アプリ 回線

【保存版】格安SIMと大手キャリアのメリット・デメリットって何?

大手キャリアといえばau・docomo・Softbankを指すんだけど、たぶんスマホを使っている人のほとんどが3つのどれかで契約していると思う。

このサイトでは格安SIMを解説している記事を書いていて、アンチ大手キャリアみたいな感じ。

でも、大手キャリアのすべてを否定しているわけじゃなくて、ちゃんと大手キャリアのメリットもある。

今回は格安SIMと大手キャリアで契約することのメリット・デメリットを解説していこうと思う。

 

 

大手キャリアで契約するメリット

実店舗がたくさんあってサポートが充実

 

これはスマホの扱いに慣れていない人や、スマホデビューする人にとってはいいことで、スマホの調子がおかしい時や故障したときなんかは優しくサポートしてもらえる。

格安SIMだと電話対応やメールの場合が多く、格安SIMのような手厚いサポートは受けられない。

ただ、イオンモバイルやY!mobileだと実店舗が多く、全国に展開されているから、格安SIMでもいいサポートが受けられるようになってきている。

やっぱり生身の人間に教えてもらうのはわかりやすくて手っ取り早い気がするから、ここは明確なメリットだろう。

 

電話かけ放題プランが存在

 

格安SIMにも音声プラン(通話プラン)が存在するけど、完全な”かけ放題”って無い。

格安SIMにあるのは「10分・5分かけ放題や、家族間かけ放題」などのダウングレードしたプランになっている。

 

格安SIM回線データ専用プラン音声プラン
縛り違約金縛り違約金MNP転出手数料
U-mobileドコモなし6~12ヶ月6,000円3,000円
DTI SIMなし12ヶ月9,500円5,000円
ロケットモバイルなし12ヶ月9,500円3,000円
NifMoなし6ヶ月8,000円3,000円
エキサイトモバイルなし12ヶ月9,500円3,000円
AEON MOBILEなしなし3,000円~
IIJmioなし12ヶ月~12,000円3,000円
DMMモバイルなし12ヶ月9,000円3,000円
nuro mobileなし12ヶ月~12,000円3,000円
OCNモバイルなし6ヶ月8,000円3,000円
mineoなしなし2,160円~
BIGLOBE SIMなし12ヶ月8,000円3,000円~
楽天モバイルなし12ヶ月※19,800円3,000円
LINEモバイルなし12ヶ月9,800円3,000円
QTモバイルなし12ヶ月~12,000円3,000円
スマモバ24ヶ月※29,800円24ヶ月※29,800円3,000円
UQ-mobileauなし12ヶ月※39,500円3,000円
mineoなしなし2,160円~
AEON MOBILEなしなし3,000円~
BIGLOBE SIMなし12ヶ月8,000円3,000円~
QTモバイルなしなし2,000円~
b-mobileSBなし5ヶ月8,000円3,000円
U-mobileなし通話プランなし
QTモバイルなしなし2,000円~
Y!mobile –3年自動更新※49,500円2年自動更新※49,500円3,000円

 

個人的には通話はライン電話やSkypeでいいし、10分以上の電話なんてする機会はほぼない。

だけど、仕事の都合で長い時間電話しなければいけない人はかけ放題じゃないと困るから、そういう場合は大手キャリアで契約するしか方法はない。

ちなみに、「かけ放題だけ」契約するのは今はできないみたいだから、そこはかなり残念。

 

最新のiPhoneが割引される

 

たぶんiPhoneを毎年買い替えている人だとお得なサービスなんだけど、それぞれのキャリアで割引サービスを実施している。

 

ポイント

  • docomo→「スマホおかえしプログラム」で、36回払いのうち最大12回分が無料
  • 「アップグレードプログラムNX」で、36回払いのうち最大12回分の支払いを0円
  • 「トクするサポート」で、48回払いのうち最大24回分が無料

 

仮にiPhone11(64GB)をこのサービスを適用して買う場合、本体代金が以下の値段になる。

 

ポイント

  • docomo→実質58000円
  • au→実質55000円
  • Softbank→実質50000円

 

docomoの「スマホおかえしプログラム」は、二年経ったらスマホを返却する必要があるからそこは注意が必要。

Appleストアで買うと74800円するから、結構安く買うことができる。

自分は半年~一年でスマホを変えるから、このサービスは受けられない。でも、そうでなければいいサービスだと思う。

 

回線速度・通話品質が良い

3大キャリアはそれぞれ自前の回線を持っている。格安SIM会社はそれを借りている立場だから、通話品質や回線速度が落ちてしまう。

とくに、利用者が多い時間帯(お昼時・通勤時・退勤時)とかはかなり速度が落ちてしまい、ストレスを感じてしまう。

まあ、Fuji-WiFiとかChatWifiとかだと一般的なSoftbank回線を自社回線として使えるからかなり速度が速い。だからそこまで大きなメリットではなくなりつつある。

 

大手キャリアで契約するデメリット

大手キャリアで契約する大きなデメリットって考えてみたけど意外とない。

解約金は、現在だと1000円で済むし、2年経たなくても解約しやすくなっている。

なので、個人的な意見になってしまうが許してほしい。

 

勝手にスマホを改造するな

これは本当糞仕様。迷惑&邪魔以外の何物でもなく、だれも得しないので即座にやめてほしい。

プリインストールアプリに賛成の人はいないと思うけど、もしいたら教えてほしい。使うメリットを。

 

