【保存版】Macbook Proに間違いなく必須な便利アクセサリまとめ

MacBook Proを買って、一番最初に思うことは「あれ?USB刺せないやん!!」「やっぱUSB Type-Cしか無いと不便や」だったりします。

誰もが思う、最初の感想だと思います。僕もそうでした。

MacBook Proはアクセサリを組み合わせて使わないとクッソ使いずらいわけです。ってなわけでこの記事ではおすすめ・必須アクセサリをまとめていきます。

MacBookを快適に使うにはどれも必須級のものばかりなので、最後まで見ていただけると嬉しかったりします。

 

[st_af id=”3345″]

 

Macbook Proを買ったら必須の周辺機器

Type-CのUSBハブ

これは絶対に必須のアイテムです。これがないとSDカードも読み込めませんし、HDMIも挿せない。USBも挿せない何もできません。

というか、インターフェース糞過ぎだろMacBook Pro。って思うんですけどね。

 

[st-kaiwa1]ハブがないと、マウスに充電ケーブル刺したらそれで終わり!USBも刺せない![/st-kaiwa1]

 

MacBook Proのエントリーモデルだと、ポートが二個しかないので、圧倒的に使いにくかったりします。

こればっかりは自動的に買うものだと思ったほうがいいかもです。絶対に必要な場面は出てきますから。

ハブっていうと、こんな感じの物をイメージする人が多いと思います。

 

USBハブ

 

[st-kaiwa1]ぶっちゃけ、線、邪魔じゃないですかね。[/st-kaiwa1]

 

 

Youtuberの瀬戸弘司さんの動画でも取り上げられていましたけど、だれがどうで見ても線が目立つし、スペース取りまくりだったりします。。

こんなのジョブスが見たら1秒で失神してしまいますよ。なので、僕はこんな感じのハブをオススメしたいです。

 

Hub

 

このタイプのハブなら、MacBook Proに直で接続できるので、さりげなく使うことができたりするんですよね。

MacBookの色にも合わせられるので、デザイン的にも目立たないわけです。

どうみてもスタイリッシュです。これが最適解でしょう。まだ線使ってるの?って思ってしまいます。

 

安いUSBハブでOK。高いのはいらない

 

安いハブを買ってみたんですけど、何の問題もなく、快適に使えてしまったから、高いハブなんていらないのではないかなと思っていたりします。

ハブの欠点としては、発熱するってことがあげられます。長時間使わなくても普通に発熱したりします。

ただ、これはお値段が張るSatechiのハブでも同じです。つまりUSB Type-C ハブは発熱すると思ってもらっていいので、どれ買っても同じです。なら、安いのでよくないっすか?って感じです。、

 

[st-card myclass=”” id=2397 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

 

PCスタンド(BlueLounge Kickflip

 

MacBook Proの裏に貼って使う感じのPCスタンドです。

これがなかなか手放せない、個人的に必須なアクセサリだと思っています。

 

 

こんな感じで立ち上がります。厚さもそこまでないから重さにも影響しないです。

粘着テープで引っ付くので、粘着が弱まったら外して水洗いすれば、また粘着力が蘇るから長く使えるのもいい点の一つです。

 

 

こんな感じで傾斜がつくので、キーボードが打ちやすくなるんですよ。

この傾斜のおかげで視点も変わるので、肩こりや首元残りに効果があるわけです。キーボードに触る時間が多い人はぜひ導入をオススメしておきます。

僕はスタンドを使い始めてから、疲れを感じることが導入前より少なくなりました。タイピングもしやすくなりましたね。

スタンドを付けるだけで体への負担が減るし、タイピング速度の向上にもつながるので、作業がとても快適になるんですよね。

 

 

Macbook Pro用アンチグレア保護フィルム

 

MacBook Proの画面って光沢だから、めちゃくちゃ映り込むんですよね。

真っ暗な画面になるたびに自分の顔を見るのは何となく嫌だったりします。となれば、映り込みがほぼ無い「アンチグレア」の保護フィルムがおすすめなわけです。

1000円ちょっとだし、貼るだけで指紋もつかなくなるし、傷もつかなくなります。

 

光沢フィルムに比べると、Retinaディスプレイの鮮やかな発色が損なわれますが、そこはしょうがないポイントです。

綺麗で光沢感が強いディスプレイよりも、映り込みが少ないマットなディスプレイのほうが好きなのは僕だけでしょうか。

 

MacBook Proは買取金額が高い

MacBookは高級ブランドみたいなもんだから、年数がたったモデルでも値段が落ちにくいのが特徴です。

2009年に発売されたMacBook Proでも2-3万程度で売れることもあるから、使わなくなったら売るのが賢い選択だったりします。

買取金額を落とさないためにも、保護フィルムは貼っておいたほうがいいと思っているわけですよ。

 


 

【必須じゃない】買うと快適になれるアクセサリ

窒化ガリウム搭載・急速充電器

正直、MacBook Proについている充電器は「でかい・重い」っていうイメージしかなくて、少々使いづらかったりします。

MacBook Pro自体もまあまあ重いPCなので、両方持つのは「なんだかなぁ」って感じだったりします。

実は、もっと小さくて・もっと充電速度が速い充電器があるので、そちらを使った方が幸せになれます。

 

