Android スマホ

【Nova5 Pro レビュー】Nova5 Tのそっくりさん。値段は糞安い。

メルカリで面白いスマホを見つけました。日本では未発売の「Huawei Nova5 Pro」というスマホです。

日本だと「Nova5 T」が発売されており、比較的手が出しやすい値段ながら高スペックと非常にコスパのいいスマホだったりします。

Nova5 T はアマゾンで見ると56000円くらいで買えます。

しかし、Nova5 Tとほぼ同じ性能のNova5 Proは3万円ちょっとで買えてしまうんです。早速見ていきましょう

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

Nova5 Proはメルカリで3.8万円で購入可能

 

僕が見つけたNova5 Proは3.8万円くらいでした。

Nova5 Tと外観が同じだから、無名メーカーのパクリ品かしら?って思ったんですけど、ちゃんとHuawei製。

もっと調べていくうちに、Nova5 ProはNova5 Tとほとんど同じスペックだということが分かりました。

 

Nova5 Proの特徴

  • 6.39インチ有機ELディスプレイ
  • SoCにKirin980、メモリ8GB搭載の高スペック
  • 40Wの超高速充電
  • 中華スマホには珍しいBand19対応
  • 重さが171g
  • 4眼カメラ
  • 画面内指紋認証
  • GooglePlay非搭載
  • アクセサリがまじでない
  • おサイフケータイ・防水防塵非対応

 

とっても癖のあるスマホです。

最初に言っておくと、Googleは使えません。アメリカの制裁後に発売されたモデルなので。

ただ、Googleを無理やり入れる方法を使えば一応使えるようにはなります。

その手法は潰されまくっているので、あまり人におすすめできるようなスマホではないですけど。。。

 

Nova5 Proのスペック

ディスプレイ6.39インチ, 有機ELディスプレイ
ディスプレイ解像度1080 x 2340px (フルHD+), アスペクト比19.5:9
サイズ157.4 x 74.8 x 7.3mm , 画面占有率: 85.1%
重さ171g
OSAndroid 9.0 (Pie) , EMUI 9.1
SoCHisilicon Kirin 980
メモリ(RAM)8GB
ストレージ128GB / 256GB ,  microSD最大(NMカード)256GBまで(SIM2スロットを使用)
メインカメラ48 + 16 + 2 + 2MP,(メイン、広角、マクロ、深度測定)
前面カメラ32MP , F値/2.0
認証画面内指紋認証センサ, 顔認証ロック
防水  非対応
イヤホンジャック  なし
バッテリー容量3500mAh
充電40W急速充電

 

Nova5 ProはNova5 Tとクリソツ。

Nova5 Pro

 

Nova5 T

 

ほぼ、というかもう完全に同じですよね。

カメラ配置も一緒ですし、ロゴや文字の位置まで同じ。

 

Nova5 TとNova5 Proの違い

5 Pro5T
ディスプレイ有機EL液晶ディスプレイ
バッテリー3500mAh4000mAh
メモリ8GB6GB
重さ171g182g
厚さ7.3㎜8.4㎜
インカメラノッチパンチホール
指紋認証画面内電源ボタンと一体化
対応バンドauなどは厳しいフル対応

 

Nova5 Proと5Tの違いはこんな感じ。まだ細かい違いはありますけど、細かすぎるので割愛します。

基本的には大きな変更点は無いですね。ディスプレイに関しては、Nova5 Proの方が優れています。

対応バンドやバッテリーに関しては5Tの方が優れています。それ以外は個人個人でとらえ方が変わるので割愛。

 

Nova5 Proは軽くてコンパクト

 

Nova5 Proは最近のスマホでは考えられない、171gという重量。とっても軽くて、非常に扱いやすいんですよね

片手操作もしやすいサイズ感なので、手が小さい女性でも問題なく使えそうな印象です。

 

Nova5 Proはあらゆる動作が快適。

 

Nova5 ProはKirin980を搭載しています。Antutuベンチマークスコアは約36万点といったところです。

何をするにも快適で、一切の不満を感じない動作速度。重めの3Dゲームだって難なくこなしてくれちゃいます。

Kirin980はMate20 ProやP30Proなど、1年半くらい前のHuaweiのハイエンドスマホに搭載されていたSoCで、まだまだ現役バリバリ。

そちらのスマホは定価が10万円程度しますが、Nova5 Proの定価は4万円台です。コスパ良すぎ。

 

