Free Delivery & 60-Day Returns* - Everyday!

【FreeBuds 3i レビュー】1万円台前半・ノイキャン強めのTWSイヤホン。

6/12日にHuaweiから発売された新型イヤホン「Huawei FreeBuds 3i」を購入しました。

FreeBuds 3iは、以前に発売されたFreeBuds3の性能を少し落とし、ノイズキャンセリング能力に特化したイヤホン。

今回はFreeBuds 3iの「実際に使ったリアルな感想」や「機能の紹介」などを中心にレビュしていきます。

結論から言うと、重低音マシマシ・ノイキャンほどほど・コスパは悪くないって感じ。詳しく見ていきましょう!

 

Huawei FreeBuds 3iはこんなイヤホン

  • AirPods Proに一歩及ばないレベルのノイズキャンセリング性能
  • 価格は14800円。
  • 迫力のある重低音サウンド
  • ワイヤレス充電非対応
  • iPhoneで使うのは微妙
  • バッテリー持ちがうんこ。

サクッとまとめるとこんな感じです。

Android用の左右分離型イヤホンとしては、かなり値段と性能のバランスがいいですね。これは売れるに決まってるって印象。

 

ちなみに、Amazonだと発売されて10時間後くらいにはもう完売していました。(※現在は在庫たくさんある)

今だと値段も下がりつつ、在庫も復活しているので心配いりませんね。

 

Huawei FreeBuds 3iのスペック

サイズ 約41.8 (横) x 約23.7 (縦) x 約19.8 mm (奥行) (イヤホン単体)
約80.7 (横) x 約35.4 (縦) x 約29.2 mm (奥行)(ケース)
セラミックホワイト カーボンブラック
充電時間 イヤホン単体:1時間
充電ケース:100分
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング
通話ノイズキャンセリング
重さ 5.5g(イヤホン単体)、51g(ケース)
再生時間 一回のフル充電で最大3.5時間、付属ケースと合わせて14.5時間
※ノイズキャンセリングOFF
耳から外すと自動停止
ケースから外すとペアリング 〇(EMUI10以上)
タイプ カナル型
充電 Type-C、ワイヤレス充電非対応

 

注目したいのが、ワイヤレス充電非対応という点です。

FreeBuds 3がワイヤレス充電に対応していたのですが、それより3000円ほど安いFreeBuds 3iは対応していないんですよ

ぼくはワイヤレス充電を全く使用しないのでどうでもいい点ではありますが、多用する方からすると不便ですね。

 

Huawei FreeBuds 3iの外観

充電ケースは非常にシンプル。正面にHuaweiの文字が刻まれています。

ケースの大きさを表すにあたって、非常に近いものを思いつきました。まさに「カロリーメイト」。

カロリーメイトを一回り大きくしたといえば伝わりますかね?

蓋を開けるとこんな感じ。超汚れが目立つような印象ですね。

FreeBuds 3iのケースのマグネットの力は強く、少し近づけると強い力で引っ張られます。

パチン!って音がとても気持ちいい。

充電方式はType-C。もしMicroUSBだったら秒で売ってました。

まあ1万越えのイヤホンでMicroUSBってもう少ないでしょう。

真ん中の黒い点はマイクロフォン。この黒い点があと2つある感じです。

この3つのマイクロフォンが外部のノイズを軽減したり、外耳道から伝わる声を拾って通話品質を上げてくれるそうです。

裏側はタッチセンサーが搭載されている。ここをタッチすることで操作ができるのですが、まあできることは少ない。

ここは後で書くことにします。あ、真ん中の黒い点が2つ目のマイクロフォン。

これが3つ目のマイクロフォン。

つけるとこんな感じ。大きいので結構目立ちますね。

サイズ的にはAirPodsと同じような感じと思っていただけたら!

