PC

【Mag1 スペックまとめ】手のひらサイズでコンパクトな8.9インチPC

UMPCって知っているだろうか。手のひらに収まるようなPCのこと。

前はブームがあったんだけど、もう廃れている。そんなUMPC界隈が今復活を見せようとしている。

それがMag1という手のひらサイズのPCだ。今回はこいつのスペックをまとめていきたい。

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

UMPC Mag1のスペックまとめ

製品情報
端末名Magic-Ben MAG1
型番/別名MAG1
発売年2019年10月
発売地域海外
メーカーMagic-Ben
言語日本語対応
US配列キーボード
日本語はローマ字入力できる
対応バンド・ネットワーク
2G↓LTEモデル↓
2/3/8
3G↓LTEモデル↓
3G:1/2/5/8
TD-SCDMA:34/39
4G↓LTEモデル↓
FDD-LTE:1/3/8
TDD-LTE:38/39/40/41
ドコモ対応状況↓LTEモデル↓
プラチナバンド19非対応
通信は可能
ソフバン・ワイモバ対応状況↓LTEモデル↓
フル対応
au対応状況↓LTEモデル↓
非対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
本体仕様
ディスプレイ8.9インチ/IPS液晶
解像度2560×1600
サイズ高さ207.2mm
横幅146.5mm
厚さ17.5mm
重さ690g
本体色ブラック系
システム仕様
OSWindows 10
日本語対応
CPUintel Core M3-8100Y
メモリ/保存容量
組み合わせメモリ8GB+容量256GB(Wi-Fiモデル)
メモリ16GB+容量512GB(Wi-Fiモデル)
メモリ8GB+容量256GB(LTEモデル)
メモリ16GB+容量512GB(LTEモデル)
ストレージカードMicroSD対応
カメラ
前面カメラなし
機能仕様・センサー
センサー指紋認証搭載
バッテリー
バッテリー容量8600mAh
充電有線充電:対応
PDモバイルバッテリ充電:対応
ポートUSB-A 3.0×1
USB Type-C×1
MicroHDMI×1
MicroSD×1
イヤホンジャック
その他
価格約7.1万円〜

 

UMPC Mag1の特徴まとめ

性能的には普通。重たい作業はキツイかも

intel Core M3-8100Yは有名なベンチマークソフト「3D Mark」で測定するとスコアは240程度。

ドラゴンクエストXのベンチマークだと

グラフィック設定:標準品質
解像度:1280×720
表示方法:ウィンドウ

の設定で「4400:普通」くらい。引用サイトはこちら

ドラクエXは解像度を下げればプレイできます。ただ、最高設定にするとやや重い判定。快適にプレイはできないかな。

 

映像制作、画像制作、写真加工などを本格的に行うには辛いでしょう。というか、まず画面が小さいので向かない!!

ネットブラウジングや動画視聴くらいなら問題ないかもね。それ以外の用途には向きません。

重さは690g。片手で楽々持てちゃうよ〜

MAG1は8インチクラスといってもディスプレイサイズは8.9インチ。ほぼ9インチです。

Mag1はトラックパッドを搭載しているから一般的な8インチクラスより縦幅もちょっと大きくなっています。

 

右がOne-Mix3というUMPCです。他のUMPCにはトラックパッドがないことが多いので、Mag1の方が操作はしやすいです。

大概のカバンには余裕で入るので、カフェでノマド生活なんかも楽しそうですね。これがUMPCのいいところ。

ストレージ速度はかなり速い。増設もできちゃう!!

 

読み込み速度が1GB超えてるのでめちゃくちゃ速いです。しかし、書き出しは少し遅いので注意。

ストレージ速度が速い=体感速度が速いってことです。

シャットダウン後の起動とか、ソフトの起動とかに影響します。

特にMAG1のSSDはPCI-E接続なので一般的なSSD(読み込み500MBクラス)の2倍以上の速度が出るんです。

しかもM.2 SATAに対応しているので増設も可能です。Amazonで探せば大量に出てきます。

 

 

出先でPC取り出して即起動!ストレスは溜まりません!詳しいレスポンスは以下の動画でわかります。

キーボードは糞です。UMPCの宿命

 

8インチクラスUMPCの良いところはやっぱり「フルサイズ並のキーボード」を搭載しているから文字が打ちやすいんです。

っていうのがMag1の謳い文句なんだけど、打ちにくいに決まっている。

というか、UMPCのキー配列はカオスなんだよね。あんな小さい筐体に詰め込んだらキーのサイズとか配置がいかれてしまう。

電源ボタンの位置がおかしい。すぐ押してしまうでしょあんなの!!

 

 

 

Mag1の価格は7.1万円から。

ポイント

メモリ8GB+容量256GB:LTE版→GeekBuyingで買う

メモリ16GB+容量512GBモデルGeekBuyingで買う、 GearBestで買う

メモリ16GBあればかなりサクサク動きますが、UMPCは用途的にはそこまで幅広くないので8GBでいいかなと。

UMPC Mag1のいいところ・悪いところ

良ポイント

  • 持ち運びも苦にならないギリのサイズ感
  • 綺麗で見やすい大型ディスプレイ
  • マウス操作が圧倒的に快適なトラックパッド
  • 持ち運び用のパソコンとしては十分な性能
  • M.2 SATAスロット搭載でストレージを簡単に増設できる

糞ポイント

  • カッコいいけど油脂が付着しやすい素材。アルミだからね。
  • チープなシングルスピーカー。
  • トラックパッドの大きさ。小さいので、無いよりはマシ程度。
  • インカメラ非搭載。ビデオチャットするならWEBカメラ必須
  • CPUが非力。クリエイティブな作業は無理。
  • キーボードが終わってる。慣れ以前の問題

 

多分これは大体のUMPCに当てはまることなので、買うときの参考にしてください。

というか、UMPCって用途が限られすぎると思うんですけど。動画視聴やZOOMとかしか思いつきません。

 

UMPC Mag1まとめ

使いどころが限定されたマシンですが、出先での作業には適している印象です。

軽いのでiPadmini感覚で持ち運びできます。ロマン満載の商品なので、割と適している人は少ない。

ですがUMPCには謎の魅力があります。一度チェックしてみては?

 

Mag1の購入先はこちら

 

GearBestでの買い方は以下の記事を参考にしてほしい。とても簡単にできる。

【登録から決済まで】GearBestでの買い方を解説。超簡単。

続きを見る

 

UMPCの関連動画

 

-PC
-, ,

© 2020 秘密結社雀の涙