Audio

【COUMI Ear Soul TWS-817A レビュー】3000円イヤホンの革命児

どうも、TWSイヤホン無しだと外を歩けないJiyoungです。

COUMI様より、ワイヤレスイヤホンの提供をしていただきました。「COUMI Ear Soul TWS-817A」というイヤホンです。

最初は、3000円台のイヤホンなんて使いものにならないだろうと思って、否定的な目をしていた僕ですが、180度意見が変わりました。

最近の低価格帯のイヤホンってすごいんですね。今回はCOUMI Ear Soul TWS-817Aをレビューしていきます。

 

Jiyoung
Jiyoungです。Twitterもやってます。

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aの特徴

 

  • 音質は値段以上
  • イヤホン単体で6時間、ケース込みで30時間持つバッテリー
  • Type-C
  • 謎のフィット感
  • タッチセンサー搭載
  • IPX7の防水性能

 

謎のフィット感と書いてありますが、悪い意味ではありません。

 

Jiyoung
それぞれ深堀りしていきます!

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aの内容物

 

本体、充電ケース、Type-Cケーブル、説明書やクーポンの紙、イヤーピースが入っていました。

大体のイヤホンの付属品と同じ内容ですね。

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aの音質は値段以上

 

イヤホンで重要なのは、音質、フィット感だと個人的には思っています。

フィット感は後程書くとして、先に音質から。

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aの音質ですが、値段に釣り合っていない音だと感じました。

低音が結構強調されているので、非常に迫力があります。聴いていてとてもパワフルな音を鳴らしてくれるといった印象です。

ドラムやベースの音がズシズシ伝わってくるので、そういう系統の音楽を聴く際には結構いいイヤホンだったりします。

僕的には、作業時、ランニング用のイヤホンとして使っていましたが、非常に使い勝手が良かったですね。

 

 

ただ、解像度はそこまで高くなく、ボーカルの声などは少し埋もれ気味になってしまいます。ここは値段相応といったところです。

高音もちょっと弱い印象なので、ボーカルの声を重視で聴きたいって人にはあまりオススメできないイヤホンだと感じました。

ドンシャリ系のTWSイヤホンを探している人なら最適です。

 

専用アプリ「Coumi」でイコライザを使用できる

GooglePlayストアで、「Coumi」というアプリをDLすることができます。

そのアプリを入れるとイコライザを自由に調節することができます。

 

ただ、イコライザアプリなんてほかにいくらでもあるので、わざわざ「Coumi」を使わないといけないかといわれれば、そんなことは無いです。

プリセットが6個しかないので、ちょっと少ない印象。

 

COUMI

COUMI

丽敏 谭無料posted withアプリーチ

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aのバッテリーは問題ない

 

本体で6時間持ち、ケース込みで30時間持つので、普段使いでは何の支障もないと思います。

実際、夜に2時間くらいイヤホンを付けて音楽を聴いていましたが、5日くらい充電しなくても全然余裕でした。

 

Type-Cコネクタを搭載

 

Jiyoung
3000円台のイヤホンについている端子はMicro-USBなんだろうなぁ

 

と思ってイヤホンの裏を見てみると、なんとType-Cが搭載されていました。

低価格帯のイヤホンって全部Micro-USBだと思っていましたが、いい意味で裏切られました。

Type-Cにすることで、充電時間も短縮されますし、Type-Cは今の主流ですからケーブルの数が増えなくて済みます。

スマホ用の充電器でイヤホンも充電できるので、非常に便利といった印象でした。

 


 

COUMI Ear Soul TWS-817Aは謎のフィット感

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aは、他のTWSイヤホンと同じような形状をしていますが、サイズがコンパクトなので耳へのおさまりが良いです。

長時間つけていてもあまり痛くならず、特に不満を抱えることなく使用することができます。

僕個人としては、非常にフィット感が良く、ずっとつけていたいと思えるようなイヤホンでした。

ランニング中でも外れなく、アクティビティの際にも使用できます。

 

SOUNDPEATS Truengine 3SEより好き

 

