【まだ契約してないの?】YouTubeプレミアムをVPN経由で月130円で使う方法

続きを見る

スマホ

POCO F4 GTスペックまとめ。超コスパのゲーミングスマホ

Xiaomiのサブブランドである「POCO」から、新型ゲーミングスマホ「POCO F4 GT」が発表された。

本記事では大まかな特徴や、スペックについてまとめていく。買う際の参考になれば幸いだ。

POCO F4 GTはこんなスマホ

  • Redmi K50 Gaming Editionのグローバルモデル
  • 冷却システムLiquid Technology3.0を搭載
  • 4700mAhバッテリー
  • 120W急速充電
  • Snapdragon 8 Gen 1
  • プレセール時、6.1万円で購入可能

POCO F4 GTの特徴

Snapdragon 8 Gen 1搭載

フラッグシップモデルにも搭載されている「Snapdragon 8 Gen 1」が搭載されている。

Antutuベンチマークスコアは驚異の100万点超え。現状は最高クラスの性能を持っているのだ。

メモリは8GB / 12GBで、ストレージは128GB / 256GB。LPDDR5メモリ、UFS 3.1ストレージに対応している。

独自の冷却システムを搭載

冷却システム「LiquidCool Technology3.0」を搭載している。

かなりサイズが大きいので、端末全体を冷やすことが可能で、長時間のゲームプレイには非常に心強い存在だ。

Mobile Legends Bang Bangを120fpsモードで2時間プレイした際の平均フレームレートが119.5fps、最高端末温度が44.2℃ということで、期待は持てそう。

120Hz対応。6.67インチAMOLEDディスプレイ

最大120Hzのリフレッシュレートに対応する6.67インチAMOLEDディスプレイ(2400×1080)を搭載。

タッチサンプリングレートは480Hz、10bitカラーと、ディスプレイ性能は申し分なし。

国際的に権威のあるディスプレイ認証「DisplayMate A+」評価を獲得しており、手を抜いていないのがわかる。

120W急速充電%4700mAhバッテリー

このPOCO F4 GT、0%から充電開始するとわずか17分で満充電されてしまう。

ゲームしながら充電していても25分程度で満充電できるので、長い時間のプレイも問題なし。

バッテリーの劣化が懸念されるが、53の安全技術を組み合わせ、テュフ・ラインランドの安全認証も取得。さらに夜間の充電最適化機能も備え、バッテリーの劣化を抑えているみたい。

120W急速充電器に加えて、ゲーム中に充電しても手の邪魔になりにくいL字型充電ケーブルが付属する。

120Wに慣れてしまうと、それより遅いスマホがストレスに感じるレベルなので、ぜひ体験して欲しい。

LRショルダートリガー搭載

ゲーミングスマホなら定番の「LRトリガー」もきちんと搭載。

任意の操作を2つのトリガーに割り当てることが可能で、触れたときにもしっかり振動してくれる。

150万回のプレステストを行っており、動画撮影やスクリーン録画、フラッシュライトなど特定のアクションのトリガーとしてもカスタマイズ可能など、日常使用にも使えるものみたい。

最大6400万画素トリプルカメラ

「POCO F4 GT」の背面には6400万画素(標準 IMX686 1/1.73″)+800万画素(120°広角)+200万画素(マクロ)のトリプルカメラを搭載。

「Zenfone 8」などと同じIMX686センサー搭載で、そこそこ期待しても良いかもしれない。

POCO F4 GTのスペック

SoC Snapdragon 8 Gen 1/
メモリ(RAM) 8/12GB
ストレージ 128,256GB
サイズ 162.5 x 76.7 x 8.5mm
重さ 210g
ディスプレイ 6.67インチ, FHD+, 有機EL
リフレッシュレート120Hz
タッチサンプリングレート480Hz
DCI-P3, 10bitカラー,
PWM高周波調光1920Hz,
DisplayMate A+,
Gorilla Glass Victus
背面カメラ 6400万画素メイン (SONY IMX 686)
800万画素超広角
200万画素マクロ
フリッカーセンサー
バッテリー 4700mAh
充電速度 120W充電

 

プレセール時は6.1万円。コスパが光るゲーミングスマホ

AliExpressのPOCO Official Storeでは、「POCO F4 GT」のワールドプレミアセールを2022年4月28日午後4時(日本時間)に開始される。

メモリ8GB/ストレージ128GBモデルが479ドル(約6.1万円)メモリ12GB/ストレージ256GBモデルが579ドル(約7.4万円)。

「Snapdragon 8 Gen1」搭載のゲーミングスマホがこれくらいで買えるなら悪くないだろう。詳しくは以下の販売ページから。

販売ページ




おすすめPick UP

【月額320円〜】NetflixをVPN経由で激安のトルコ料金で契約する方法

続きを見る

【まだ契約してないの?】YouTubeプレミアムをVPN経由で月130円で使う方法

続きを見る

  • この記事を書いた人

jiyoung(ジヨン)

医療系の学生しながら記事書いてますー。レビュー依頼大歓迎なので、ぜひご連絡を!Twitter・YouTubeやってます。

-スマホ

© 2022 Vanquish Powered by AFFINGER5