 

誰が使うんだよこのアプリ!「おサイフケータイ」は千歩譲って許す……いや要らんな。

せめてプリインストールアプリは消せるようにしてほしい。同意も無しに勝手に入れるのはゴミ。

以前にHuawei P20 Pro (ドコモ版)を買ったんだけど、本家P20 Proから機能がかなり削られた。

 

ドコモに削られた機能

  • 前述したDSDS(SIMは1枚のみ利用可能)
  • ドロワー表示機能
  • ツインアプリ機能
  • スマートカバー機能
  • 画面ロックウィジェット

 

勝手にスマホを魔改造するのはやめてほしい。

 

料金が高い

 

例えば、ソフトバンクの「メリハリプラン」っていうプランだと、月額7480円で50GB使える。

Youtubeなどの動画サービスは消費ギガ数にカウントされない、「カウントフリー」もあったりする。

 

Jiyoung
まあ格安SIMにもカウントフリーはあるんだけどねw

 

家族4人で使うと3480円まで値下げされたり、回線契約すると半年だけ1000円引きになるなど、割引も多いが、格安SIMの方がそれでもお得。

 

「Fuji-WiFi」という格安SIMなら、4月30日まで手数料無料・月額から500円引きされるというプランをやっており、それを使えば月100GB使えて月額2480円で利用できる。

どう考えてもこっちの方が魅力的じゃない?まだキャリア使ってんの?

 

【断言します】Fuji WiFiこそ、最強の格安SIMです【評判・料金】

続きを見る

 

格安SIMで契約するメリット

月の通信料を安く抑えられる

ここが一番大きなポイントだろう。

たとえばこんな例がある。

 

ポイント

ドコモの料金計算

  • 通話2,700円(かけ放題)+データ通信3,800円(2GB/spモード込み)=6,500円/月
  • 年間78,000円

IIJmioの料金計算

  • 通話600円(通話定額)+データ通信(3GB)=2,200円/月
  • 年間26,400円

 

これはライトユーザー向けのプランだが、単純にここまで変わる。

月に4000円以上も浮くんだよね。1年継続したら5万くらい。軽い旅行くらいなら行けちゃうね。

 

プランの選択肢がかなりある

格安SIMは会社によってサービスの選択肢が全然違う。

一つだけのシンプルなプランの会社もあれば、ユーザーに合わせた多種多様なところだってある。

うまく組み合わせれば自分に合った最適なプランを作れるだろう。

 

格安SIMで契約するデメリット

サポートが薄い

 

大手キャリアは実店舗が無数にあるから、何かスマホの調子が悪くなったらすぐ相談に行ける。

ただ、格安SIMだと実店舗が少ないところが多く、トラブルが起きても自分で解決するしかない。

しかも、契約のみしか受け付けていないところもあるから、アフターフォローが受けられない可能性もある。

 

格安SIMサービスサービス内容
Y!mobile新規契約、機種変更、契約内容の変更、修理受付、解約、支払い、下取り(一部店舗のみ)
イオンモバイル新規契約、MNP、SIMカード・端末即日渡し、プラン変更や故障修理受付等のアフターサービス
楽天モバイル新規契約や機種変更、NMPによる乗り換え、契約した端末の即日受け取り
U-mobile新規契約、MNP
mineo新規契約、機種変更、初期設定サポート
IIJmio新規契約、MNP、即日渡し
UQモバイル新規契約、機種変更、UQ WiMAXの新規契約、機種変更※UQコミュニケーションズでの契約者のみ
OCNモバイルONE音声対応SIMカードの即日受渡し、MNP転入、容量シェアの申し込み
nuroモバイル新規契約、ネットワーク設定・メール設定など
LINEモバイル新規契約、MNP、即日渡し

 

まあ個人的な意見としては、「”スマホが物理的に壊れた”以外は自分で直せよ」って思うから、サービスとか要らん。

おかしくなったら初期化すれば大体直る。どうせショップに持ち込んでも大した対応してもらえない。

Huaweiの「安心サポート」は、電話一本で新品と取り換えてもらえる。これに加入するくらいで十分だろう。

 

速度が遅い。

 

格安SIMは、あくまでキャリアから回線を借りている立場だから混雑時にはつながりにくくなる。

これは楽天モバイルを使っている自分が一番よくわかる。お昼時とか糞遅いもん。

なら「ワイモバイル」にすればいい。Softbank回線をそのまま使っているから速度が爆速だし、料金が安い。(Softbankの子会社だから格安SIMとは言えないかもだけど。)

 

 

ほんのわずかな知識が必要

格安SIMを利用するなら最低限、”SIMフリー端末とは?”くらいは勉強しないとダメ。

iPhoneとandroidの違いも分らないような人は手を出さないほうがいいかも。

 

大手キャリアで契約して得する場合もある

 

格安SIMを使えば月の通信料を抑えられるのは間違いないけど、大手キャリアで契約した方が得の場合もある。

最新のiPhoneを出るたびに買い替える!って人とかは端末割引を受けられるから意外と安く買えたりする。

別に大手キャリアのすべてを否定しているわけではない。格安SIMに乗り換えれば通信料を抑えれる可能性が高くなるよってことだね。

もし、乗り換えたくなったら以下の記事を参考にしてほしい。iPhoneユーザー向けだけど、androidでもたいして変わらない。

 

-アプリ, 回線
-, , ,

© 2021 秘密結社雀の涙