以前レビューしたSOUNDPEATS Truengine 3SEという5699円のTWSイヤホンより、フィット感がいいのには驚きました。

あちらは、ノーマルのままだと最悪なフィット感でしたが、コンプライを付けることでめちゃくちゃフィット感が良くなります。

ただ、圧迫感が尋常じゃないくらい増すので、2時間以上つけていると耳が痛くなったりします。

個人的には、音質はTruengine 3SEの方がいいですが、フィット感がすごく良いので普段使いとしてはCOUMI Ear Soul TWS-817Aに軍配が上がります。

 

【SOUNDPEATS Truengine 3SE レビュー】AirPods Proの2倍音質いいイヤホン

続きを見る

 

遮音性は高め

カナル型&フィット感がいいので、遮音性も総じて高くなります。

車の音や騒音は普通に聞こえてきますが、近くの会話なんかは音楽を流すことによってほぼ聞こえなくなります。

強力なノイズキャンセリング機能はありませんが、本体の形状のおかげで周りの音を結構カットしてくれるんですよね。

作業用のイヤホンとしても最適だったりします。

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aはタッチセンサー搭載

 

機能操作
再生/一時停止左右どちらかをタッチ
曲戻し左をタッチ
曲送り右をタッチ
電話に出る左右をタッチ
電話を切る左右をタッチ
着信を拒否左右を1-2s長押し
音声アシスタント左右を3回タッチ

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aにはタッチセンサーが搭載されています。

操作方法は以上の通りですが、スマホで操作する派の僕からすると全く使わない機能だったり。

結構敏感なので、ちょっと触れると動作してしまうんですよね。

 


 

COUMI Ear Soul TWS-817AはIPX7の防水性能

IPX6あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない。
IPX7一時的に水没しても内部に浸水しない
IPX8継続的に水没しても内部に浸水しない

 

COUMI Ear Soul TWS-817AはIPX7という防水規格に対応しています。

多くの低価格帯のTWSイヤホンには防水性能が搭載されており、IPX5がほとんどです。

COUMI Ear Soul TWS-817Aはそれより2つグレードの高いIPX7なので、浸水までOKという代物です。

激しい雨の中で音楽を聴く(そんなシチュエーションは無いと思うけど)際にはとても重宝するでしょう。

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aには問題点が一つ。

 

値段が安すぎるので、特に批判する箇所も見当たらないのですが、1点だけありました。

充電ケースにイヤホンを収納してケースを閉じると勝手に電源オフになって、接続が解除される。それが普通のTWSイヤホンです。

ただ、COUMI Ear Soul TWS-817Aはケースにしまう際、ハマりが弱いので電源オフにならないことが結構起きます。

気づいたらずっと接続されていた!ってことがあったので、ちゃんと正しく充電ケースにはまっているか?を確認しなければなりません。

 

 

以前使っていたAirPods ProやTruengine 3SEだと、大きめの「カチッ」って感触と音がするので、そういう現象は起きませんでした。

COUMI Ear Soul TWS-817Aだと、多少ズレます。この点はちょっと残念でした。もうすこしケースと本体のフィット感が良ければ最高でした。

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aの良い点・悪い点

良い点

  • バッテリー持続時間は問題ない
  • 装着感は最高
  • 3000円台のイヤホンにしては音の迫力がすごい
  • 小さくて軽い
  • 防水
  • 値段が安すぎ
  • Type-C

 

悪い点

  • ケースにうまくハマらないことがある
  • 外観は価格相応

 

低価格帯のイヤホンにケチを付けるのはお門違いなので、それを踏まえて悪い点を必死に探しましたが、無いといっていいですね。

外観は、光沢感が強すぎて一発で安物と分かってしまいます。ケースにうまくハマらない問題は先ほど話しました。

本当これくらいです。もう低価格帯のイヤホンを選ぶなら、これでいいんじゃないの?って感じの出来栄えだと感じました。

 

COUMI Ear Soul TWS-817Aの価格は2799円(クーポン適用)

 

COUMI Ear Soul TWS-817AはAmazonで販売されており、30%OFFクーポンを適用することで2799円で買うことができます。

クーポンコードをいただいたので、DVHYKXJWと入力すると30%OFFになります。(8/31まで)