 

Huawei FreeBuds 3iの操作・ペアリング

タッチ操作はこれだけ。

右・右
2回押し 再生・停止
長押し ノイズキャンセリング切替

 

操作に関しては簡単なことしかできないです。音量の操作もできない。

ほとんどの操作をスマホ側でする必要がありますが、僕はそれが普通なので特に気にしてません。

まあ、せめて音量調整くらいは欲しかったと思っていますね。

 

Huawei AI Lifeから細かい操作が可能 ※iPhoneだと無理です

Android向けのアプリとして、「Huawei AI Life」が配信されています。

 

HUAWEI AI Life

HUAWEI AI Life

Huawei Internet Service無料posted withアプリーチ

このアプリから、タップ操作の割り当てや、バッテリー状況を確認することができる。

ちなみに、iPhoneには配信されていないので、iPhoneでFreeBudsを使う際は標準のタップ操作のみとなっています。

なので、FreeBuds 3iを使う際は、Androidで使った方がいいかもですね。

 

ポップアップペアリングや装着検知はHuaweiスマホのみ

蓋を開けると自動でペアリングされる機能や、耳からイヤホンを外すと自動で停止される機能がFreeBuds 3iには搭載されています。

Jiyoung

自動停止は、おせっかい機能にも思えますが、会計時にイヤホンを外さないと!って場面だと役立ちます

この機能を使うには、EMUI10以降のスマホが必要です。つまりHuaweiのスマホ以外だと使えない!

ただ、この機能が必要かといわれれば、ぶっちゃけいらないです( ´∀` )

  • iPhoneでも、ケースから本体を出せば自動ペアリングされる
  • 会計時以外はまじでおせっかい。勝手に停止しないでよ。

って思ってしまうんで、正直iPhoneでFreeBuds 3i使うのは全然ありだとは思います。

 

Huawei FreeBuds 3iの音質・ノイズキャンセリング

 

簡単にいうと、ドンシャリ・低音バリバリに鳴らしてくれるイヤホです。

ノイキャン時だと解像度はそこまで高くはないですけど、迫力のある音がビシビシ伝わってくるんですよね。

  • Rock系
  • EDM
  • Jazz
  • ベース・ドラム音が特徴な曲

上記のようなジャンルだと最適ですね。ボーカルより楽器の音が前面に出てきます。

テンションをあげたいときに、ノリノリ系の音楽を聴きたいっていう場面では大いに役立つかなと。

1万円ちょっとのTWSイヤホンとしては、もう十分すぎ。ドンシャリ系好きならFreeBuds 3iめっちゃいいですよ。

Jiyoung

ノイズキャンセリングをオフにすると多少解像度が改善。

リスニング用途で使う際は、ノイキャンオフにして使うといいかも。

 

マイク音質もスマホメーカーだけあって、クリアでボディーが感じられるほど優秀。

屋外でも風切り音は気になりにくく、通話としても問題なく使えるといった印象です。

スマホメーカーのHuaweiが作っているだけあって、ちゃんと考えられているんだなぁって思います。

 

FreeBuds 3iのノイズキャンセリング能力は強め

HUAWEI FreeBuds 3iには、『フィードフォワード・マイク』『フィードバック・マイクという、2つのノイズキャンセリングに使われるマイクロホンが搭載されています。

この二つのシステムで強力なノイズキャンセリングを行うという感じ。

実際使ってみると、至近距離でスピーカーから大きい音を出しても半分くらいの音まで軽減してくますね。

電車の中で音楽をかけながら使うと、周りの話声が6割型軽減されるといったところ。

Jiyoung

「おおすげぇ!全然聞こえねぇ!!」っていう風にはならないので、過度な期待は厳禁。

人の話し声はそこそこ聞こえるけど、1万円台のイヤホンにしては十分でしょう。

FreeBuds 3iなら、安価にノイキャンを体験できるので、ノイキャン目的で買ってもOKです。

 

ちなみに。。FreeBuds 3iとAirPodsProを比較!

