Android iPhone

【Redmi K20Pro スペックまとめ】3.9万円でiPhoneX並みの性能のスマホ

Xiaomiから新スマホRedmi K20/K20 Proが発表された。

はっきり言って、どうしてこのスペックでこの値段で売れるんだろうって思ったくらい、性能と値段が釣り合ってない。

iPhoneXに匹敵するくらいの性能をもっていながら、値段は3.9万円で買えるんだよね。

 

 

今回はそんな価格崩壊スマホK20/K20 Proを紹介していきたいと思う。

Redmi K20/K20proのスペック

 

基本
情報
製品名 Xiaomi Redmi K20 Pro Xiaomi Redmi K20
発売日 2019年6月1日 2019年6月6日
OS Android 9.0 Android 9.0
Antutu 約388,000点 約218,000点
デザイン
本体サイズ 74.3 x 156.7 x 8.8 mm 74.3 x 156.7 x 8.8 mm
┣ 重量 191 g 191 g
┣ 材質 Glass, Plastic Glass, Plastic
┗ カラー ブラック
ブルー
レッド
ブラック
ブルー
レッド
画面サイズ 6.39インチ 6.39インチ
┣ 解像度 1080 x 2340 px 1080 x 2340 px
┗ 比率 19.5 : 9 19.5 : 9
ハードウェア
CPU Qualcomm Snapdragon 855 Qualcomm Snapdragon 730
┣ 周波数 1×2.84 GHz Kryo 485 + 3×2.4 GHz Kryo 485 + 4×1.8 GHz Kryo 485 2×2.2 GHz Kryo 470 + 6×1.8 GHz Kryo 470
┗ コア数 8コア 8コア
GPU Qualcomm Adreno 640 QUalcomm Adreno 618
RAM 6GB
8GB
6GB
8GB
ROM 64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
認証センサー 画面指紋認証 画面指紋認証
USBタイプ USB C USB C
microSDスロット なし なし
3.5mm Jack 搭載 搭載
カメラ
アウトカメラ 4800万画素(Sony IMX586)
800万画素(光学2倍)
1300万画素(FOV124.8度)
4800万画素(Sony IMX582)
800万画素(光学2倍)
1300万画素(FOV124.8度)
インカメラ 2000万画素 2000万画素
通信
対応バンド 4G LTE
B1 (2100), B3 (1800), B5 (850), B7 (2600), B8 (900), B34 (TDD 2100), B38 (TDD 2600), B39 (TDD 1900), B40 (TDD 2300), B41 (TDD 2500)
3G
B1 (2100), B2 (1900), B5 (850), B8 (900), B34 (TD 2000), B39 (TD 1900+)
2G
CDMA2000 1X, CDMA BC0 (800), B2 (1900), B3 (1800), B5 (850), B8 (900)
4G LTE
B1 (2100), B3 (1800), B5 (850), B7 (2600), B8 (900), B34 (TDD 2100), B38 (TDD 2600), B39 (TDD 1900), B40 (TDD 2300), B41 (TDD 2500)
3G
B1 (2100), B2 (1900), B5 (850), B8 (900), B34 (TD 2000), B39 (TD 1900+)
2G
CDMA2000 1X, CDMA BC0 (800), B2 (1900), B3 (1800), B5 (850), B8 (900)
┗ SIMタイプ Nano SIM
Nano SIM
Nano SIM
Nano SIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0
GPS A-GPS
Beidou
Galileo
GLONASS
GPS
A-GPS
Beidou
Galileo
GLONASS
GPS
バッテリー
バッテリー容量 4000mAh 4000mAh
急速充電 Fast Charge 27W
Qualcomm Quick Charge 4+
18W fast charge
その他
付属品    
その他特徴 Always-On Display
Gorilla Glass 5
AMOLEDディスプレイ
Always-On DisplayGorilla Glass 5
AMOLEDディスプレイ
価格 6GB,64GB:2499元(約3万9000円)
6GB,128GB:2599元(約4万1000円)
8GB,128GB:2799(約4万4000円)
8GB,256GB:2999元(約4万7000円)
6GB,64GB:1999元(約3万1000円)
6GB,128GB:2099元(約3万300

 

Redmi K20/20Proの特徴

 

前面フルディスプレイ

K20シリーズは2モデルともポップアップ式のインカメラを搭載しているから、前面フルディスプレイとなっている。

iPhone Xはノッチがあるのでいまいちデザイン的には微妙なんだけど、このスマホはノッチがないぶん大きい画面をフルに活用できるから迫力あるコンテンツを体験できる。

 

 

ポップアップカメラは落下を検知すると自動で収納される仕組みになってるってのも面白いポイント。

 

SOCにはSnapdragon855を搭載

 

K20Proには 現時点で最上位のSoCであるSnapdragon855を搭載されている。

Antutuスコアは驚異の38万点台なのでどんなに重いゲームでもサクサクプレイ可能。なにも困ることがない性能といえるだろう

 

ちなみに、下位モデルのK20にはSnapdragon730を搭載。

こちらは発売されたばかりの最新ミドルハイエンドSoCで、Antutuスコアは約210,000となっているが、十分なスコアと言っていいだろう。

これは2世代前の最上位SoCであるSnapdragon835とほぼ同じスコア。

 

用途を選ばずに使え、場合によってはオーバースペックの十二分に実用的な性能。普段使いで困ることはないし、ゲームも問題なく動作してくれる。

 

カメラ性能はかなり高い。トリプルカメラは伊達じゃない。

 

カメラはK20、K20Pro双方トリプルカメラとなっている。 この安い値段でカメラぐらいはスペックを落としてくるのかなと思ったけど、さすがXiaomiといったところかな。