 

それがこれです。RAVPowerの充電器。窒化ガリウム(GaN)という素材を使っているんです。

窒化ガリウムは、電力の変換効率がシリコン(今の充電器の主流)と比べて圧倒的に高いのが特徴だったりします。

本体サイズもコンパクト(約150g)にできるので、「軽くて超早い充電器」ができるわけです。

 

充電速度は61W。付属の充電器より早く充電できるので、MacBook Proを多用する人は買っておいて損はない充電器だったりします。

ちなみに、USB-PDだけしかないモデルもあり、そっちだともう少し小さくなります。

充電速度も18Wのものも選べるので、用途に合わせて選んでほしいですね。僕はUSB-Aがついているタイプのほうが便利だと思ったので、そちらを選択しました。

 

 

MacBook Proの利点は「どこへでも高性能マシンが持ち運べる」という点ですけど、家でじっくり作業する際は、ノートPCのディスプレイだと小さいと感じる場面も出てくると思っているわけです。

複数のタスクを同時に立ち上げたり、もっと操作領域を拡大する際はちょっと不便だったりします。目線もずっと下なので方も凝るでしょう。

 

なら、ディスプレイを買えばいいだけの話です。

Dell 4Kモニターだと、MacBook ProとUSB Type-Cで直接つなげるため「MacBook Proを給電しながら画面をディスプレイに移す」といった使用ができちゃうんですよ。

4Kだと作業領域も広がるし、何より動画視聴も快適になります。動画編集をする人なんかは4Kディスプレイのほうが作業効率は増すので、ぜひ導入したいアイテムではありますね。

動画の素材が多く表示できるし、タイムラインも長く表示できたりしますから。

 

4Kモニターだと高価すぎるし、もっと安く済ませたいって人なら1万程度のディスプレイでOKです。

IPS液晶だって十分すぎるくらい綺麗だし、なにも困らないです。モニターアームをつければ高さ変更だって余裕なので、安く抑えつつ作業効率を上げたい人は、以下のモニターがオススメだったりします。


 

トラックボールマウス

 

すみません、完全に僕の趣味ですこれ笑 個人的にはマウスを使うならこのタイプ以外は使わないです。というか、調教されすぎてこれ以外は合わないんですよね。

それくらい、慣れると元のマウスには戻れなくなるくらい魅力的なマウスだったりします

 

[st-card myclass=”” id=79 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

 

トラックボールマウスの利点はなんといってもこれです。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]
  • カーソル操作は手を動かさない。指でボールを転がすだけ。
  • 手を動かさない→疲労軽減。腱鞘炎対策になる
  • 手を動かさない→マウスのためのスペース不要。散らかっていてもOK
[/st-mybox]

マウスを動かさなくていいため、明らかに手の疲れが減りました。「長時間の作業もどんとこい!」って感じですね。

マウス疲れから解放されたいならこれ一択ですよ。値段も高くないので手も出しやすいですし。

 

 

ブラックアウトステッカー

 

MacBook Proのキーボードに貼るステッカー。貼るだけで無刻印になるのが特徴です。

だから何だよって話ですけど、ミニマルデザインが好きな人にはたまらないアイテムだったりします。僕も一目見て「かっけーなこれ!」って思って買ったんですけど、意外と悪くなかったりします。

買った当初はそこまでキー配列を覚えていなかったので、上のタイプのものを買いました。アルファベットっぽい形になっているんですよね。

 

若干ダサい感はありますけど、無刻印のデザインが意外に気に入ったからあんまり気にしていないです。

他のMacbookと差別化したいなら、おすすめのアイテムだったりします。


 

おすすめアクセサリの優先順位

必要性 価格帯
USB Type-Cハブ [star5] 2000~8000円
保護フィルム [star45] 1000~3000円
スタンド [star4] 2000円前後
GaN充電器 [star4] 4000円前後
ディスプレイ [star3] 1.2~10万
トラックボールマウス [star3] 5000円前後
ブラックアウトステッカー [star2] 1500円前後

とりあえず、USBハブをポチってからすべてが始まるって感じです。

それくらい必須。というかこれないと有線マウス・USBメモリすら使えないので、買わないって選択肢はないですよね。

 

アクセサリを駆使して作業効率を上げる

基本的に、いま紹介してきたものは作業効率を上げてくれるものばかりです。(例外もあるけど)

たぶん、一番恩恵を受けれるのはディスプレイだったりします。作業領域が大きい分たくさんのタスクを表示できるし、視認性も高まるし、体も疲れにくいしで結構利点があるのですよ。

USB Type-C一本でつなげるものを買えば、コードは二本で済むので、あまりごちゃごちゃしなくて済みます。

いいアクセサリを買うということは、自分の作業効率を上げることにつながるし、結果的に売り上げなどにもつながります。自分への自己投資は惜しまないようにするが結構大事だったりするわけです。

 

[st-card myclass=”” id=”6138″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””] [st-card myclass=”” id=”2621″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]