SIM セール

【TCL10Proが激安】OCNモバイル スマホセットセールが頭おかしい件。

以前に、Xiaomi Mi Note10という5万円以上するスマホがOCNモバイルのセールで格安で売られていたという記事を出した。

Mi Note10が33000円で買えるというのだから驚きだ。

そんなOCN モバイルがまた基地外セールを実施しているんだ。対象スマホはTCL 10 Pro。

今回はこのTCL 10 Proの性能がいかほどなのかを調べつつ、このセールは果たしてお得なのか?を解説していきたい。

 

OCNは時々頭のいかれたセールをしている。

以下の画像が、過去に実施されたOCNモバイルのスマホセールなんだけど、どれも非常識な割引がされてある。

Zenfone6なんて、いまだに価格が落ちていなくて、メルカリとかでも6万近くの値が付くスマホ。

それがオプション込みで4.1万くらいで買えるなんてめちゃ驚き。

 

 

 

ただ、OCNモバイルのスマホセールは大体すぐ完売してしまう。

Oppo RenoAのときなんか次の日には完売していた気がする。

再入荷してもすぐ完売したりするほど、人気のキャンペーンなので、いち早く情報をつかんで決断する必要があるんだ。

 

OCNモバイルのスマホセールをうまくつかえば端末を安く買える。

端末が2万円くらい割引されていることも珍しくない。

スマホだけ安く買って、次の月に解約すれば、定価で買うより安くスマホが手に入ることもあるんだ。

Mi Note10なんかは、定価が5.6万くらいするから、3.3万円で買って次の月に解約すれば普通に買うよりかなり安く済む。

解約する手間があるんだけど、そこは許容しよう。

 

OCNモバイルのスマホセールでTCL 10 Proが激安

 

なんと、今ならTCL10Proが3.2万円で購入することができる。

ちなみにTCL10Proの元値は49,280円。

OCNモバイルのスマホセールなら、普通に買うより1.7万円程度お得に買えるんだ。

 

OCNモバイルのスマホセールで買えるTCL10Proの詳細スペック

SoC Qualcomm Snapdragon 675(8コア/2GHz、Adreno 612)
メモリ 6GB
ストレージ 128GB
OS Android 10/TCL UI
ディスプレイ 6.47型曲面有機ELディスプレイ、2,340×1,080
インターフェイス USB Type-C、ヘッドフォンジャック、microSDカードスロット(最大(256GB)、モノラルスピーカー
カメラ メインカメラ: 6,400万画素/絞り値F1.79
広角カメラ: 1,600万画素/絞り値F2.4
暗所撮影用カメラ: 200万画素/絞り値F1.8
マクロレンズカメラ: 500万画素/絞り値F2.2
前面カメラ: 2,400万画素/絞り値F2.0
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 72.4×158.5×9mm
重量 177g
バッテリー 4,500mAh(Quick Charge 3.0対応、OTGリバースチャージ機能)
カラーバリエーション Forest Mist Green、Ember Gray
価格 49,280円

 

 

TCL10Proの外観はとても美しい。5万円以下とは思えない。

やばくない?一切手を抜いていないこの美しいボディ。

特にエメラルドグリーンのカラーが好みすぎる。ちょっと渋めの緑で、明るすぎず暗すぎず。

5万円以下のスマホにしてはかなり質感高くていいよね。個人的に、エメラルドグリーンが超ほしい。

ただ、カメラが横にずらーっと並んでいるから、そこに耐えられるか?って話。

Jiyoung
Huawei Mate10Proを思い出すような外観ですなぁ。

 