メインカメラはSonyの最新センサーのIMX586を搭載しており、48MP撮影に対応した超高性能カメラとなっている。

ただ、暗闇には少し弱いみたい。

 

 

バッテリー性能

 

K20、K20Pro共に4000mAhの大容量バッテリーを搭載。充電規格で差別化がされており、K20は18Wまでの充電に対応。

K20Proは27Wという超高速充電に対応している。

最近のハイエンドスマホは大容量のバッテリーを積んでいるモデルが多くなってきたけど、このスマホもちゃんと積んでいるみたいだね。

4000mAh積んでいるスマホなら2日は持つ印象。SoCの性能が上がるにつれて省電力化されているから、K20 Proのバッテリーは結構持つと思われる。

 

欠点:ワイヤレス充電には非対応

K20 Pro/K20は、流行りの無接点充電には対応していない。

置くだけで簡単に充電できるワイヤレス充電はかなり便利だから、これに対応していないのはちょっと痛い。

 

ディスプレイ内指紋認証

MI9にも搭載してあった画面内指紋認証がK20シリーズにも搭載。

MI9の指紋認証よりも世代が新しいのでより精度や速度が上がっている。

個人的には画面内指紋認証って、iPhoneのホームボタンみたいにスマホを持ち上げる必要がないから手軽でうれしいんだけど、ちょっと傾けると失敗することがあるから、そこまで好きじゃない。。。

 

K20/K20 Proの対応バンド

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
     
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
対応   ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

TwitterでのRedmi K20/K20Proの声

 

 

 

 

Redmi K20/20Proまとめ

ここまでK20 Pro/ K20のスペックを簡単に紹介してきたんだけど、これで39000円で買えるっておかしいよね。

日本メーカーが出したら6~7万はいきそう。もっと行くかも。

Snapdragon855/6ギガメモリ/64ギガストレージを積んだ高コスパスマホ Redmi K20Pro、ぜひチェックしてみてほしい。

 

 

おすすめ記事

月々の通信料を抑えたいならNomad Simがおすすめ。月3600円で100GB使える。Redmi K20Pro/K20と組み合わせて使えば、スマホ料金を安く済ませることができきる。

 

[blogcard url="https://yukimejiyoung.com/nomad-sim/"]

iPhone

2020/4/24

【悲報】iPhone SE2にがっかりした話【一個人の意見です】

4/17に新型iPhoneSEが予約開始された。Twitter上では大賑わいだった。 もちろん、ちゃんと予約してある。まあレビュー用に買っただけだから、終わったら売るけど。 4万円台で最強スペック。ちょっとロマンあるけど、個人的にはがっかりした。 今回はそれについて軽く書いていきたい。     もくじ iPhone SE2のスペックiPhone SE2に搭載されているA13チップはiPhone11と同じバッテリー容量はiPhone8とほぼ同じだけど電池持ちはSE2の方がいいiPhone ...

ReadMore

Audio

2020/7/8

AirPods Proを安く買う方法【新品2.5万円切ってる】

AirPods Proは、以前だと全然手に入らなくて、メルカリなどで転売ヤーから手に入れるのが手っ取り早い方法だった。 しかし、今ではアマゾンでも在庫が復活してるし、Appleストアで購入してもすぐ届いてしまう。 ただ、値段が高い。税込みで30000円を超えてしまうから、ちょっと買うのを躊躇してしまいがち。 だけど、自分は24000円強でAirPods Proを手に入れることができた。もちろん新品。今回はその方法を書いていきたい。     もくじ AirPods Proは高すぎAirP ...

ReadMore

Audio

2020/7/8

【WH-1000XM3 レビュー・評価】2.7万円で最高の無音体験

3月の中旬に海外旅行へ行く予定なんだけど、初めての海外旅行だから正直ワクワクと心配って気持ちがある。 飛行機の中はうるさいって意見をよく見かけるから、「ノイズキャンセリングのヘッドホンが欲しいなぁ」って思って、いろいろ探していた。 SONYのWH-1000XM3が最強っていう噂を聞いて調べてみたんだけど、3.3万円もするんだよね。高すぎ。 でも、Amazonで中古・ほぼ新品みたいな状態で2.7万円で購入することができたから、今回はWH-1000XM3をレビューしていきたいと思う。   &nbsp ...

ReadMore

不良品

Android

2020/7/19

【悲報】Oppo RenoAのケースを買ったら”詐欺商品”でした。

僕が今使っているスマホは、OppoというメーカーのRenoAというモデルです。 Oppo RenoAといえば、3万円台でFelica搭載、高性能という高コスパスマホです。詳しくは前に書いたレビュー記事で紹介しているのでそちらをみてください。     RenoAはまだリリースされて一ヶ月くらいしか経っていない機種なので、ケースの選択肢がほぼありません。 楽天モバイルからリリースされているので、楽天市場だと多少売っています。 楽天市場で売っているケースはだいたいが手帳型ケースなので、それ以 ...

ReadMore

Android アプリ

2020/7/4

【Smart Launcher】周りと差をつけるホーム画面にするならこれ一択!!

どうもjiyoungです。   Androidの人なら自分の気に入ったランチャーで画面をカスタマイズしたりしますよね?   リンゴマークの形態を使っている人はみんな同じホーム画面なので、デザインを変えるとか、できませんよね!!   Androidはそんなことはなく、デザインのいいランチャーアプリがたくさんあるんです!ランチャーを変えることで手軽にUIを変更できます。   今回は僕がずっと使い続けている「smart launcher」を紹介していくので、試してみてくだ ...

ReadMore

-Android, iPhone
-

© 2020 秘密結社雀の涙