Gorilla Glass 5
AMOLEDディスプレイ
Always-On DisplayGorilla Glass 5
AMOLEDディスプレイ
価格6GB,64GB:2499元(約3万9000円)
6GB,128GB:2599元(約4万1000円)
8GB,128GB:2799(約4万4000円)
8GB,256GB:2999元(約4万7000円)
6GB,64GB:1999元(約3万1000円)
6GB,128GB:2099元(約3万300

 

Redmi K20/20Proの特徴

前面ディスプレイ

K20シリーズは2モデルともポップアップ式のインカメラを搭載しているので前面フルディスプレイとなっています。

iPhone Xはノッチがあるのでいまいちデザイン的には微妙ですがこのスマホはノッチがないので迫力のあるコンテンツを楽しむことができます。

 

SOC

 

K20Proには 現時点で最上位のSoCであるSnapdragon855を搭載しています。

 

Antutuスコアは驚異の38万点台なのでどんなに重いゲームでもサクサクプレイできるでしょう。なにも困ることがない性能です。下位モデルのK20にはSnapdragon730を搭載。

 

こちらは発売されたばかりの最新ミドルハイエンドSoCで、Antutuスコアは約210,000となっています。

 

これは2世代前の最上位SoCであるSnapdragon835とほぼ同じスコア。

 

用途を選ばずに使え、場合によってはオーバースペックの十二分に実用的な性能。普段使いで困ることはないでしょう。

カメラ性能はかなり高い。トリプルカメラは伊達じゃない。

 

カメラはK20、K20Pro双方トリプルカメラとなっています。 この安い値段でカメラぐらいはスペックを落としてくるのかなと思いましたがそんなことはなかったようです。

 

メインカメラはSonyの最新センサーのIMX586を搭載しており、48MP撮影に対応した超高性能カメラとなっています。

 

ただ、暗闇には少し弱いようです。

 

 

バッテリー性能

K20、K20Pro共に4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。充電規格で差別化がされており、K20は18Wまでの充電に対応。

 

K20Proは27Wという超高速充電に対応しています。

 

最近のハイエンドスマホは大容量のバッテリーを積んでいるモデルが多くなってきましたがこのスマホもちゃんと積んでいるようです。

ディスプレイ内指紋認証

MI9にも搭載してあった画面内指紋認証がK20シリーズにも搭載されています。

 

MI9の指紋認証よりも世代が新しいのでより精度や速度が上がっています。

 

対応バンド

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE端末ドコモauSoftbank
Ymobile
おすすめ度 X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応 
Band 8
900MHz
対応  
Band 11
1500MHz
   
Band 18
800MHz
   
Band 19
800MHz
   
Band 21
1500MHz
   
Band 26
800MHz
  ⚫※1 
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応 
▼3G ドコモauSoftbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応 
Band6
800MHz
   
Band 8
900MHz
対応  
Band9
1700MHz
  
Band 11
1500MHz
   
Band 19
800MHz
   
CDMA2000
BC0
対応 ⚫※2 

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

TwitterでのRedmi K20/K20Proの声

 

 

 

 

Redmi K20/20Proまとめ

まさに価格破壊スマホですね。

 

これだけのスペックで5万円以内で買えるなんて意味が分かりません。正直下位モデルのK20でも十分高スペックなのでコスパ重視ならこちらを買ったほうがいいかもしれません。

 

docomo回線は山奥ではつながりにくいのでそこは注意ですね。softbankなら全然問題ないのでおすすめです。

 

iPhoneに高い金出すよりK20を買って安く高スペックスマホを買ったほうが賢い選択になるかもしれませんよ。