TCL10ProのディスプレイはP30Proそっくり→保護フィルムとケースには注意

TCL10Pro

P30Pro

ちょっとわかりずらいんだけど、ディスプレイの湾曲具合とか、ノッチ部分とかはまんまP30Proそっくり。

何が言いたいかっていうと、このタイプのスマホは持ちやすいんだけど、ディスプレイが湾曲しているせいで、保護フィルム・ガラスが浮いてしまう現象が起こる。

もちろん、湾曲部分も覆えて浮きにくいガラスも存在するんだけど、Amazonを見てもレビューがサクラばっかりだったりして、なかなかいいものに巡り合えない。

あと、ケースを付けると干渉する可能性が高いんだ。

なので、こういうタイプのスマホには保護フィルム・ガラスを付けるのではなく、「ガラスコーティング」を塗るのがおすすめ。筆者はそうしていた。

 

TCL10Proに搭載されているSnapdragon 675は、性能的には普通。

TCL10Proに搭載されているSoCは、「Snapdragon 675」だ。

Snapdragon 675のAntutuスコア(Ver7)は総合スコアが17.9万点、3Dスコアは3.6万点。

この数値から、TCL10Proの性能はそこまで高くないといえる。

ただ、低くもないので普通といった印象。

 

TCL10Proでゲームはどれくらいできる?

筆者が以前に使っていた「OPPO RenoA」では、プリコネR、シャドウバース、にゃんこ大戦争などのゲームは非常に快適にプレイできた。

RenoAの前に使っていた「Huawei Mate10Pro(定価9万円)」より滑らかに動作してくれたので、ゲーム性能は割と高いと断言できる。

TCL10ProはRenoAより少し性能が劣るので、重い3Dゲームに関してはグラフィック設定を少し下げれば快適にプレイできるだろう。

 

 

TCL10Proは4500mAhのバッテリーを搭載。電池持ちは心配なし。

 

基本的に、最近のスマホはSoCが進化していたり、バッテリー容量が多いから2日くらいは普通に持ってくれる。

TCL10Proは4500mAhのちょい多めのバッテリーを搭載していることから、2日は持ってくれるだろう。

TCL10ProはQuickCharge3.0にも対応している。QC非対応機種と比べて約4倍のスピードで充電できるので、充電し忘れても平気。

ただ、対応充電器やケーブルを揃えないといけない。おそらく、付属品はQuickchargeに対応したものだと思うので、買わなくても大丈夫かも…?

 

TCL10Proのカメラ性能は?

 

TCL10Proの背面には最大64MPのクアッドカメラを装備。ハイブリッド10倍ズームのほか、デュアルトーンLEDフラッシュも備えている。

公式サイトに載っている写真は加工されていることから、あまりあてにしてはいけない。

 

 

 

5万円以下のカメラでここまで撮れるなら上出来だろう。

最近のスマホのカメラはかなり進化しており、どれを買ってもそこそこきれいな写真が撮れるので、あまり気にしなくてもいいポイントだと個人的には思っている。

ただ、夜景がやけに明るすぎる印象。ちょっと不自然に見えるのは気のせいだろうか。

 

 

OCN月額最低料金は税込み1,298円

OCNモバイルONEの詳細なプランはこちら。今の番号をそのまま乗り換えてもいいし、スマホを購入するためだけに新規で電話番号を作成してもいい。

コース 音声対応SIM
1ヵ月あたり1GB※1 1,180円(税込1,298円)
1ヵ月あたり3GB※1 1,480円(税込1,628円)
1ヵ月あたり6GB※1 1,980円(税込2,178円)
1ヵ月あたり10GB※1 2,880円(税込3,168円)
1ヵ月あたり20GB※1 4,400円(税込4,840円)
1ヵ月あたり30GB※1 5,980円(税込6,578円)

 

OCNモバイルは解約金・最低契約期間はなし。当月に解約してもいい。

 

新コースに関しては気にしなくていい。だって今契約すれば必然的に新コースに加入するんだから。

それ以前に契約した人に関しては、解約するなら1000円払うことになるが、大した金額ではない。

よって、解約金0・最低契約期間0なので、当月に解約していいということだ。

スマホだけが欲しいなら、月額料金と事務手数料だけ負担して、当月に解約すればOK。(ブラックリスト入りの可能性あり)

 

