PC

メルカリを使った10万以下・自作ゲーミングPCの作り方【高コスパ】

トラック ボール マウスの利点はコレ。全ての人に使ってほしい究極のマウスです

続きを見る

 

少し前に、「吉田製作所」っていうYoutuberが給付金10万円で作るゲーミングPC!っていうのをやっていたから自分も構成を考えてみた。

ただ、普通にAmazonでパーツを選ぶのはつまらない。

メルカリやラクマなどをフル活用して、できるだけ安くゲーミングPCを作ることは可能だ。

今回はそのやり方?を紹介したい。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

ゲーミングPCの相場は自由

 

ゲーミングPCの相場は幅がありすぎるから一概に言えない。

そもそもゲーミングPCの正確な定義もないので、ゲームができればゲーミングPCということになる。

ただ、フルHDで快適にゲームがしたいなら最低でも6万以上は出したいところ。MODを入れるならもうちょいほしい。

4Kで快適に遊びたいとなると軽く20万は超えてしまう。上を目指せばきりがないので、結局は自分が何のゲームをプレイしたいかと、予算次第になる。

 

格安ゲーミングPCを作るにおいて選ぶパーツの目安

まず、格安ゲーミングPCを作る上で大切なパーツ選びを解説する。

たぶん、10万以下で組むならほぼ似たような構造になるのは確か。

逆に、このパーツを抑えておけば10万以内で作成可能ってこと。もし今後格安ゲーミングPCを作る場合、参考にしてほしい。

 

CPUはIntel・Ryzenどちらでもいい

 

CPUの選択肢はいろいろありすぎるんだけど、大体IntelのCore i シリーズかAMDの Ryzen シリーズに分かれる。

Core i シリーズはCore i3・5・7・9とかに分かれているんだけど、大体数字が大きいものが新しい製品だから、それを目安に選んでいく。

Ryzen シリーズはRyzen3・5・7・9に分かれている。一番新しいのが第3世代だからそれを選んでおけばいいだろう。

 

Intel:Core i3 9100FかCore i5 9600Kがコスパ良い

値段を抑えたゲーミングPCを作るなら大体このCPUが選ばれる。

ただ、末尾にFがついているものは、別途グラフィックボードを買う必要がある。ゲーミングPCを作るにおいては全くどうでもいいポイントではあるが。

Intelのほうが動画編集やゲームには向いているといわれている。Intelのほうが安定するからだ。

ある程度性能の高いCPUとグラフィックボードを選んでおけば大体のゲームは動く。

 



 

AMD:Ryzen5 3500かRyzen5 3600

さっき紹介したCore i5 9600Kとかと同じような価格帯なので、格安ゲーミングPCにはよく採用されるのがRyzen5 3500・3600だ。

Core i5 9600KとRyzen5 3600を比べると、3600のほうが性能は高い。価格差もほぼないので、個人的にはRyzen5 3600をおすすめしたい

ちなみに、今回使ったCPUはRyzen5 3600だ。




 

グラフィックボードはGTX1660以上が望ましい

 

グラフィックボードはケチらない方がいい。最低でも選ぶならGTX1660以上は欲しいところ。

妥協してGTX1050Tiって選択肢もあるけど、MODを入れてプレイするとカクついてしまうから、フルHDで最大限プレイするには非力な印象。

これは実際に前までGTX1050Tiを使っていたのでよくわかる。もう一万円くらい出すだけで明らかに快適になる。

ただ、グラフィックボードも上を見たらキリがない。常人にはフルHDで満足だと思うから、グラフィックボードはRTX2060くらいで納めたいところ。

 

電源は高いものじゃなくてOK。容量が大きければね

 

電源にそこまでお金をかける必要はなくて、それだったらグラフィックボードに余った予算をフル投入してすこしでもいいものを買った方が幸せになれる。

今回選択した電源は650W 80+Silver認証で7000円くらいだった。静穏だし、全く持って快適に動いているから、電源に金をかける必要はないことがわかった。

ただ、PCの構成を考えて電源は購入しよう。電源の容量が足りていないと爆音で動作したり、負荷がかかるのでまずい。以下のサイトで最適な電源容量を診断できる。

 

電源容量計算機

 

1万以下のものを選んでおけば大丈夫だろう。あ、これは格安ゲーミングPCを作るうえでの話だから、予算に余裕があればもっと高いものを買ってもいいと思うよ。

 