【Antutuベンチマークスコア】あなたのスマホの戦闘力はどれくらい?簡単に調べられます

続きを見る

 

Antutuベンチマークスコアって何?って思った方は上記の記事をチェックしてみてください。

 

Nova5 Proのカメラ性能は普通

Nova5 Proは4眼を搭載しています。

メイン + 広角 + マクロ撮影専用広角カメラ + 深度センサなんですけど、まあ普通に撮ってもちゃんと綺麗に撮れますよね。

 

 

このブログにある記事の画像は大体スマホで撮影したもので、最近あげたSONY WH-1000XM3の記事は全部Nova5 Proで撮影した画像を使っています。

【WH-1000XM3 レビュー・評価】2.7万円で最高の無音体験

続きを見る

 

 

 

まあ、普通に綺麗だなって感じの印象しかなかったです。

前に使っていたP20 Proの方が綺麗に撮れる(Leicaのカメラだから当たり前)気がします。

もう手元にないので、詳しい作例は載せれませんが、カメラ性能はNova5 Tと変わらないので載せてもしょうがなかったり。。

 

Nova5 Proの40W充電はビビるほど速い。

 

Nova5 Proは40Wの急速充電に対応しており、圧倒的な速さで充電することができちゃいます

0→100%まで50分程度で回復してくれるので、まじで速すぎます。

朝起きたときに充電残量が10%でも、出かけるころには100%に回復していたりするので、非常に便利なんですよね。

この速さになれると、iPhoneの充電速度に耐えられなくなるのでちょっと注意が必要だったり。

 

Nova5 Proはお財布・防水防塵非対応

 

日本向けスマホだとほとんど搭載されている機能「おサイフケータイ・防水防塵」ですが、Nova5 Proにはありません。

日本では販売されていないので付いていないのは当たり前ですけど。

これが付いていないとメインスマホでは使えない!って人は結構いるので、そういう人にはNova5 Proは無理ですね。

 

防水防塵っている?

おサイフケータイは確かに便利な機能で、僕的にはぜひ欲しい機能です。

ただ、防水防塵は別になくてもいいと思っていて、特に固執するようなものではないと思うのですよ。

僕自身、防水防塵非対応のスマホをお風呂で1年以上使ってきました。水没させた時もあります。

ですが、乾燥させたりすれば普通に使えちゃうんですよね。水が原因で壊れたことって一回もないので、防水防塵は個人的にはいらなかったり。

 

Nova5 ProはGooglePlay非搭載

 

Nova5 ProはHuawei Mate30 ProみたいにGoogle関連のアプリが一切入れることができないというクソ仕様。

購入する前に色々調べてたんだけど、「GooglePlayを使えない」ってわかった瞬間買う気が失せました。

ただ、Youtubeで「Huawei Google Play」って調べると、有志の人が導入開設動画を出しているのでそれを見ればOKだったりします。

 

一回成功したらOK

一回端末の中にGooglePlayを入れれば、その後もずっと使えちゃいます。

導入方法が塞がれたら終わりですけど、導入さえ成功すれば問題ないので、入れたもん勝ちですね。

塞がれるのは明日かもしれないし、1分後かもしれないから、この方法を試すなら早いうちにやるのがおすすめです。

 

追記:現在8/22だと、ふさがれるスピードが恐ろしく早くなっているので、Nova5 Proは買わない方がいいですね。

 

ケースの選択肢は基本的にない。フィルムもほぼない

 

中華スマホあるあるだけど、基本的にデザインの良いケースは手に入りません。

Nova5Tなら日本で発売されたスマホだから、ある程度はアクセサリも手に入ります。

Nova5 Proは日本未発売だから、現状だとケースを手に入れる手段は輸入しかありません。

米国版Amazonで一応ケースは手に入りますけど、届くのが1ヶ月半くらいかかるから現実的ではないです。

 

Nova5 Proの良いところ・悪いところ

Good Point

  • 有機EL+片手持ちしやすいサイズ感
  • 何をするにも不満ナシの処理性能
  • 40Wの超高速充電は便利すぎ
  • 中華スマホには珍しいBand19対応
  • 重さが171gだから超軽い
  • 4眼カメラが比較的綺麗
  • 画面内指紋認証の速度が速い

