Android スマホ

Mate30 Pro・P40 ProにGooglePlayを入れる方法【2020年7月】

さて、Mate30Proが日本発売になったというニュースが舞い降りてきたけど、GooglePlayが入っていないっぽいらしいのです

GooglePlayが入っていない端末を買う人ははっきり言っていないと思うから、多分みんな絶望しているみたいですね。

だけど、安心してほしい。Google Playが入っていない端末に、Google Playをインストールする方法はちゃんとあります。

前に買ったNova5 Proも、アメリカの規制が始まった後に発売されたスマホだから、Google Playを入れれない。でも自力で入れることができました。

今回はGoogle Playを入れれないHuawei端末にGoogle Playを入れる方法を解説していきます。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

これまでのGoogle Play導入方法は無理。

Nova5 Proを購入する前はこう思っていました。

 

Jiyoung
どうせAPKファイルを入れればいいんでしょう?

 

そんな生半可な気持ちでNova5 Proを買ってしまい、実際にapkファイルを落としてインストールしてみたんですけど、起動しないのですよ。

起動しないっていうか、開いた瞬間白くなってホームに戻されるって感じです。

 

Google Play導入の際はYoutubeを参考→成功→

 

実は2個目の動画でGoogle Playを入れることに成功していたんですよね。(1月24日に検証済み)

手順も簡単で、2つのアプリを入れて起動するだけなので簡単だったりします。

Google Playや連絡先とか、いろんなアプリを自動的にインストールしてくれるから、特に難しいことはありませんでした。

 

でも、無理やり入れたからなのか「楽天ペイ」が使えない現象が起きてしまったんです

楽天ペイを多用する生活が染み付いてしまっているから、それが使えないのは厳しいわけです。

ということで最近初期化して、もう一回Google Playを入れようと、2個目の動画を参考にしたら、失敗しました。(2月22日)

 

Mate30 pro・P40 ProにGooglePlayを入れる方法

手順1.PCでファイルをダウンロード&解凍

https://drive.google.com/file/d/14vBAPaQVLZ6hCJ3ypXMxIfPY1jn0FFHW/view

 

Hisuite

 

↑上のファイルをダウンロードする。ダウンロードしたら、PCのデスクトップにでも置いておきます。

一個目のファイルを解凍すると、以下のようなファイルが出てきます。

2個目の「Hisuite」はソフトなので、ファイルを解凍してインストーラーをダブルクリックすると起動します。

 

 

解凍したファイルは、上の画像の場所に移動させる。Hisuiteのファイルはドキュメントに入っているので、そこを探してほしいです。

APKファイルは、中身を全部スマホの内部ストレージに送りましょう。

 

 

手順2.PCとスマホを接続し、Hisuiteで復元させる

USBでスマホとPCをつなぐと、多分自動でHisuiteが起動します。

最初にやることはスマホ側で「HDB認証」させること。ここはポップアップに手順が載っているので省略しますね。

それが成功すると、以下のような認証コードを求められるので、正しい番号をPCで打つ。そうすると接続完了です。

 

 

接続が完了したら、以下の画像の「復元」を押します。あらかじめBackupファイルにP40Proのファイルを入れていれば、表示されます。

最後は青い「復元」を押して完了。あとはスマホ側の操作になるのでPCはおしまいです。

 

 

手順3.スマホ側でアプリを入れる

 

まずは「G」マークのアプリを押す。するといろいろ許可を求められるので全部許可してください。

そのあとは一番下の青のボタンを押す。すると一枚目のようになるので、ホームに戻る。(タスクは消さないように)

 

 

その次は、「ファイル」アプリを起動してPCから転送したAPKファイルの中身をインストールします。

001から006まで順番にインストールしよう。007はまだインストールしないでください。

 

 

006までインストールし終わったら、ホームに戻って「設定」→「ユーザーとアカウント」→「アカウントの追加」へ進みます。

たぶんGoogleが選択できるようになっているのでタップして、上の画像のようにします。そのあとは自分が使っていたアカウントでログインしてください。

 

手順4.面倒くさい作業

ログインできたら、APKファイルの中の007をインストールする。そのあとは立ち上がっているアプリをすべて消してください。

次に、GooglePlayを立ち上げて、「DeviceID」と検索し、出てきた紫色のアプリをインストールします。

Google Service Frameworkってのが表示されているのを確認しましょう。

 

 

次に「設定」→「アプリ」→「右上の…」→「システムプロセスを表示」→Googleと検索→「Google開発者サービス」をアンインストール

そうしたら、ホームに戻ってファイルアプリから008をインストール。

また繰り返しにはなるんだけど、「設定」→「アプリ」→Googleと検索→「Googleサービスフレームワーク」→データ・キャッシュを消去する。

そのあと、立ち上げているアプリを全消去。すると、DeviceIDを開いてもサービスフレームワークが表示されないです。

 

手順5.適当なアプリをダウンロード

GooglePlayストアを開いて、なんでもいいから一つアプリをダウンロードします。

ダウンロードし終わったらDeviceIDを開く。すると、サービスフレームワークが復活していると思います。

次は「設定」→「アプリ」→「右上の…」→「システムプロセスを表示」→Googleと検索→「Google開発者サービス」をアンインストール。

ここまで来たらこれが最後。009をインストールして終わりです。

 

今のところ不具合は確定で起きる?

今のところ、一つの手法でやると、Chromeが快適に動かない。また別の手法でやるとChromeは安定するけどGoogleアカウントが追加できないなどの不具合が起きてしまう。

どうやら完全な形で使う方法はないみたい。ただ、時間が経つと有志の人が新たな情報を提示してくれる可能性があるので、待つのも手。

 

注意1:Google Playと開発者サービス以外はインストールされない

Google Playが標準搭載されてるスマホだと、初期設定後にはちゃんとホーム画面にGoogle関連アプリがインストールされているけど、この方法だと開発者サービスとPlayストアしかインストールされない。

必要なアプリは全部手動でインストールしないといけないから、そこはかなり面倒くさい。

 

注意2:いつ使えなくなるかわからない。

はっきりいって、この方法は明日使えなくなるかもしれない。

前に試して成功した手法も、すぐ使えなくなってしまった。これに関してはどうしようもないので、諦めるしかない。

 

解決策:Twitterで導入方法を探す

Twitterで「Huawei Google Play」とかで調べると、海外の人たちが導入方法をツイートしている可能性がある。

現に、今回の手法もTwitterで調べたらたまたまヒットした。

YoutubeやTwitterで最新のツイート投稿を見れば導入方法が載っているかもしれないから、そっちもチェックしてみてほしい。

 

Huawei端末にもGoogle Playは導入可能だから検討してほしい。

 

Mate30 Proはカメラ性能、処理性能、外観、それを取っても世界最高クラスの端末だから、日本で発売されるってのはとても嬉しい。

でもGoogle Playが入れることができないなら、ゴミに等しいといってもいい。

でも一応今回の方法で導入可能だから、ぜひMate30 ProなどのHuawei端末の購入を検討してほしい。

 

 

-Android, スマホ
-,

© 2020 秘密結社雀の涙