 

フリマサイトでは他作ゲーミングPCが売られている

 

これは今回ラクマで買ったゲーミングPC。割とコスパ良いと思うんだけどどうかしら。

フリマサイトではこんな感じで他作ゲーミングPCが山ほど売られている。コスパ良いものから情弱向けのPCまでそろっているから、ある程度知識がある人にはいいかも。

ただ、情弱PCのほうが圧倒的に多いからマジで気を付けないとぼったくりを買わされる。

中には掘り出し物も存在するので探してみる価値はある。しかも最初から組み立ててあるので届いてすぐ使えるのもポイントだ。

 

パーツ名で検索

フリマアプリでPCを探すときは、「ゲーミングPC」「デスクトップパソコン」みたいな漠然な検索の仕方はNG。

それで検索してしまうと、情弱向けのPCばかり出てきてしまうのでマジで見つけにくくなってしまう。

検索に引っかかるのは「高速SSD搭載」「高性能IntelCPU搭載」みたいな至極当たり前のことを過剰に押し出しているインチキ商品ばっかり。

検索するときは「GTX1660」とか、パーツ名で検索しよう。

 

ドスパラの同じような性能のデスクトップPCと比較してみた

 

他作PCドスパラPC
CPUCore i7 7700TRyzen5 3500
RAM16GB8GB
SSD960GB256GB NVNe
電源400W 80PlusGold400W 静音電源 80PLUS?
グラフィックボードGTX1660 6GBGTX1650 4GB
価格63000円(税・送料込み)71978円(税込み・5%還元込み)

 

明らかに性能はラクマで買ったPCのほうが高い。それでいて値段も8000円くらい安い。

ドスパラPCは、メモリも8GBでゲーミングPCと呼ぶにはちょっと非力だし税込みで7万を軽く超えてしまう。

まあコスパは悪くはないけどちょっと悩ましいよね。

ただ、最初からMinecraftが同梱されているのでちょっとお得感はある。

 

メルカリで買った多作PCを改造していく

まあこのままでも十分なスペックだとは思うんだけど、個人的にはMODを入れるには非力。なのでもう少しスペックアップしていきたい。

スペックアップするにはパーツを買う必要がある。しかしそれだとかえって高くつくので、ちょっとせこい方法を使った。

初めから搭載されていたパーツを売って、そのお金で新しいパーツを買うんだ。そうすると損害は少なく済む。

 

Core i7 7700Tを売ってRyzen5 3600を購入

 

CPUが非力なのでとりあえずコスパのいいRyzen5 3600を購入。マザーボードも一緒に買って、合計34000円で購入できた。

さらに、Core i7 7700Tとマザーボードを売却して25000円。9000円の損失でアップグレードに成功した。

相場を調べずに売ってしまったので秒速で売れてしまった。たぶんもう一万円値上げしてたとしても売れていた可能性は高い。

 

GTX1660を売ってGTX1660Tiを購入

 

GTX1660は2万円ジャストで売れた。GTX1660Tiがメルカリで25000円で売っていたので購入。

5000円の損失でアップグレードできた。

GTX1660から1660Tiにアップグレードしたら、明らかにベンチマークスコアの数値が上がったから確かに効果あったと感じた。

 

電源とケースを購入

Ryzen5 3600、GTX1660Tiに変えた途端、ファンが爆音で回るようになったので多分電源容量不足だと感じ、電源を購入した。

SFX電源はコスパが悪すぎるので、ATX電源に交換した。そうするとMINI ITXでは入らないのでケースも別途購入。

総額13000円で収めた。今まで使っていたケースと電源は面倒くさいから売らなかった。なので損額は13000円だ。

 

合計金額91000円程度でゲーミングPCが完成

 

これが実際に完成したPC。中がスケスケなので、ぴかぴか光るファンを搭載すればもっとシャレオツな雰囲気になるがやめておこう。どうせ見えないし。

メルカリで前使っていたパーツを売ったおかげでアップグレードにかかるお金が安く済んだ。

この記事で何が言いたいのかよくわからなくなってきたが、今までの流れをまとめると「フリマアプリをフル活用すれば10万いないで性能のちょい高いゲーミングPC作れるよ!」ってこと。

 

ポイント

  • Ryzen5 3600
  • GTX1660Ti
  • SSD 960GB
  • 650W 80+Silver
  • OS込み
  • RAM16GB

 

 

ちなみに、同じ商品をAmazonで揃えようとすると107027円もかかってしまう。普通に10万オーバーだし、差額が15000円も出てしまう。

あと、今回作った格安ゲーミングPCだが、9000円くらい上乗せすればグラフィックボードもうワンランク上のものにできるので、10万円フルに使えるなら試してみてもいいかも。

ゲーミングPCは10万あればまともなものが手に入るので、給付金が手に入ったらトライしてみてもいいかも。どうせ家でないんでしょう?

