【OCNモバイルONEセール】ハイエンドスマホが4万円台、iPhoneが2310円〜

NTT傘下の格安SIMサービスである、OCMモバイルONEだが、現在スマホがお得に購入できるセールが開催されている。

6/1〜6/15までの期間内だが、対象端末がすごい価格で販売されているのだ。ラインナップは結構種類があるので、本記事では一押しの端末を2つほどご紹介していきたい。

[st_af id=”3345″]

 

moto g100はハイエンド級の性能を持ちながら4万台で購入可能

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • Snapdragon870搭載
  • リフレッシュレート90Hz
  • 5000mAhの大容量バッテリー
  • デュアルSIM
  • お値段約5.8万円と割と手の出しやすい価格
  • 4眼カメラ
  • ピュアアンドロイドはクセがない
[/st-mybox]

このブログでもすでにレビュー済みだが、モトローラーからリリースされている「moto g100」は価格破壊も良いところで、マジでおすすめできるスマホと言える。

バキバキの最高設定とまではいかないが、高設定でもかなりヌルサクのプレイが可能。Snapdragon870の実力は確かなものだ。

リフレッシュレートは90Hzに対応。一般的なスマホであれば60Hzだから、かなり滑らかな描写が体験できる。

低価格機種にありがちな、局所局所で起こる引っ掛かりもSnapdragon870が優秀すぎるおかげで全くなし。10万円越えのハイエンドスマホと比べても大きな差はないのだ。

PCMARK for Androidというアプリでバッテリーを計測してみたところ、100% → 20%になるまで13時間30分という結果に。

原神を何時間もプレイするとかだったら1日くらいしか持たないけど、そうでなら2日は余裕で持つのでバッテリーに関しては気にする心配はない。マジでビビるくらいバッテリー減らないっすよ。

カメラは4眼構成。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 広角:6400万画素 F1.7
  • 超広角:(マクロ)F2.2
  • 深度測定:200万画素
  • TOF
[/st-mybox]

昼間の写真に関しては10万円を超えるハイエンドスマホと比べても遜色ない仕上がり。

マクロモードを使うことでめちゃくちゃ寄った写真が撮れる。なんちゃってマクロ撮影的な感じではなく、十分実用的なレベルなので文句なし!

望遠レンズを搭載しているので、5倍望遠くらいであれば粗さも特に感じることはない。ちょっと暗めに写ってしまうが、ここら辺は補正をかけてあげることで化けるだろう。

ちょっと本体重量があるのがデメリットだが、Dual SIMに対応してるし、イヤホンジャックもついてるし、ピュアアンドロイドだから変なカスタマイズもなし。

moto g100の定価は5.8万円程度だが、OCNモバイルONEセール時には41,508円(税込)まで落ちる。これであればもう完全に「買い」だ。

他社からの乗り換え(MNP)で13000円OFF、対象オプション加入で2000円OFFになるため、全部適用すれば2万円台まで落とせる。もう価格おかしいよ…。

 

Redmi Note10 Proは低価格帯スマホの王者

Redmi Note10 Proも見逃せない。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • 120Hz有機ELディスプレイ
  • 6GBメモリ128GBストレージ
  • 4眼カメラ
  • デュアルスピーカー
  • 5020mAhの大容量バッテリー
  • デュアルSIM
[/st-mybox]

ハイエンドスマホ級の質感が魅力。背面はガラス素材で手触りはかなり良い。サラサラしていて、指紋も目立ちにくい。

以前当ブログでレビューした「Xiaomi Mi11」という8万円くらいするスマホと比べても、大きな差はないのだ。

Mi11

ディスプレイには有機ELを採用。リフレッシュレートは120Hzに対応しているから、描写が超ヌルヌルしている。

パンチホールも小さくて目立たないのが地味に嬉しいポイント。

カメラ性能も伊達じゃない。

適当にオートで撮ってもそれなりに優秀な写真が簡単に撮れてしまう。

超爆速の指紋認証も搭載。

さらにはDual SIMやステレオスピーカー、イヤホンジャックも搭載しており、抜け目がない仕様。

Redmi Note10 Proは通常3万4000円程度で購入できるが、OCNモバイルONEのセール中であれば26,100円(税込)で購入できてしまう。MNPなどを適用すれば1万円ちょっと。バグりすぎ。

 

OCNモバイルONEではマル秘クーポンが存在する

OCNモバイルONE公式サイト内のチャットにアクセスして「クーポン欲しい」と入力すると、「16,500円引きのクーポン」が発行されるのだ。ちなみにこれはアナウンスされていない。

MNPが面倒だなぁ…。という人にはおすすめ。というかMNP時の割引料金より高いので、クーポンをもらって買った方がいい説はある。

クーポン発行には一切お金はかからないので、OCNモバイルONEセールでスマホを買おうか検討している人はチェックしてみてほしい。

 

OCNモバイルONEの詳細

「よし、スマホセールが魅力的なのは分かった。で、OCNモバイルってどんな格安SIMなの?」って話。

OCNモバイルは回線速度がトップクラスに速かったり、料金も安いので、結構いい格安SIMなのだ。

 

OCN月額最低料金は税込み1,298円

OCNモバイルONEの詳細なプランはこちら。今の番号をそのまま乗り換えてもいいし、スマホを購入するためだけに新規で電話番号を作成してもいいだろう。

通信容量・コース名 音声対応SIMカード
(インターネット・SMS・通話)
1GB/月コース 700円(税込770円)
3GB/月コース 900円 (税込990円)
6GB/月コース 1,200円 (税込1,320円)
10GB/月コース 1,600円 (税込1,760円)

 

OCNモバイルの回線速度は良好。ラッシュ時も速い。

 

毎日格安SIMの速度比較を行っているサイトによれば、OCNモバイルの速度はこんな感じ。ラッシュ時でも安定した速度を誇っているので、UQモバイルやワイモバイルと大差ないのだ。

朝はそこまで速くなかったりしますが、昼や夜は速い。他社の格安SIMだと逆なので、意外と心強かったり。

[st-card myclass=”” id=”6145″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]

 

OCNモバイルは解約金・最低契約期間はなし。当月に解約してもいい。

 

スマホだけが欲しいなら、月額料金と事務手数料だけ負担して、当月に解約すればOK。(ブラックリスト入りの可能性あり)

OCNモバイルONEはNTTの傘下なので、今後のことを考えると3ヶ月〜半年くらいは回線を維持しておいた方がいいかもしれない。最安料金ならそこまで負担ではないはず。

 

moto g100なら半年維持しても定価より2万円安い。

チャット限定クーポンを適用してセール時に買うことで、定価よりだいぶ安くスマホを購入することが可能なのだ。

moto g100の例を挙げてみると、ブラックリスト入り回避のために半年間維持しておいたとしても、トータルでかかるお金は「3.3万円程度」(初期手数料など込み)。

定価は5.8万円だから、どう考えてもOCNモバイルONEセール時に買った方がお得。6/15日までなので、このチャンスを逃す手はないだろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。