OCNモバイルのスマホセールにおいては迷ってはいけない

OCNモバイルのスマホセールは、かなり人気。以前に紹介したXiaomi Mi Note10は、数日で完売していた。

発売記念特価なので、次に再入荷するとなると値上がりするだろう。買うなら今。迷う必要はない。

TCL10Proは買って間違いない性能のスマホ。3万円台で「有機EL・4眼カメラ・芸術的ボディ・大容量バッテリー・そこそこの性能」のスマホなんて滅多にない。

たぶん、速攻売り切れるので、興味あったらチェックしてみてほしい。

 

Android

2020/6/10

【xiaomi mi note 10 スペックまとめ】1億800万画素のカメラ搭載のバケモノ

どうも、ガジェットブロガーのjiyoung(@yukime_jiyoung)です。   中国Xiaomiは、1億800万画素のメインカメラを搭載したスマートフォン「Mi Note 10」を発売した。価格は499~599ドル前後だ。 By PC Watch   スマホでめっちゃくちゃ綺麗な写真を撮りたい!!って方に朗報です。   Xiaomiが、1億8000万画素のハイスペックカメラを搭載したスマホ、Mi Note 10を発売します。     こちらは、スマ ...

ReadMore

iPhone

2020/6/10

壁にくっつくiPhoneケースを紹介する。【3000円で生活改善】

世の中には膨大な数のiPhoneのケースがあって、iPhoneユーザーはその多くの選択肢の中から自分の好きなケースを選んで装着できる。   Androidユーザーの僕からすると、嫉妬してしまうくらい羨ましい。僕が使っているスマホはHuaweiのNOVA5 Proという、日本未発売のスマホなのだが、ケースの選択肢はない。 個人輸入するくらいしかケースを手に入れる選択肢はないのだが、まあ良いだろう。 ふとウェブブラウジングをしていると、面白いiPhoneケースを見つけてしまった。驚くことに、「くっつ ...

ReadMore

SIM

2020/6/5

【楽天モバイル アンリミット 評価】一年間無料でデータ通信使い放題はおかしい…

楽天モバイル アンリミットって知っているだろうか。楽天モバイルの新たなプランのことなんだけど、今まで特に見向きもしてなかった。 対象エリアだと無制限に高速データ通信できて、一年間月額料金が無料という破格のサービスだ。 はっきりって神サービス。秒で申し込んだ。 この記事では楽天モバイルアンリミットの概要と、申し込み手順を書いていくことにする。 届いたら別の記事でレビューしていく。     もくじ 楽天モバイル アンリミットとは楽天モバイル アンリミットは無料で始められる楽天アンリミットで ...

ReadMore

Audio

2020/7/8

【WF-1000XM3 コンプライ】1500円で手軽なグレードアップ

SONYのワイヤレスイヤホン、WF-1000XM3といえばAppleのAirPods Proのライバル的存在で、最強クラスのノイズキャンセリング搭載ということで人気なイヤホンです。 しかし、こいつの欠点は以下の通り。   ポイント ・ケースのサイズがでかい ・装着感が悪い。   ケースに関しては、確かに大きいですが、深刻なデメリットというわけでもないのでまあいいでしょう。 問題は装着感です。AirPods Proのようなフィット感はないので、割と外れやすい印象でした。 フィット感が合わ ...

ReadMore

Android

2020/6/18

【結論】AirPods ProはAndroidで使うのが一番いい。

AirPods ProといえばAppleが出した最高クラスのノイズキャンセリングイヤホン。 ノイズキャンセリングをONにした瞬間に広がる静寂。あらゆる鬱陶しい雑音を消してくれる神デバイスだ。 僕はiPhone、AppleがAndoridの両方でAirPods Proを使用していたが、やっぱりAndoridが使いやすいという結論に至った。 今回は、AndoridユーザーでAirPods Proを買うのに多少抵抗のある人向けに、むしろAndoridだから買った方がいいよってことをお伝えしたい。   ...

ReadMore

-SIM, セール
-, , ,

Copyright© 秘密結社雀の涙 , 2020 All Rights Reserved.