 

【2020年上半期】生活が変わる!秘密結社雀の涙式・買って良かったものランキング

続きを見る

2020/9/21

【1月ブログ運営報告】毎日更新しなくてもPV数が下がらないという謎現象

このブログも、運営開始から1年がたった。   サーバーを契約して、ドメインを取って、最初の記事を投稿したのが1月の終盤で、そこから地味に続いている。   やはり、金が絡むと飽きっぽい僕でも続けられることが分かった。だって今やめたら今までの努力が水の泡だもん。1万稼ぐくらいにはなりたいよ。   ブログ運営に力を入れ始めたのが6月くらいで、それまではSEOとか関係なしに、自分の好きなことばかり書いていた。そりゃPV数なんかあがらないよ。その頃はブログ運営がまったく楽しくなかった。 ...

ReadMore

2020/9/21

iOS14はいつ配信?機能・情報まとめ!ウィジェット、PiP、来る!

6/22に行われたAppleのWWCD。その中でiOS14がついに発表された。 様々な機能が搭載されるとされているけど、やっぱり目玉機能はウィジェットとPiPだと個人的には思っている。 この記事ではiOS14の情報についてまとめてみることにする。     もくじ iOS14ではウィジェット機能が搭載!自分の使うアプリだけホーム画面に設定可能iOS14ではPiP機能が搭載iOS14ではSiriのUIが変更リアルタイム翻訳アプリ TransferiOS14はSafariが若干強化iOS14 ...

ReadMore

メカニカルキーボード

2020/9/21

メカニカルキーボード・茶軸の打ち心地が快感すぎる件。タイピング爆速になりました

「メカニカルキーボード」って知っているだろうか。   メカニカルキーボードとは、キーボードのキーごとに独立したスイッチ機構が備わっているキーボードのことである。 メカニカルキーボードの主な特徴として、剛性や耐久性に優れる(壊れにくい)、押下や入力にしっかりとした手ごたえがあるといった点を挙げることができる。... どちらかと言えば上級者向けのキーボードとして認知されている。By Webio辞書 普通のキーボードとは一味違ったキーボードらしいんだけど、値段も一味違う。 よく家電量販店で売られていた ...

ReadMore

2020/9/21

OPPO Reno3 Aレビュー。全員脳死でこれ買えばいいんじゃない?欠点一つ

OPPO RenoAというスマホはご存じでしょうか。去年の秋に発売された「おサイフケータイ・2眼カメラ・そこそこ性能高い・DSDS」付きで3万円台の高コスパスマホ。 大人気で、楽天販売モデルは即完売しました。そんなRenoAの後継モデルがついに出たんですよね。その名も「OPPO Reno3 A」。 RenoAを以前使っていた僕はすぐ購入しました。今回はReno3 Aのレビューをお届けしていこうかなと。     もくじ OPPO Reno3 Aを買った理由OPPO Reno3 Aはこんな ...

ReadMore

2020/9/21

【Ymobileってどうなの?】速度は爆速。実態は大手キャリア。死角なし

今じゃ格安SIMサービスはかなりの種類がある。 メジャーなところで言ったらワイモバイル、UQモバイル、LINEモバイル、楽天モバイル…etc 挙げていったらきりがないからやめるけど、個人的にはワイモバイルが一番だと思っている。 当サイトのおすすめ格安SIMランキングでも一位に掲載しているワイモバイル。実際使ってみてどうなの?ってのを今回は書いていきたい。 ワイモバイルに乗り換えようか悩んでいる人はぜひ参考にしてほしい。     もくじ Y!mobileの強みはこれ。あと微妙な点も。Y! ...

ReadMore

-PC
-, , ,

© 2020 秘密結社雀の涙