SIM スマホ

【簡単】大手キャリアから格安SIMに乗り換える流れを解説

Jiyoung
「今iPhoneを使っているんだけど、格安SIMに乗り換えたい!でも、どうすればいいのかわからん!」

今回はこんな疑問を解決していく。

格安SIMに乗り換えるうえで一番めんどうくさいというか、障害なのが乗り換え手続きだよね。はっきりいってめんどい。

なるべくわかりやすいように解説してみようと思うから、格安SIMに乗り換えてみようかなと考えている人は参考にしてほしい。

ユーザーの数が多いiPhoneを対象に書いているけど、androidの場合でもほとんど変わらない。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

iPhoneユーザーが格安SIMに乗り換える前に確認すること

今あるスマホを使うかor新しく買い替えるか

現在使っているスマホをそのまま使うか、新しく買い替えるかで話が多少変わってくる。

今回は両方の流れを書いていく予定だから、自分に合った手順を踏んでほしい。

 

iCloudでのバックアップ

 

多分、大体の人はバックアップ設定がオンになっていると思うから、大丈夫だと思うけどバックアップはきちんととっておこう。

バックアップ方法は以下のページで解説してあるから、一応確認しておいたほうがいいかも。すぐ終わる。

 

[iPhone/iPad]iCloudでデータをバックアップする方法

 

SIMロックを解除してあるか

 

SIMロックは基本的に解除しておいたほうがいい。

手順や、なぜした方がいいかは以下の記事で解説しています。

 

SIMロック解除はすぐにできるので、やっておくとお得ですよという話

続きを見る

 

更新日はいつか

大体の人は大手キャリアで二年契約していると思うんだけど、更新日以外で解約すると解約金が取られてしまう。

解約金なんて取られるのは馬鹿らしいから、急な事情がなかったりする以外は契約更新日に解約しよう。

 

MNP予約番号の取得

格安SIMに乗り換えた後も、今まで使っていた携帯番号をそのまま使いたい場合はMNPを使う必要ある。

これを使うことで、乗り換え後も同じ番号を使用することができるから、他人に番号を伝える必要がなくなる。

MNPを使うには、「MNP予約番号」を発行してもらう必要がある。それも簡単にできるから、各キャリアのページで確認してほしい。

 

 

手数料が発生

MNPでの乗り換えには、手数料がかかる。

他社と携帯乗り換えが成立して、現キャリアが解約になった時点で「MNP転出料」が発生するんだけど、それはキャリアごとに違う。

 

手数料

  • ドコモ → 2,000円(税抜)
  • au、ソフトバンク → 3,000円(税抜)

 

有効期限がある

MNP予約番号は有効期限があり、その期間内に乗り換えを済ませる必要がある。

だいたい15日前後だから、わりと猶予はある。期間を過ぎても再発行してもらえるから大丈夫。

 

キャリアメールは使用不可になる

 

大手キャリアで契約している場合、格安SIMに乗り換えると「〇〇@docomo.ne.jp」のようなキャリアメールはしようできなくなる。

キャリアメールなんて使う意味はほぼないから、Gmailなどのフリーメールに移行しよう。

 

新たにスマホを購入して契約する場合の流れ

1.スマホの機種を決める→購入

まずはスマホをどこで買うか、どの機種を買うか決める。

どこで買うかは人それぞれだが、例えば、「OCNモバイル」だと、スマホとSIMカードがセットになったプランがあり、安く端末を買うことができる。

 

 

あとは、「メルカリ」などのフリマアプリなどで安く端末を買うのも一つの手だ。

 

安く手に入るスマホ購入サイト

 

2.申し込み

購入するiPhoneが決まったら、乗り換え予定の格安SIMサービス上で申し込みしよう。

用意するものは「本人確認書類」と「メールアドレス」だ。

 

手順

端末を選択 → プランを選択 → お客様情報の入力 → MNP予約番号と利用期限の入力
→ 本人確認書類データの提出 → 申し込み完了

※あくまで一例。それぞれのサイトの流れに沿って情報を入力してほしい。

 

画面上の流れに従えばいいから特に難しいことはない。本人確認書類やMNP予約番号を準備しておこう。

 

3.スマホとSIMカードが手元に届く→設定

手元にスマホとSIMカードが届いたら各種設定を行おう。

この手順では新しいスマホを購入した場合の解説だから、セットアップが必要。

 

注意ポイント

WiFi環境のある場所で行おう。無料WiFiスポットでもOK

 

MNP切り替え手続き

MNPを利用する場合は乗り換え先の格安SIMサービスで「MNP切り替え手続き」を行う。

3つほど例を挙げてるが、以下のような感じで専用のページがあるからそこから手続きをしてほしい。

もし、MNPを利用していないなら読み飛ばしてほしい。

 

MNPの切り替え手続き(例)

 

データ移行

今のiPhoneは簡単に引継ぎが可能。iOS11以降の端末であれば「クイックスタート

を利用できるから、マジですぐ終わる。

 

機種変更時にiPhoneをかざすだけでデータ移行!『クイックスタート』の手順と注意点

 

APN設定

SIMカードをスマホに入れたら、APN設定を行う必要がある。これをしないとネットに接続できない。

新規契約と同時に購入したスマホだと、この設定があらかじめされている場合があるから、この手順がいらない場合もある。

届いたSIMカードのパッケージにQRコードがあるから、それを読み取って構成ファイルをダウンロードすれば簡単にできる。

 

【iPhoneでAPN設定する方法】ポイントはAPN構成プロファイルのインストール

 

これはQTモバイルでの例だ。各格安SIMサービスによって異なるから、「〇〇※格安SIMサービス APN」で検索してほしい。

 

終わり。

APN設定ができていればちゃんとネットに繋がっていると思う。

ブラウザなどを起動してちゃんと表示されているか確認しよう。あとは電話がつながるか。

 

格安SIMサービスを使えば通信料金をお得にできる

もはや大手キャリアで契約する意味が薄くなっている気がする。

格安SIMなら組み合わせによっては大幅に月の料金を下げれるし、もっと大容量かつ低い料金で使うこともできる。

「大手キャリア以外で契約するのは不安…」とか、そういった考えを排除して賢くスマホを運用しよう。

 

【保存版】格安SIMと大手キャリアのメリット・デメリットって何?

続きを見る

【脱キャリア】速い!安い!安心!格安SIMランキングBEST5!

続きを見る

-SIM, スマホ
-, , ,

© 2020 秘密結社雀の涙