一応、手持ちのAirPodsProと比べてみることにします。

価格差は1.5万円。果たしてどっちが勝つか。

外観はこんな感じ。AirPodsProのほうが小っちゃくてコンパクト。

ちなみに、ケースはパチモン。イヤホン本体は本物。どういうことかは以下の記事で説明しているのでよかったらどうぞ。

 

音質はFreeBuds 3iのほうが好み。

音質の面でいうと、AirPodsProよりFreeBuds 3iのほうが聴いていて楽しい音を鳴らしてくれます。

  • AirPods Pro→フラットで味付けナシ。解像度も良好。
  • FreeBuds 3i→低音マシマシ。解像度も良好。

 

なので、音の傾向としてはFreeBuds 3iのほうが好みですね。

ただ、フラットなほうが聴いていて疲れないとか、そういう方にとってはAirPods Proのほうがいいかも。

 

FreeBuds 3iにイコライザを合わせると、もっと重低音や響きが強化されるのでAirPodsProを完全に超えます。

AirPodsProにイコライザを追加しても重低音はそこまでよくならない。ただ、聴いていて疲れ無い音ではありますが。

 

ノイズキャンセリングは勝負にならない。当たり前

 

勝負にならないのは承知済みでしたけど、一応試してみた。結果はAirPodsProの圧勝。

AirPodsProは細かい雑音をすべて消してくれるし、車の騒音ですら8割以上消してくれる。

FreeBuds 3iはその6割程度の力って感じですね。勝負させてごめんなさい。

 

装着感はAirPodsProが勝利。差は意外と少なかった

どちらもカナル型ですが、圧迫感や装着感は、AirPodsProのほうが若干優れてますね。

AirPods Proのほうが特殊な形状をしていて、耳の形にうまい具合にフィットしてくれるんですよね。

ただ、FreeBuds 3iのフィット感も悪くないです。どちらかといえばAirPods Proって感じです。

FreeBuds 3i AirPods Pro比較総評

  • 音質:FreeBuds 3i > AirPodsPro
  • ノイズキャンセリング:FreeBuds 3i < AirPodsPro
  • 装着感:FreeBuds 3i < AirPodsPro
  • 値段:FreeBuds 3i > AirPodsPro
  • 使用時間:FreeBuds 3i < AirPodsPro

価格差を考えると、FreeBuds 3iも全然悪くないです。

使用時間はAirPods Proのほうが優勢ですが、他は好みの部分が大きいです。

強いノイキャンなんていらない!って人はFreeBuds 3iのほうがいいかもしれませんね。

 

Huawei FreeBuds 3iの悪いところ

FreeBuds 3iはQiに非対応

右はAirPodsProなんですけど、ワイヤレス充電に対応しているから青く光っています。

驚くことに、FreeBuds 3iはワイヤレス充電に対応していません。10,000円越えの高級ワイヤレスイヤホンなのに。

 

FreeBuds 3iの使用時間は3.5時間

イヤホン単体だと3.5時間しか持たないです。ケースと併用しても14時間。

AirPodsProなら24時間使えるから、かなり差がありますね。

他社が6時間、7時間とバッテリーライフを伸ばしてきているから、余計にバッテリー持ちが悪く感じてしまう。

 

Huawei FreeBuds 3iは手が届きやすいノイキャン入門機

ここまでFreeBuds 3iのレビューをしてきました。

欠点も目立ちますが、やはり、「1.2万円で買える、ノイキャンがそこそこ強くて味のあるサウンドを鳴らしてくれるコスパのいいイヤホン」って感じ。

Jiyoung

ノイズキャンセリング付きのイヤホンで1万円くらいだったらいいな~

って人にはかなりオススメ。ノイキャン入門機としては最適なイヤホンでしょう。

下手な5000~10000円くらいのイヤホン買うくらいだったらFreeBuds 3i買った方が幸せになれます。

興味あったらチェックしてみてください!

 

ちなみに、あと2000円上乗せすると上位モデルのHuawei FreeBuds3」が買えます。

ノイキャンは弱めですが、高音質・取り扱い良好・ワイヤレス充電OKなイヤホンです。

こちらはFreeBuds 3iより装着時の圧迫感がないので、作業用とかに適しています。