キャッシュレスデビューに最適な小さい財布を紹介する【2300円で生活改善】

 

今までは分厚い、カードが目ちゃんこ入る財布を使っていたのだが、小銭の管理やらお札の管理やらが面倒に感じてきたのでキャッシュレスを始めようかなと考えていた。

 

Amazonで何かいい財布はないかなぁ。。と探していたところ、面白い商品を見つけた。値段は驚くことに2300円。失敗してもいいかなって気分でポチったのだが、意外とよかったのだ。

 

 

今回はこいつのレビューをしつつ、キャッシュレス化した今の現状に不満はあるのかを書いていく。これからキャッシュレス化したい人への参考になればうれしい。

 

買ったのはZepirion(ゼピリオン)のカードケース財布

 

Zepirionというメーカーは全く聞いたことのないメーカーだが、作りはしっかりしている印象だった。

 

外観は意外と悪くない。PUレザーが使われているのでそこまで安っぽいという印象はないかな。

 

しかし、高いものを持っている風には全く見えないので、見せびらかすのはやめておいたほうがいい。

 

 

開くとこんな感じ。アルミ製のカードケースがついていて、そのほかはポケットだけというシンプルな財布だ。

 

中のポケットには一応小銭が少し入るらしいが、小銭を入れると財布の厚みが増すし、何よりキャッシュレス化した意味が薄くなる。

 

 

外側にはポケットがあり、ここにSuicaを入れるようにしている。内側のポケットに入れてみたのだが、うまく認識してくれなかったのでここがベストの位置かな。

 

こいつのギミックは80点。もう少し段差が欲しい。

 

こんな感じで、レバーを押すとカードが飛び出す仕組みだ。

 

このギミックが地味に楽しく、暇なときはついつい無意識でレバーを押してしまう。ちょっと力を入れないと作動しないので、そこは微妙だけど・・

 

しかし、レバーを押してカードが飛び出すのはいいのだが、段差があまりないので、2~4枚目のカードがかなり取りづらい。

 

1枚目と5枚目のカードはスッと取れるのだが、そのほかが絶妙に取りずらいから、カードをずらす必要がある。まあ、許容範囲内のことだが。

 

 

めっちゃ小さい。カードケース財布はスマホ以下のサイズ。

 

誰でも持っているiPhoneと比べるとこんな感じ。

 

画像のiPhoneはXsなのだが、それと比べても小ささがわかるだろう。厚みはさすがにiPhoneのほうが薄いが、横幅、縦の長さに関しては財布のほうが小さい。

 

 

今まで使っていたブリティッシュグリーンの革財布と比べるとこんな感じ。

 

 

厚みを見てみると、倍近く違うのだ。この差はポケットに入れた時にかなり影響する。当然、薄いほうが重さを感じないので持ち運びにも便利である。

 

Zepirion(ゼピリオン)のカードケース財布の欠点

カードは6枚まで。

これは人によって入れるカードの枚数は異なると思うが、僕にとっては足りない。

 

クレカ+免許証+学生証+デビットカード+キャッシュカードで満杯で、それ以外のカードは入らない。

 

ポンタカードやヨドバシカードなども入れたいのだが、あいにく入らないので使用を断念した。別途カードケースをリュックに入れて多くのカードを持ち運ぶことになるが、しょうがないのかなと思う。

 

カードが飛び出すギミックは値段相応。

さっき紹介したギミックだが、2300円にしてはよくできていると思う。

 

しかし、もっと高いカードケース財布だと、レバーを戻したときに連動してカードも戻ったり、もっと段差ができてカードが取りやすくなったりと、もっと便利になるのだ。

 

2300円のカードケース財布なんだから文句は言えないが、ここらへんは「価格相応なのかなぁ」と思ってしまった。

 

 

キャッシュレス化してみての感想。

会計時に小銭を取り出したり紙幣を出したりしなくていい。

 

はっきり言って、小銭って邪魔だと思う。

 

不衛生だしジャラジャラして取り出すのに時間がかかるしスマートじゃない。それに小銭がたくさんオサイフに入ってると膨らんでしまって、オサイフの形を悪くする原因にもなってしまう。

 

Zepirionのカードケース財布に変えてからは、会計がスムーズになった。

 

レバーを引いて、カードをさっと取り出して会計して、スッと戻すだけ。まさにスマート。

 

 

全部カード決済にすることでどれだけ使ったかがわかる。

僕は楽天カード、JCBのデビットカードをメインで使用しているが、楽天カードアプリで一発でお金を何に使ったのかわかる。

 

デビットカードだったら77銀行のアプリを見れば簡単に何に使ったかわかるのだ。

 

意外とこれが便利で、過去のお金の使い先を知ることで、無駄な出費をどれだけしていたか一目でわかってしまう。ああ、「ジュースに金使いすぎだなぁ・・」なんてのも明らかになったから、改善点が明確になるね。

 

 

飲み会が面倒。

 

友達同士の飲み会の時、周りの友達はみんなお札+小銭で払うわけだから、こういう場合はキャッシュレス化が仇となる。

 

僕は常にカードケース財布に千円を入れているのだが、飲み会を千円で切り抜けるのは厳しい。なのでやむを得ず、銀行で3千円おろしている。

 

本音を言えば、全員からお金を徴収して、僕が一括でカード払いをして、後日銀行入金するのがいいのだが、そうするといろいろ問題が生じる。

 

・ぴったり出せなかった人にお釣りを払えなくなる。

・会計時に発生するポイントを独り占め状態なので、不満を言う人が現れる。

 

こういうことが起きるとトラブルにつながるので、その方法はやめた。。。

 

小銭の対処法は貯金箱へ。

キャッシュレス化をしてみたが、意外と小銭は発生する。

 

ラーメンを食べに行ったり、友達同士で飲み会したりすると必ず小銭が出てしまう。そういうときにどうするか。貯金してしまえばいい。

 

 

こんな感じで、缶や貯金箱に放り込んで、銀行に入金すれば解決する。

 

貯金を趣味にしたい!」って人は、キャッシュレス化してみるのが一番手っ取り早いと思う。

 

 

まとめ。キャッシュレスデビューしたいならZepirionはおすすめ。

Zepirionのカードケース財布は、手ごろすぎる値段と、そこそこいい質感のコスパがかなり高い財布だといえる。

 

こいつに財布を移行することで、面倒な小銭からの解放、お金の出費の管理、全部解決してくれる。

 

カードをメインですることで自分が使った金額が一目でわかるので無駄遣いが減るから、メリットしかない。キャッシュレスデビューするのに2300円は安すぎるだろう。