 

Bad Point

  • GooglePlay非搭載(裏技使えば搭載可能)
  • アクセサリの選択肢がなさすぎ
  • おサイフケータイ・防水防塵非対応

 

Nova5 Proは”いい意味で”特徴のないスマホ

 

Nova5 Proって、カメラも普通だし、性能も申し分ないですね。

でも最近のスマホみたいに目新しい機能も特にないので、面白い特徴がまるでないんですよね。

あらゆることを普通にストレスなく動作してくれるスマホですが、Googleが使えないので玄人向けのスマホですね。

 

Nova5 proをチェックする

 

IIJmioのeSIMが1円で使えるらしいので、料金・速度・利点をまとめる

続きを見る

【全米No.1コメディ】ビッグバン・セオリーが面白い4つの理由【無料動画視聴アリ】

続きを見る

2020/9/21

Fラン大学で留年した人の末路が怖すぎる…【身の回りの人の体験談】

どうもjiyoungです。   最近、自分の周りでも留年or違う科に移動したりする人が多くなってきました。   Fラン大学で留年する奴なんていんの?て思う人多いと思いますが、実際にいました。   Fラン大学でもついていけなくなって留年する人は多いんです。   幸い、僕は成績はあまりよくないですが、なんとか頑張ってます(笑)。   今回は、身近にいた、消えていった人達について書いていこうと思います。Fラン大を留年した後、どうしてるか、みたいな。   ...

ReadMore

2020/9/21

楽天 モバイルのスーパー ホーダイを2年使った感想【速度がゴミ】

楽天モバイルを二年前の春に契約したんだけど、あれから二年たった。 現在はスーパーホーダイSっていうプランに入ったんだけど、まあ6割くらい満足してるかな。 残りの4割は何だよって話になるんだけど、そこは後程書く。 今回は2年使ってみた感想を赤裸々に語っていこうと思う。   もくじ 楽天モバイル スーパーホーダイの概要楽天モバイル スーパーホーダイの料金楽天でんわアプリを使えば10分かけ放題楽天モバイル スーパーホーダイの魅力ギガを使い切っても1Mbpsの通信ができるし、普段の速度もそれなりに速いデ ...

ReadMore

2020/9/21

【保存版】Macbook Proに間違いなく必須な便利アクセサリまとめ

MacBook Proを買って、一番最初に思うことは「あれ?USB刺せないやん!!」「やっぱUSB Type-Cしか無いと不便や」だったりします。 誰もが思う、最初の感想だと思います。僕もそうでした。 MacBook Proはアクセサリを組み合わせて使わないとクッソ使いずらいわけです。ってなわけでこの記事ではおすすめ・必須アクセサリをまとめていきます。 MacBookを快適に使うにはどれも必須級のものばかりなので、最後まで見ていただけると嬉しかったりします。     もくじ Macbo ...

ReadMore

2020/9/21

IIJmioのeSIMが1円で使えるらしいので、料金・速度・利点をまとめる

どうも、大手キャリアでは一切購入・契約をしないと心に誓った青年、Jiyoungです。 IIJmioがeSIMを安く使えるキャンペーンを開催したみたいです。 何やら1円で使えるとか。 Pixel4aでも対応したeSIMですが、試してみたいって人以外と多いんじゃないですかね。 この記事ではIIJmioのeSIMキャンペーンについて解説しつつ、どのくらいの速度が出るのか、料金はどうか、eSIMの利点って?って内容で書いていきます。     もくじ eSIMとは何かeSIMのメリットeSIMの ...

ReadMore

2020/9/21

【Pixel 4a レビュー】脳死で買える高コスパスマホ。SEよりオススメ

どうも、Galaxy Z flipを買ってから普通のスマホに魅力を感じなくなってしまったJiyoungです。 Google Pixel 4の廉価版・Pixel 4aが発売されましたね。多分知っている人は多いと思います。 5.8インチと、かなり小型で非常に扱いやすく、42900円。それでもって機能面でも手を抜いていないスマホだったり。 今回はPixel 4aのレビューを書いていきます。詳しく見ていきましょ!     >>Pixel 4aオススメアクセサリはこちら もくじ Pi ...

ReadMore

-Android, スマホ
-, , ,

© 2020 秘密結社雀の涙