もう3000円切っているとかよくわかりませんね。予算が3000円の人のいい選択肢になるかなと思います。

非常にコスパに優れたイヤホンなので、興味あったらチェックしてみてください。


 

IIJmioのeSIMが1円で使えるらしいので、料金・速度・利点をまとめる

続きを見る

【全米No.1コメディ】ビッグバン・セオリーが面白い4つの理由【無料動画視聴アリ】

続きを見る

2020/9/21

【断言します】Fuji WiFiこそ、最強の格安SIMです【評判・料金】

今はいろんな格安SIMサービスが存在して、ユーザーは多くの選択肢の中から自由にサービスを受けられる。 Fuji Wifiもそのサービスの中の一つなんだけど、月額2980円で200GB使えるサービスって中々無い。 ただ、多くの人が「Fuji Wifiってどうなの?」「Fuji Wifiって他と比べてどれだけ安いの?」「Fuji Wifiの速度は?」って疑問を持つと思う。 今回はFuji Wifiの評判や口コミを紹介して、Fuji Wifiを検討している人や、今の通信料を安く抑えたい人の助けになればいいと思う ...

ReadMore

2020/9/21

【Mi band 5】中国版の価格・機能まとめ。究極のスマートバンド降臨。

ついに激安ウェアラブル端末の申し子、MiBand4の後継機であるMiBand5の情報が発表されました。 MiBand4といえば3000円くらいで買える、高機能のスマートバンドですよ。フィットネス機能、カラー有機EL、Alipay決済機能、音楽コントロール機能などがついていて激安という、高クオリティ製品。 そんなMiBand4の後継機はいったいどういう製品なのか?Xiaomiから発表された情報をまとめていきたいと思います!     もくじ 追記:実機レビュー済みMiBand5のスペックM ...

ReadMore

2020/9/21

【秘密結社雀の涙式】とある大学生兼ブロガーの作業環境を晒してみましょう。

たまにはSEO抜きにした、人間味のある記事でも書こうかなと思っちゃいました。(※ネタ切れです) 結構、人の作業環境や、部屋紹介、ルーティン動画や記事を見るのが個人的には好きなので、晒してみるのもいいかもと思ってこの記事を書くことにした。 最近だと、物がかなり増えてきたので、それなりに見せても面白い部屋になっていると勝手に解釈している。 と言うことで、大学生の傍らブログ執筆をしている僕の作業環境を勝手に晒していこうかなと。もちろんNoIndex。   もくじ いつもの作業環境はこんな感じデスクは不 ...

ReadMore

2020/9/21

iOS14はいつ配信?機能・情報まとめ!ウィジェット、PiP、来る!

6/22に行われたAppleのWWCD。その中でiOS14がついに発表された。 様々な機能が搭載されるとされているけど、やっぱり目玉機能はウィジェットとPiPだと個人的には思っている。 この記事ではiOS14の情報についてまとめてみることにする。     もくじ iOS14ではウィジェット機能が搭載!自分の使うアプリだけホーム画面に設定可能iOS14ではPiP機能が搭載iOS14ではSiriのUIが変更リアルタイム翻訳アプリ TransferiOS14はSafariが若干強化iOS14 ...

ReadMore

2020/9/21

【WH-1000XM3 レビュー・評価】2.7万円で最高の無音体験

3月の中旬に海外旅行へ行く予定なんだけど、初めての海外旅行だから正直ワクワクと心配って気持ちがある。 飛行機の中はうるさいって意見をよく見かけるから、「ノイズキャンセリングのヘッドホンが欲しいなぁ」って思って、いろいろ探していた。 SONYのWH-1000XM3が最強っていう噂を聞いて調べてみたんだけど、3.3万円もするんだよね。高すぎ。 でも、Amazonで中古・ほぼ新品みたいな状態で2.7万円で購入することができたから、今回はWH-1000XM3をレビューしていきたいと思う。   &nbsp ...

ReadMore

-Audio
-, , ,

© 2020 秘密結社雀の涙